萩原健一が急死【死因】GIST(消化管間質腫瘍)とは?波乱万丈な人生…




26日午前10時30分…俳優の萩原健一(本名・萩原敬三)さんが都内の病院でお亡くなりになりました。68歳という若さでしたが病名はGIST(消化管間質腫瘍)だったということです。

ショーケンという愛称で活躍されていた萩原健一さんですが、平成の時代も終わりというこの時期に、昭和の大スターが、またひとりこの世を去るという衝撃的なニュースでもありました。

今回は、萩原健一さんの訃報ニュース、死去に関してネット上の反応は?死因GIST(消化管間質腫瘍)とはどういった病気なのか?プロフォールと作品、内田裕也さんにコメントしたばかり…、プライベートでは4度の結婚について、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:冨田リカ(萩原健一の嫁妻)の結婚歴がヤバイ!子供やセミヌードとは?

【追記】NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック」に政治家の高橋是清役で出演すると発表されました。すでに主なぃ出演シーンの収録を終えているということです。

追悼番組については、まだ何も詳細が分かりませんが、いだてんについては最近、撮影したものと思われるものなので萩原健一さんの姿を観れるのは有難いですね。

萩原健一さんの訃報のニュース

ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。
引用元:萩原健一さんが死去「太陽にほえろ!」など、ショーケンの愛称  

萩原健一さんの死去についてネット上の反応は?

https://twitter.com/Ka08487360Ka/status/1111254279459758081

最近では、テレビなどでお見かけすることがなかったですが、やはり今まで数々の作品に出演し心に残るシーンも、たくさんあるだけにネット上では突然の訃報に驚くしかないようです。

萩原健一さんの死因、GIST(消化管間質腫瘍)とは?

わかりやすく言うと、消化管のがんといわれているようです。

GIST(ジスト)は、消化管間質腫瘍を示す英語Gastrointestinal Stromal Tumorの略称です。GISTは、胃や小腸(大腸、食道はまれ)など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します。

GISTは、粘膜の下に腫瘤(しゅりゅう:こぶ、かたまり)状の病変を形成する粘膜下腫瘍の1つです。消化管壁の筋肉の間にある神経叢(しんけいそう)に局在する「カハールの介在細胞(Interstitial Cells of Cajal)」に分化する細胞から発生します。「カハールの介在細胞」自体は、広く消化管に分布し、消化管運動のリズムをつくったり、調節したりする大切な細胞です。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 

症状については、国立がん研究センターに書かれているのは、病変が大きくなっても自覚症状がない腫瘍で腹痛や腫瘍からの出血による下血、貧血などの症状があらわれることがあるそうです。

切除することが可能な場合は、手術をおこなうようですが完全切除できたと思われる場合でも、手術を行った後に肝臓や腹膜への転移を起こすことがあるようです。

では、この消化管間質腫瘍という病気は、どうやって発生するのか?ということですが…。

発生要因
GISTが発生する要因として、細胞の増殖に関わるたんぱく質の異常があります。主にKITまたはPDGFRΑと呼ばれるたんぱく質が関わっており、これらのたんぱく質の異常はそれぞれc-KIT遺伝子、PDGFRΑ遺伝子の突然変異によって発生します。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 

萩原健一さんは病気について、一切、メディアに伝えてなかったため、今までに手術を行ったのか…と言うことは分かっていません。

ただ、所属事務所によると、2011年から闘病生活をされていたということです。メディアに伝えなかったのは萩原健一さんの強きい希望で病名の公表を控えていたようです。

萩原健一さんのプロフィール

名前  萩原 健一 (はぎわら けんいち )
本名 萩原 敬三(はぎわら けいぞう)
愛称 ショーケン

出生地 埼玉県北足立郡与野町(現・同県さいたま市中央区)
身長 174 cm
血液型 O型

生年月日 1950年7月26日
没年月日 2019年3月26日(68歳没)

職業  俳優・歌手
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 1966年 – 2019年

スポンサーリンク

萩原健一さんの作品

萩原健一さんは数々の作品を残されています。その前に、萩原健一さんのデビューについてですが、高校時代にスカウトされてグループサウンズ『ザ・スパイダース』の弟分でもあるバンド『ザ・テンプターズ』のボーカルとして1967年にデビューを果たしています。その時、萩原健一さんは17歳です。

