飯塚幸三(池袋事故)87歳運転者特定か【顔画像】元通産相で技術院長

池袋事故




2019年4月19日、12時半ごろに起きた池袋事故。池袋の交差点で信号無視をして交差点にツッコミ歩行中の人たちを次々にはね、今回の事故で2名の死亡者も出ました。松永真菜さんと3歳の娘、松永莉子ちゃんです。

この、事故を起こした87歳の男性と報道されていましたが、運転していた人は『飯塚幸三』さんということが特定できたようです。

今回は、池袋の事故はどうやって起きたのか?ドライブレコーダーの内容とは?運転者、飯塚幸三さんはどういう人なのか?【顔画像】とプロフィールや経歴を、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:池袋事故の悲惨【動画・画像】まとめ事故現場の場所プリウスに問題?

関連記事:飯塚幸三が被害者への手紙で謝罪【全文】退院後の姿に驚愕!逮捕はどうなる?

池袋の事故はどうやって起きたのか?

東京・池袋の交差点に80代の男性が運転する車が猛スピードで突っ込んで自転車をはねた後、ごみ収集車に衝突して複数の歩行者が巻き込まれ、3歳の女の子と30代の母親が死亡しました。

 事故現場は首都高5号線の真下、南池袋の交差点。もう一つ前の横断歩道がある交差点でも高齢男性を事故車はひいています。さらに、一つ前でもガードレールにぶつかっているという事故があったという状況でした。
 事故現場の状況は、1台の車が交差点で止まっているので進行方向の信号は赤だったのではないかということが推測されます。そこを事故車が一番左側の車線を相当なスピードで突っ込んできます。ちょうどその時、横断歩道を自転車が渡ろうとしていて、この自転車を車がはねる形になります。車が進んできたところをごみ収集車が右折してくる形でぶつかります。このごみ収集車は左回りに反転して止まり、車は反時計回りになって止まったことが映像と目撃者の情報などから分かってきました。運転していた80代の男性は病院に運ばれて軽傷だということですが、大勢のけが人、2人の命が奪われるという大きな事故が発生してしまいました。

引用元:テレ朝ニュース 

ドライブレコーダーの記録内容とは?

事故を起こした乗用車には、運転していた87歳の男性とともに、80代の妻が乗っていました。

捜査関係者によりますと、車のドライブレコーダーには事故の前後のやりとりが残されていたということです。

それによりますと、乗用車はガードレールに接触する前にカーブをスピードを上げて走っていて、妻が「危ないよ、どうしたの?」と声をかけていました。

男性は「どうしたんだろう」と答えたものの、乗用車はその後もさらにスピードを上げていったということです。
その後、乗用車はガードレールに接触し、さらにスピードを上げて横断歩道を渡っていた親子などをはね、立て続けに事故を起こしたということです。
事故のあと、男性は救急車が到着するまでの間に息子に携帯電話で連絡していて、その際、「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」などと、動揺しながら話す音声が残されていたということです。

死亡した親子がはねられた事故現場近くの防犯カメラには、19日正午すぎ、事故を起こしたとみられる車が猛スピードで走る様子が写っていました。
映像では、自転車が横断歩道を渡っている際に、シルバーの乗用車が猛スピードで横断歩道を走り抜けていきます。
その後、横断歩道に倒れた人を助けようとする人や、事故に気づいて近寄っていく人たちの姿が確認できます。

引用元:池袋で事故母子2人死亡8人けが 

飯塚幸三さんは「アクセルが戻らなくて人をいっぱい引いてしまった」と事故直後に息子に電話をしているようです。

専門家の藤田孝典(NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授)さんは以下のような見解を述べています。

