風立ちぬの菜穂子(妻)は死因は病気!堀越二郎への最後のセリフ意味は?




2019年4月12日の金曜ロードショーで宮崎駿監督の平成最後の長編映画、国内外で数多くの賞を受賞した超大作!『風立ちぬ』が放送されます。

大空への憧れ…時空を超えた友情…切ない夫婦愛と夢に向かってまっすぐ生きる青年の物語!楽しみにしている人は非常に多いかと思います。

今回は、風立ちぬのみどころと、堀越二郎の妻、菜穂子の病気は何?【死因】、菜穂子(妻)が堀越二郎に向けた最後のセリフの想いを、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事 堀越二郎(風立ちぬ)に子孫は?菜穂子(妻)と再会したホテルは?

風立ちぬのみどころ

宮崎駿監督 平成最後の長編映画
国内外で数多くの賞を受賞した超大作!

出典:風立ちぬ 

大空への憧れ…時空を超えた友情…切ない夫婦愛
夢に向かってまっすぐ生きる青年の物語

「さよなら平成 2週連続スタジオジブリ」。第2夜に登場するのは、国内外で数多くの賞を受賞した宮崎駿監督渾身の超大作だ。物語の主人公は、飛行機作りに情熱を捧げた実在の人物・堀越二郎。風のような美しい飛行機を作ることを夢見ていた二郎は、飛行機の設計士として非凡な才能を開花させる。しかし、世の中は戦争に突入していき……。夢と現実を自由に行き来するストーリー展開と、ダイナミックかつ繊細な映像表現は、まさに圧巻!! 二郎の大空への憧れ、彼が目標とする設計士・カプローニとの時空を超えた友情。そして結核を患いながら二郎を支える決意をする妻・菜穂子との切ない夫婦愛。夢と友情、愛というテーマを真正面から描き切った大ヒット作!

引用元:風立ちぬ 

風立ちぬ、堀越二郎の妻、菜穂子は病気は何?【死因】

堀越二郎の妻、菜穂子は死んでしまいますが死因は結核です。

映画の中では、あまりくみ取ることができない人も多かったようですが、それもそのはず曖昧な表現でした。妻である菜穂子さんのモデルとなっているのは「矢野綾子」さんです。矢野綾子さんは25歳という若さで結核で亡くなっています。

今の時代では結核は治る病気と言われているものの、当時は結核は「不治の病」と言われるほどの病気のひとつであります。

映画「風立ちぬ」では宮崎駿監督の想いとして妻である菜穂子の「死」を感じさせないように風に消えてしまった…と思わせる演出です。これには、観ている側も心を掴まれ感動と涙ではないでしょうか。

風立ちぬの作品を観て思うことは、堀越二郎の妻、菜穂子の死についてあいまいな形だった感想を持つ人も多いようです。このあいまいな表現については宮崎駿監督も、かなり悩んだとか…。

菜穂子が治らない病気にかかったとしてもまっすぐで強い想いがある。この作品のテーマというのが「全力で生きる」というテーマなのでこの結末というのも納得です。

スポンサーリンク

結核とはどんな病気?

結核とは「結核菌」を吸い込むことによって起こる感染症です。最初は炎症から始まります。肺ならば肺炎 のような病気です(肺の表面近くに病巣ができれば、炎症の結果 生じた浸出液は肺を包んでいる胸膜からしみ出して胸膜炎となります)。結核菌は肺に巣食うことが多いのですが、 人体のいろいろなところ(臓器)にも病気を起こします。初期の炎症が進むと、やがて「化膿」に似て組織が死んで腐ったような状態になります。この状態の時期が肺結核ではかなり長く続き、レントゲンなどに写 る影の大半がこの状態の病巣です。

引用元:http://www.pref.toyama.jp/sections/1205/qa/qa1000.htm

現在、日本では毎年約18,000人が新たに結核を発症し、毎年約1,900人が結核で亡くなっているようです。結核の予防と早期発見・早期治療が必要なようです。昔のことだと思えば、やはり医療の発達もなかっただけに病気の重みが感じられます。

スポンサーリンク

風立ちぬ、菜穂子(妻)が堀越二郎に向けた最後のセリフの想い

風立ちぬの最後のシーンで菜穂子が次郎に言ったセリフ…

生きて

この言葉には、感動し涙する人も多かったのではないでしょうか?この短い「生きて」というセリフには、どんな想いがこめられてのかということですが、これには諸説あるようです。

いろいろ諸説があるんですが個人的には『今の時代を力強く生きてほしい』という想いだと思います。

堀越二郎さんには、小さいころから飛行機を作ることが「夢」であり目標にしていたということです。ただ…堀越二郎さんが飛行機を作ることに関わるとする道はただひとつ…

戦闘機を作ること

堀越二郎さんは、ただただ大好きな飛行機を作りたかっただけで、なにも戦争で勝つための目的で作りたくなかったのです。ただ、この時代で生きていくには自分がするべきことをするしかない。

周りにどんなことを言われようとも自分のやってきたことに恥じないで生きてほしい!

堀越二郎さんの姿を一番、近くで見てきた人は妻の菜穂子さんです。この菜穂子さんの強い想いが最後のセリフには込められていると思います。本当に切ない夫婦愛が描かれている作品ですね。

まとめ【風立ちぬの菜穂子(妻)は死因は病気!堀越二郎への最後のセリフ意味は?】

今回は、風立ちぬのみどころと、堀越二郎の妻、菜穂子の病気は何?【死因】、菜穂子(妻)が堀越二郎に向けた最後のセリフの想いを、まとめてみました。

毎回、宮崎駿監督のジブリ作品を観て「込められた想いの強さ」を感じます。風立ちぬは夫婦の切ない愛、感動して涙しない人はいないのではないでしょうか?大人から子供まで考えさせられる映画となっていると思います。後世に途絶えることなく残すべき作品の一つだと思います。

スポンサーリンク