その後、『神様お願い!』『エメラルドの伝説』などのヒット曲がうまれ^グループサウンズ全盛期を支えているグループとして成長しました。

ヒット曲を出しはしたものの、1970年に解散し、その後は沢田研二さんや岸部一徳さんと新しいグループ『PYG』を結成しています。

俳優としても活躍していました。1972年の映画『約束』に助監督として参加したんですが降板をした俳優の代役を務めたところ、この演技に関して高く評価されて本格的に俳優に転身します。

日テレの人気番組であった『太陽にほえろ!』の初代新人刑事・マカロニ役では一気に人気を集めることになります。

1974には「傷だらけの天使」、1975年に「前略おふくろ様」と立て続けに連続ドラマに主演をしました。

テレビドラマ系だけではなく映画「八つ墓村」「影武者」「誘拐報道」「恋文」「いつかギラギラする日」「居酒屋ゆうれい」など、多数出演しています。

ざっくりと書きましたが、これだけでも凄い作品に出演されているんですね。

萩原健一さんが内田裕也さんにコメントしたばかり…

3月18日に亡くなったロックミュージシャンの内田裕也さんにコメントを残されていました。

「非常に残念です。近々、企画書をもって裕也さんと共演することを楽しみにしていましたが奥様のご不幸があり、タイミングを逃しました。心よりご冥福をお祈りします」

と追悼していました。萩原健一さんは、26日に亡くなったとのことで、わずか8日後に息を引き取ったということです。萩原健一さん自身も、自分は病気を抱えていてもまだまだ生きてやる!といった想いがあったかのようにも思えますね。

スポンサーリンク

萩原健一さんは4度、結婚している

萩原健一さんは歌手としても俳優としても大活躍していましたがプライベートの方でも、女性からモテモテの人生…。結婚に至っては、4度しています。プライベートも充実していたと思われます。4回も結婚し、まさに波乱万丈の人生だと思います。

1975年~1978年:モデル・小泉一十三
1980~1984年:女優・いしだあゆみ(70)
1996~2006年:ヘアメーク担当だった女性
2011年~2019年:モデル・冨田リカ(57)

1度目の結婚は、元嫁は小泉一十三さんです。二人の間には子供が一人います。萩原健一さんは音楽活動を休止してて、1975年に再開し初となるソロアルバムをリリースしていています。曲のタイトルは『惚れた』

同じ年に小泉一十三さん、当時モデルをしていましたが結婚をして娘さんを一人、出産しています。破局をしたのは、3年後です。

2度目の結婚は元嫁いしだあゆみさんです。1980年に歌手、女優のいしだあゆみさんと結婚しましたが、2008年に出版された萩原健一さんの自叙伝『ショーケン』では未入籍であり事実婚だったと語られています。

籍はいれてなかったんだ~と思いきや…「週刊新潮」の中で「自叙伝の中で語られた未入籍は嘘」と報じられています。その後、1984年に破局し離婚を発表しています。

1996年にはヘアメーク担当だった女性と結婚したが2006年に別れています。

2011年、モデルの富田リカさんと再婚。再婚したはいいものの長い闘病生活だったといわれています。最期は、富田リカさんに看取られて静かに息を引き取ったということです。
関連記事:冨田リカ(萩原健一の嫁妻)の結婚歴がヤバイ!子供やセミヌードとは?

まとめ【萩原健一が急死【死因】GIST(消化管間質腫瘍)とは?波乱万丈な人生…】

今回は、萩原健一さんの訃報ニュース、死去に関してネット上の反応は?死因GIST(消化管間質腫瘍)とはどういった病気なのか?プロフォールと作品、内田裕也さんにコメントしたばかり…、プライベートでは4度の結婚について、まとめてみました。

若い世代の人にとっては、速報で入ってくる萩原健一さんのニュースに関して、誰?といった反応もあったようですが今まで、たくさんの作品を残した俳優だけあって、どの作品をとっても印象的です。

追悼番組があるのか、まだ正確な情報がないようですが出来る限り追悼番組を放送してほしい、若い世代の人にも昭和のスターを知ってほしいと思います。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク