バレンタインジャンボ宝くじ,2019を買うならズバリこの日!




バレンタインジャンボ宝くじの発売が始まりましたね!朝から、「バレンタインジャンボ」や「バレンタインジャンボミニ」のニュースが多いような気がしてなりません…。もしかすると、宝くじが好きな私がアンテナを張っているから自然とニュースに出くわすのかもしれません。

今回は、バレンタインジャンボ宝くじの発売はいつまで?当選金額、バレンタインジャンボ宝くじ購入に適した日はいつがいいのか?を、まとめてみました。

バレンタインジャンボ宝くじのCM

役所広司さんって、宝くじのCMでお馴染みになってきましたよね!この現代離れをした格好でのCMも見慣れてきましたね。途中からメイキング映像になっています。二人の親子役がピッタリって感じで微笑ましくなります。

最近では、宝くじ離れが問題になっています。やはり、景気は良くなっているといいつつも家計は全然、変わっていないんでしょうか?

2019年バレンタインジャンボ宝くじの販売期間

【発売日】2019年1月30日(水)から
【発売期間】2019年1月30日(水)~2月22日(金)まで
【抽選日】3月5日(火)
【販売金額】1枚300円

バレンタインジャンボ宝くじの当選金

【当せん金・本数】
等数 当せん金 本数
1等 2億円 12本
1等前後賞 5千万円 24本
1等組違い賞 10万円 1,188本
2等 500万円 60本
3等 100万円 1,200本
4等 10万円 36,000本
5等 1万円 120,000本
6等 2千円 1,200,000本
7等 300円 12,000,000本
バレンタイン賞 2万円 60,000本

2019年バレンタインジャンボ・ミニの販売期間

【発売日】2019年1月30日(水)から
【発売期間】2019年1月30日(水)~2月22日(金)まで
【抽選日】3月5日(火)
【販売金額】1枚300円

バレンタインジャンボ・ミニの当選金

【当せん金・本数】
等数 当せん金 本数
1等 2千万円 25本
1等前後賞 5百万円 50本
2等 5百万円 50本
3等 100万円 500本
4等 10万円 20,000本
5等 1万円 50,000本
6等 3千円 500,000本
7等 300円 5,000,000本
バレンタインミニ賞 3万円 5,000本

バレンタインジャンボ宝くじ、ジャンボミニを購入するならズバリこの日!

同じ宝くじを購入するのに、なんとなく購入するよるよりは、ゲン担ぎかもしれないけれどいい日を選んで購入したいと思いませんか?昔の人は日がいいから…とよく口にしませんか?

私の生まれ育ったところは田舎なんですが、「日」を大切にしています。結婚式もいい日を選んだり、出産祝いを持っていく時も日をみてお祝いを持っていったり…何も意識しないよりは、やはりちょっとでも確率高く宝くじを購入したいですよね!

大安日、大安吉日(たいあん、たいあんきちじつ)

何事にも吉の日といわれ、お祝い事に好まれる日となっています。

何か物事を始めようとする時も「え~っと、次の大安はいつかな?」ってカレンダーを気にする人も多いんではないでしょうか?

宝くじの購入でも、もちろん「大安」は好まれる日となっています。結構、宝くじ売り場に行くと「大安吉日」っていうのぼりが立っているのを見かけることと思います。

【発売期間中の大安】
2月 4日(月)
2月 9日(土)
2月15日(金)
2月21日(木)

天赦日(てんしゃび てんしゃにち)

百の紙が身が天にのぼり、天が万物の罪を 赦す(ゆるす)日。
この天赦日って実は、すごく貴重な日なんですよ…というのも年に数回しかない最大の吉日といわれています。

何事にも一番、最良の日とされていて、もちろん宝くじの購入として最良の吉日で「大安吉日」と同様、テンションがマックスになる日でもあります。

【販売期間中の天赦日】
2月10日(日)

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒のもみをまけば、万倍のもみを持った稲穂になるといわれています。もちろん、吉日でもあります。

