大学無償化法が成立!いつから?対象者と条件、母子家庭や奨学金は?




2019年5月10日に『大学無償化法』が成立しました。高校を義務教育化するという声も上がっていましたが、どうやら高校の義務教育化より先に大学の方が決まったみたいですね。

注意したいのは完全に無償化ではないということです。

今回は、大学無償化法が成立のニュース、大学無償化となる対象者と条件、授業料の減免額と給付型奨学金について、対象大学と母子家庭の場合について、ネット上の声を、まとめてみました。

スポンサーリンク

大学無償化法が成立

低所得世帯の学生を対象に大学など高等教育機関の無償化を図る新法が10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。令和2年4月に施行される予定で、文部科学省は対象となる学生や大学などの確認作業を急ぐ。

 文科省によると、国や自治体が学生の授業料や入学金を減免するほか、生活費などに充当できる返済不要の「給付型奨学金」を支給する。対象は住民税非課税世帯を基本とし、夫婦と子供2人(1人が大学生)の家庭の場合、年収270万円未満が目安。年収380万円未満であれば3分の1~3分の2の額を支援する。

 高校卒業から2年を過ぎた学生は対象外となり、停学や留年になれば支援は打ち切る。また進学先の大学などにも、理事や教員への外部人材活用や、情報公開の状況などに一定の要件を設ける。

引用元:大学無償化法が成立 令和2年度から低所得世帯対象

大学無償化となる対象者と条件

大学無償化は、2020年4月から支援が始まるということが決定しています。(令和2年4月から執行で今年度から準備の手続きが必要で、高校卒業から2年までは対象者になっています)

ただし、全ての人が対象というわけではなく対象となる人や条件があります。

大学無償化という法律は低所得世帯の学生が対象となっていて、大学などの入学金や授業料を減免、返済不要の給付型奨学金など大学を進学したいのに事情があって進学できないといった支援することが目的となっています。

住民税非課税世帯が対象です。世帯構成や家族構成によって住民税非課税はことなってきますが、基準としては両親と学生本人、中学生の4人世帯の場合で約270万円までが非課税に当たります。

  • 所得が270万以下の家庭は授業料減免+給付金を使って実質授業料が無料
  • 所得が300万以下270万以上の世帯は3分の2ほど授業料が減免+給付金の支給
  • 所得が380万以下300万以上の世帯は3分の1ほど授業料が減免+給付金の支給

所得が380万円以上ある世帯は対象外となるわけです。

「進学前は成績だけで否定的な判断をせず、レポートなどで本人の学習意欲を確認」するようにということです。

スポンサーリンク

授業料の減免額

住民税非課税世帯の場合は、国公立大学は入学金で約28万円、授業料で約54万円を上限に減免されるようになります。

給付型奨学金

奨学金とは、学生生活を送るのに必要な生活費をまかなえるようにし学業に専念できるようにするのが目的となっています。奨学金については日本学生機構が学生に支給することになっています。

住民税非課税世帯の支給額は、自宅生で約35万円、自宅外生で約80万円となっています(国公立の大学、短大、専門学校の場合)

高専生には大学生の5~7割を支給されるようになっています。

ただし、留年が確定したり退学や停学処分を受けたりなどといった場合は直ちに支援を打ち切られるようになっています。
著しく態度が悪かった場合などは支援した額の返還を求めることもできるとされています。これは普通の常識で考えても当然のことですよね。

大学無償化法の対象大学

これから大学進学を目指している人にとっては、自分が希望している大学が対象となっているのかが気になると思います。
必ずしも授業料が全額無償化というわけではありません。

所得に応じて授業料が減免が対象

高等専門学校
専門学校
短期大学
大学

給付型奨学金を受けられる教育機関

私立
国公立

高等専門学校や専門学校、短期大学や県立大学については現在、検討中になっています(2019年5月10日現在)

一定の成績を守ることが条件となっています。

スポンサーリンク

大学無償化法で母子家庭の場合

年々、離婚する人も増えてきていますが母子家庭に対しての制限は特に設けていないようです。

個人的に給付型奨学金制度については、学力が高い人に対しては非常に優しい制度となっているように感じます。
母子家庭となると世帯全体で働いている人が2人から1人ということになるので、通常であれば、よほどの稼ぎがある女性でない限り所得が低くなるのは当然のことです。

所得が低い家庭に対しては母子家庭とは限らず、減免の制度があるようですが、状況によっては返済付きの奨学金を活用する場合も出てくるのかもしれません。

今回の大学無償化法について詳しくは文部科学省のホームページに記載されています。

ネット上の反応

まとめ【大学無償化法が成立!いつから?対象者と条件、母子家庭や奨学金は?】

今回は、大学無償化法が成立のニュース、大学無償化となる対象者と条件、授業料の減免額と給付型奨学金について、対象大学と母子家庭の場合について、ネット上の声を、まとめてみました。

大学無償化は、これから進学したい、勉学を頑張りたい!と思っていても家庭の事情で進学できず諦めていた人にとっては非常にありがたい制度となりそうですね。

スポンサーリンク