事件当事者の身体が不自由で歩行にも制限があったことが明らかになってきました。
歩行に制限がある高齢者ほど、移動に制限があるため、自家用車や運転免許証を手放すことにためらいを生じさせます。
高齢者がバスや公共交通機関へアクセスを気軽にできたり、買い物や移動を助ける介護員などを簡単に利用できるようにしなければ、同様の事件が相次いでいくことでしょう。
個人的には高齢者のバスや電車の利用、介護費用負担などは無料としてもいいくらい支援が充実していれば、自家用車を手放すインセンティブになると思います。
今後も自家用車を手放すインセンティブを拡充する政策を省庁横断で検討していただきたいと思います。

様々な研究調査では、85歳以上の高齢者の認知症罹患率は40%とも55%ともいわれています。
要するに、要介護認定調査などで明らかになっていなくても、すでに85歳以上であれば、認知症の症状や反応が出ている方が多くいます。
一人暮らし高齢者や高齢者夫婦のみ世帯が急増しており、周囲に認知症の症状に気づき、適切な医療やケアにつなげる人も不足しています。
明らかに認知機能の低下や生活上の変化が見られる場合には、必ず、お住まいの範囲を管轄する地域包括支援センターに連絡や相談ください。
症状に応じたケアや対応をケアマネージャーやヘルパーがしてくれます。

引用元:Yahoo!

関連記事:池袋事故の悲惨【動画・画像】まとめ事故現場の場所プリウスに問題?

スポンサーリンク

飯塚幸三さんは、どういう人なのか?【顔画像】

名前 飯塚幸三(いいづか・こうぞう)
年齢 87歳
住所 東京都板橋区弥生町

職業 無職
学歴 東京大学卒業

資格 工学博士

職歴 

  • 工業技術院長
  • 国際度量委員
  • 国際度量委員開副委員長
  • 計量研究所長
  • 国際計測連合(IMEKO)会長
  • 日本計量振興協会会長
  • 計測自動制御学会会長
  • 機械振興教会副会長
  • 日本規格協会理事
  • (株)クボタ副会長 

近所の人の話によると、運転を辞めるという意志を発言していたということもあるようです。マンションの駐車場では、うまく駐車できないようすを近所の人も語っているようで最近、また運転をしていることに疑問を持っているようすでした。

スポンサーリンク

通信産業省で元工業技術院長も務めていたという経歴を持っていて、農機具の大手である「クボタ」の副会長も務めるなどの数々のキャリアを持っていることも判明しました。最近では、自身の足の調子が悪かったようで日常的に杖をついた生活をされていたようです。

飯塚幸三さんは、現在は事故によって入院をしているようで現在、逮捕はまだされていませんが、今後は「自動車運転死傷処罰法違反」で逮捕をされた際には容疑者となります。

素人なので、肩書はまったく分からないですが、これだけのキャリアを積んでいるという事をみれば、どうしてこんなに偉い人が、こんな大惨事を起こしてしまったのだろう…と非常に残念でなりません。

まとめ【飯塚幸三(池袋事故)運転者特定か【顔画像】元通産相で技術院長】

今回は、池袋の事故はどうやって起きたのか?ドライブレコーダーの内容とは?運転者、飯塚幸三さんはどういう人なのか?【顔画像】とプロフィールや経歴を、まとめてみました。

飯塚幸三さんは、足が不自由だったために公共機関を利用せず手軽に移動できる車を運転する手段をとったのかもしれませんが、アクセルが戻らなくなって10人もの被害者を出してしまったということは世間の皆さんから批判を受けても仕方がないと思います。

年々、高齢者による交通事故が増え続けているにもかかわらず、運転免許証の返納をされているのは、4.7%と低い水準であることが現実のようです。

今回の事故を一人一人が自覚し、まず高齢者の方であれば運転するのを辞める行動をとることをはじめ親が高齢であれば運転について今一度、免許証の返納をすすめることや、何よりも政府が今後の高齢者の運転についての法律を考えていかなければ改善の余地がない気がします。

関連記事:飯塚幸三が被害者への手紙で謝罪【全文】退院後の姿に驚愕!逮捕はどうなる?

 

スポンサーリンク