天皇陛下在位30年記念500円硬貨!多い枚数入手技、いつまで?【画像】




天皇陛下在位30年記念500円硬貨が引き換えが2019年2月21日(木曜日)から開始されました。

今の時代、キャッシュレスを推奨しているので、いつか紙幣や硬貨がなくなる時代が来るかもしれませんが、もしかすると随分、昔の紙幣や硬貨が時代の変化に伴って今以上の価値が出てくるかもしれません。

今回は、天皇陛下在位30年記念500円硬貨最新技術がヤバイ!記念硬貨はどこで手に入れれる?枚数を多めに欲しい場合の技、いつまで引き換えが可能か?をまとめてみました。

スポンサーリンク

天皇陛下在位30年記念500円硬貨、最新技術がヤバイ!

天皇陛下在位30年記念500円硬貨って、どんな500円玉硬貨なんだろう…ちょっと手にしたいなと思ったのがキッカケで引き換えに行ってきました。手に持った感じ、500円玉硬貨とは思えない高級感!

なんとこの500円硬貨って特殊な最新技術を組み合わせた未来的記念硬貨になっているということです!

財務省の資料では「バイカラー・クラッド貨幣」とのことです。

特殊技術としては、2種類の金属が使用されてて金属に圧力をかけて、3層にする技術であるバイカラークラッドというもので簡単に偽造ができない仕組みになっているようです。

他にも偽造防止をしているのが、500円玉硬貨を横にするとギザギザが入っているのですが、そのギザギザって「斜め」に入っています。このギザギザを斜めにすることで偽造抵抗力をさらに向上させているようですね。

記念硬貨に採用をされた斜めギザギザは、造幣局が独自に開発した技術の中でも高い技術と言われているようです。

若干、今現在の500円玉硬貨に比べると小さい感じがしますが、今回の天皇陛下在位30年記念500円硬貨は未来的技術が素晴らしいにも関わらず、プレミア価格なしということで手に入れることが出来るので是非とも欲しくはなると思います。

手にした瞬間、誰も手にも触れていないピッカピカの新品の硬貨に興奮しました!

表面は、儀装馬車の上に桐と白樺がデザインされていて、裏面には菊花紋章の周囲に「御在位三十年」の文字があります。ちゃんと「日本国・500円・平成31年」の文字もありますよ!

そのうち、世に出回ると買い物したときに、お釣りでもらうことがあるかもしれません。ただ…お金、特に硬貨はどんな人が触っているか分からないのでやはり潔癖な人にとっては持っていたくないという人も多いようです。

今回の『天皇陛下在位30年記念500円硬貨』引き換え直後はピッカピカで綺麗なので手に入れると嬉しこと間違いなし!

記念硬貨はどこで手に入れることが出来るのか?

全国の金融機関で引き換えができるようになっています。銀行はもちろん、信託銀行、ゆうちょ銀行、外国銀行在日支店でも引き換えができるということ。

信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会などでも引き換えできるので幅広い金融機関で引き換えはできるようですね。

2019年2月21日の初日のでは、おひとりさま2枚限定となっていたようですが、翌日22日以降は何枚でも引き換えは可能となっています。

スポンサーリンク

枚数を多めに欲しい場合の技

天皇陛下在位30年記念500円硬貨は、500万枚限定になっています。二度と発行されることがない天皇陛下在位30年記念500円硬貨ということですが500万枚しか作られないので、どうしても欲しい人は早期に入手しておくことをオススメします。

どうしても、欲しかったので多めに交換してもらおうと思って、近くの郵便局にいったところ、もうすでにない…と言われましたがあきらめずに近くの銀行に直行!

まだ、在庫はあるとのことで、5万円分、交換してもらおうとお願いしたのですが…。

5万円分は引き換えができません、とのこと。在庫はまだあるんですが50枚を超えると交換の手数料が発生するといわれました。

今回の、天皇陛下在位30年記念500円硬貨というのは、プレミア価格を付けることなく1枚500円で引き換えできるのがお得と感じている人も多く、5万円分を交換するとなると手数料が発生するの?って話です。

銀行での説明では、天皇陛下在位30年記念500円硬貨を50枚までであれば手数料なし!なので、25000円分=500円玉50枚の引き換えであれば手数料が発生しません。

ただ、私が引き換えに行ったときは、500円玉貯金をしていた分が、2万円分=40枚あったので、その40枚と1万円札で60枚の引き換えができました。

引き換えする際に手数料が発生しないようにするには技がいりそうなんです。もちろん、手数料が発生してもいいですよって方は問題ないと思いますが、やはり同じ500円硬貨なのに手数料まで取られるのは…って主婦目線でいくと、んーって思いませんか?

ざっくりまとめると…

  • 天皇陛下在位30年記念500円硬貨、50枚までは手数料無料
  • 50枚を超えると手数料が発生する(金融機関によって手数料が違う可能性あり)
  • 500円玉硬貨を持参すれば、交換とはみなされないので手数料は発生せず

一か所の金融機関で交換する場合は、500円玉硬貨がたくさんあれば、できるだけ持っていくといいですね。

一か所ではなく複数の金融機関をはしごして引き換えをしようとするのであれば、特に何も心配しないで25000円分、交換はできます。

ただ…まだまだ結構、残っているだろう…と安心して郵便局に行ったら在庫なし、近くの金融機関で交換してもらった際に在庫状況を聞くと、週明け朝一番であれば多分、大丈夫だと思いますって話でした。私が銀行に行ったのが金曜日の銀行が閉まる2時50分頃の話です。

500万枚と言えど、あっという間になくなるんですね…。

スポンサーリンク

引き換えは、いつまで出来るの?

2019年3月20日まで引き換え可能とのことです。引き換えが予定の枚数に達するのが先になるのか、2019年3月20日まで引き換えはできるようですね。

今回、銀行の帰りに、もう一件の郵便局にも行ってみたのですが「売り切れ」と言われました。もしかすると郵便局よりは銀行系の方が在庫が残っているのかもしれません。

銀行に取り置きが出来るのか確認しましたが予約ができないため、窓口で申請があった順番に引き換えをしているとのことです。

ただ、自分の近場に銀行などがなく行くのが結構、大変な場合は銀行にいったものの在庫がなくて無駄足になるという可能性もあるので取り置きができないですが現在、在庫があるかどうかは確認していくといいですね。

まとめ

時代がどんどん変化するにあたって今や国がキャッシュレス化を推奨する時代になっています。ただ…昔の硬貨に高値が付いたり硬貨マニアの人にとっては、今回の『天皇陛下在位30年記念500円硬貨』は今までと違った高級感と特殊技術に感激すること間違いなしです!

  • プレミアム硬貨にも関わらず手数料のかからない硬貨として引き換え可能
  • 近くの郵便局2か所で在庫なしの現状(2019年2月22日)
  • 天皇陛下在位30年記念500円硬貨、50枚までは手数料無料(銀行)
  • 50枚を超えると手数料が発生する(金融機関によって手数料が違う可能性あり)
  • 500円玉硬貨を持参すれば、交換とはみなされないので手数料は発生せず
  • 25000円までは無料、加えて500円玉硬貨を50枚持参すると100枚入手可能

自分がこの世を去ったとしても、子供や孫に一枚ずつでも残しておきたいと思って引き換えに来る人が多いようですよ。是非、興味がある人とは早めに入手することをオススメします!

スポンサーリンク