これも事を始めるにあたっていい日と言われています。「大安吉日」と同様、宝くじ売り場にのぼりがたちます。

これを見ると宝くじファンは「あっ、今日は宝くじ買わないと!」という気持ちになってしまいます。それだけ貴重な日でもあるんです。

天赦日に比べると、年間で多く吉日があります。

【発売期間の一粒万倍日】
1月 30日(水)
2月 9日(土)
2月14日(木)
2月21日(木)

寅の日(とらのひ)

寅は千里を走り、千里に帰ると中国の古いことわざがあって、財布から支払ったお金がすぐに戻ってくるといういわれがあります。

使ったお金が、すぐに戻って来るとか、宝くじを購入することが金運と結びつくようにし支払って購入した宝くじが戻ってくるという考えとして宝くじの購入に適した吉日といわれています。

【発売期間の寅の日】
2月10日(日)
2月22日(金)

ズバリ!この日が狙い目!

2019年2月9日(土)
大安と一粒万倍日

2019年2月10日(日)ここ最高の日です
天赦日と寅の日

2019年2月21日(木)
大安と一粒万倍日

一番、最高の日というのは、2019年2月10日(日)天赦日と寅の日が最高の日になっているようです。この日が、一番の狙い目の日なのかもしれませんが、もしその日にどうしても購入できないというのであれば、2019年2月9日(土)と2019年2月21日(木)もありですね。

ネットでも購入できる

宝くじ売り場に行って購入するのが何とも言えない感覚…という人も多いようですが、最近では宝くじ離れが問題になっていて、一つの手段として宝くじ公式サイトにてネット上で購入できるようにもなりました。

いや~時代ですね!ホントに便利な世の中になったと思います。もちろん、宝くじ売り場で購入するのを楽しみにしている人は問題ないと思いますが、どうしても売り場に行けない…とかいった人にとっては最高のシステムですね。

しかも、購入に一番、適している日にどうしても購入できないのであればネットで購入するシステムがあると心理的に非常に助かりますね。

宝くじの収益はどこに?

宝くじが当たる人もいれば、当たっことに気づかないまま数年、宝くじ売り場に持ってくる人って100%ではないようです。確かに、購入はしたものの、当選日などを忘れていてナンバーを確認しないままで放置している人もいるようです。

そこで、疑問に思うのはいったい余った宝くじの収益って、どこに流れているの?って思いませんか?私は今まで「宝くじ」はギャンブルってイメージがあって今まで購入することに抵抗があったんですが、ある人に「寄付する気持ちで購入したら…」と言われたんです。

そうなんです。宝くじの収益って、どこに流れているのかというと

宝くじは、販売総額のうち、賞金や経費などを除いた約40%が収益金として、発売元の全国都道府県及び20指定都市へ納められ、高齢化少子化対策、防災対策、公園整備、教育及び社会福祉施設の建設改修などに使われています。

引用元:宝くじ公式サイト

なんか…外れたとしても募金として考えて、ちょっといいことをしたな!って気持ちになりませんか?詳しく確認したいという人は「宝くじ公式サイト」にて年代別に公表されているようなので確認してみるのもいいと思いますよ!

まとめ【バレンタインジャンボ、バレンタインジャンボミニ】

宝くじってやはり夢がありますね!よく「宝くじでも当たらないかな~」って言っている人がいますが、そもそも購入しないと当たらないですからね!

  • 宝くじの種類は「バレンタインジャンボ」と「バレンタインジャンボミニ」
  • 発売期間は2019年1月30日(水)~2月22日(金)まで
  • 購入するのに一番、最適な日は、ズバリ!2019年2月10日(日)天赦日と寅の日が一番、最高な日!
  • 2019年2月9日(土)大安と一粒万倍日
  • 2019年2月21日 大安と一粒万倍日

外れたとしても、収益金は復興支援にあるので、募金したと世の中に還元したという気持ちになるのがいいと思います。多くの人に幸がありますように!

スポンサーリンク