ALSOKの不適切動画、社員特定か?【顔出し動画】違反と罰則は?




ALSOK(綜合警備保障)兵庫社員が「巡回中にやってはいけないこと」として不適切動画を投稿したことが話題になっています。不適切動画…またですか?って感じですが綜合警備保障のALSOKは謝罪しています。

今年に入って、これで何回目の不適切動画でしょうか…?もはやモラルが欠けてる以前の問題になってきていますね。

今回は、ALSOKの謝罪文、ネット上の反応、不適切動画【顔出し動画】不適切動画を投稿した社員とは?逮捕されたのか?違反と罰則とは?を、まとめてみました。

スポンサーリンク

ALSOK(綜合警備保障)の謝罪文

ALSOK(綜合警備保障)の仕事

ALSOK「アールソック、アルソック♪」でCMでもおなじみの綜合警備保障の会社です。CMには、吉田沙保里さんも出演していましたね!

知っている人も多いかもしれませんが、東京オリンピックのメイン警備を担当されていることになっている、あの綜合警備保障のALSOKです。

2020年の東京オリンピックに向けて任せられるということは信用度も高い会社だからこそ!という感じですが、今回のいち社員の身勝手な行動、不適切動画で謝罪をする羽目になってしましました。

ALSOK不適切動画にネット上の反応は?

不適切動画【顔出し動画】

動画の中では警備中に車の中で、やってはいけないこと?として動画を撮っています。
しかも、詳しく見てみるとALSOKの文字が反転しているということは誰かが撮ったのてはなく自撮りで撮影をしていますね。

動画の中には『(窓から)叫ばない』『曲がるときにに合図を出さない』『クラクションを鳴らさない』と言いながら、行動で示している様子。

…と言うか、警備中云々の前に車を運転している人でこういうことは普通しないですよね。あまりにも馬鹿げた話、子供じみていていったい何がしたいのか理解できないです。

自分のとる行動で会社の顔に泥をぬってしまう…と想像力が働かないものなんでしょうか?やはり、こういった不適切動画を投稿する人の気持ちって理解できないです。

関連記事:バイトテロやバカッターに賠償金額は?親にも責任が問われる?【動画】

ALSOKの不適切動画の社員は?

朝の、とくだねの番組の冒頭で出ていましたが、現在のわかっている情報は…

社員の名前 不明
勤務地 兵庫県
年齢 動画を見る限り推定20代
現在はすでにALSOKを2月中旬に退職をしている

というこです。テレビでの放送では、モザイクをかけて放送されていますが、実際にはTwitter上では投稿された動画がモザイクなしで、拡散されています。

本人は、深く考えず仲間内だけに見せるために動画を撮ったと話しているようです。

スポンサーリンク

逮捕はされた?

不適切動画を投稿した張本人は、すでに退職しているということで現在のところ退職意外に逮捕をされたり訴訟を起こしたなどの話にはなっていないようです。

ただ、このように大々的にニュースとなりネット上での炎上したとなれば、ALSOKの会社に対して何か抗議などがあれば、なにかしらの罪を償わなければいけなくなるのではないでしょうか?

一般的に、名前や住所までは特定されていないようですが、雇い主の会社であれば、退職していたとしても所在している住所などは把握できているでしょう。やはり、会社を辞めれば罪がなくなるって軽率すぎる行動を起こした割には罪が軽すぎるような気もします。

スポンサーリンク

ALSOK社員の不適切動画の中での違反と罰則とは?

今回の、不適切動画の中には複数の違反があります。運転免許証を持っている人には分かると思いますが一つずつ見ていきましょう。

運転中のスマホ

そもそも、運転中にスマホをいじっていること…危ない危険運転です。運転中にスマホや携帯をいじっていたり、運転中に電話をしていると違反とみなされます。当然ですよね!

携帯電話使用等という違反となります。基準は警察の人が決めるのかもしれませんが携帯を持っている場合は減点「1点」で携帯を持っていることで交通の危険を及ぼしている場合は「2点」減点の上、罰金が「5万円以下」と定められています。

運転中に大声を出す

これは、特に道路交通法に当てはまりません。当てはまりませんが迷惑行為であるのは確かです。
歩行者が車の中から運転手が大声を出している姿をみると、ぞっとしますよね!ヤバイ薬でもしているのではないか…と変に勘ぐったり怖いおもいをします。

必要以外のクラクション

まず、クラクションは、どんな時に鳴らすのか?ということが問題になってきそうです。歩行者など、車の存在に気づいていない場合などは、歩行者があぶなかった場合には運転手はどうしても反射的にクラクションを鳴らしてしまいますね。道路交通法で不用意なクラクションについてのルールがきちんとあります。

警音器使用制限違反
クラクションを鳴らすように指定された場所や危険を回避する場合など、それ以外に不用意にクラクションを鳴らした場合

警音器吹鳴義務違反
警音器使用制限違反とは、まったく逆のものでクラクションを鳴らす必要がある場所で、鳴らさなかった場合

クラクションに関して、2つのルールがありますが、どちらも違反をしたときの減点は「1点」となっています。

必要のないウインカー

ウインカーは自分の後ろを走っている車に対し、自分は次にこちらに曲がりますよ!という合図です。運転している人あれば分かると思いますがウインカーがなくて急に車線変更をされると困るし、逆にウインカーを出しているにもかかわらず、いつになってもそのまま走行している。ハッキリ言って非常に迷惑な行為です。

合図不履行
合図をすべき場所で合図をしなかった場合

合図制限違反
合図をすべき場所以外で合図をする場合

今回の不適切動画は、「合図不履行」にあたります。動画の中では曲がる方向と逆にウインカーを出しています。
必要のないウインカーについては減点「1点」になります。

まとめ

今回は、ALSOKの謝罪文、ネット上の反応、不適切動画【顔出し動画】不適切動画を投稿した社員とは?逮捕されたのか?違反と罰則とは?を、まとめてみました。

不適切動画を投稿する人の共通点として、目立ちたいという想いがあるのでしょうか?やはり自分が行動を起こすことによってその先、誰がどういう迷惑をこうむるのか…そういう想像力が全然、足りていないと思われます。

想像力豊かな人、人の気持ちが分かる人であれば、こういった身勝手な行動はできないですよね。非常に残念です。今年も始まったばかりで今までに何件もの不適切動画の投稿。これで最後になってほしいです。

スポンサーリンク