2019年バレンタイン本命の相手へ告白のタイミングとセリフとは?




2019年のバレンタインは、木曜日。平日となると、チョコを渡して告白するタイミングも、いつがいいのか…って迷ってしまいますよね。男の子にアプローチをする絶好のチャンスともいえます。せっかく告白するのだから全力で一番、ベストな状態で告白したいと思いませんか?

今回は、バレンタインの告白するタイミングはいつがいいのか?告白のセリフやを告白の仕方を中学生、高校生、大学生、社会人別に、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:2019年バレンタインいつ?渡す日やタイミング、作るのにベストな日!
バレンタインの本命がもらう人気チョコとは?本命か義理か簡単な見分け方

告白するタイミング

バレンタインの日に告白をする時に気を付けたい、ひとつとしてタイミング!

義理チョコや友チョコであれば周りの目を気にせずに渡しても全く問題はないですが、本命チョコとなると真剣に交際をしたいと思っている相手がいればタイミングが重要になってきます。一番、ベストな状態で渡せるようにしましょう。

中学生

中学生の場合は、部活をしている人も多いと思うので、一日を通して授業や昼休みなど誰もいない教室などを合間をみて渡すのがベストです。相手が部活をしているのであれば、部室でも一人になる可能性もありますね。

また、部活が終わって帰宅するときに一人の行動を取っている人であれば一番、ベストです。放課後や部活後に渡すのがおススメです。ですが、注意が必要なのは相手の男子が忙しそうにしていないか…ということも大事です。

中学生と言えば、思春期真っ只中なので、友達といるときに渡されると恥ずかしい子も中にはいるので、せっかく嬉しくて自分も好意を持っていても周りの男子に茶化されたりすることで恥ずかしさもさらにパワーアップして心を閉ざしてしまう場合もあるかもしれません。なので、中学生の場合は、部活後や帰宅時など一人でいるときを狙って告白をしましょう!

とはいえ…状況もたくさんあると思います。二人きりになる場所がないとか、自分は部活しているのに相手は帰宅部、逆パターンもあって自分は帰宅部なのに相手は部活をしている。後者の方は自分が待っていればいいけれど前者の方はどうしたらいい?って事になりますよね。

その場合は、LINEや電話で公園などに呼び出して告白しましょう。せっかく年に一度のバレンタインです。

高校生

高校生の場合も、中学生と同様、部活をしている相手であれば、部活が終わる帰宅途中など好きな相手の行動は分かっていると思うので、時間をみつつ告白しましょう。

高校生ともなると屋上とかを利用できる学校もあるので屋上があるのであればオススメ!夕方の放課後などに西日が当たればなおさらロマンティックですよね。自分も相手も一生、心に残るバレンタインデーになるでしょう。

中学生の告白と同じパターンが多いと思いますが、朝のうちに渡したりするよりは帰宅途中や部活後に渡すのがいいですね。高校生といえど、やはり思春期で恥ずかしいと思いますが好きな男の子にアプローチをする絶好のチャンスなので勇気を出してくださいね!

大学生

大学生の場合は、大学で人が来ないような所に来てもらうように伝えて告白するのがいいです。やはり、人がたくさんいるところでは恥ずかしがる男性も多いようです。

もしも、大学内で渡せないようなのであれば大学の近くの公園などに来てもらうように呼んで告白するのがいいです。

社会人

社会人ともなると、仕事をしているのでなかなか渡すタイミングを掴むのは難しいのかもしれません。せっかく思い切って告白をするのに、間が悪いとか悪い印象を与えたくはないです。ですので仕事が終わった後が一番、お勧めです。仕事中は、やはり真剣に仕事をしている人が多いので邪魔になってしまいます。

仕事が終わって一人でいるところを見計らって渡すのもいいかもしれませんが「よければ、ちょっと飲みに行きませんか?」などと誘ってバーなどで告白するのもいいと思います。食事をできるところやバーなどでいいと思いますが居酒屋などの、いろんな人の声がガチャガチャしているところは避けましょう。雰囲気が台無しになってしまいます。

食事をするにせよ、バーに行くにせよセンスも見られるので事前にリサーチをして、ここなら大丈夫!と言える店を探しておきましょう。一年に一度のことですので念入りにリサーチして告白に挑んだほうがいいです。

また、社会人になると休日が一緒の場合があればいいですがシフト制になっていて、バレンタイン当日に渡せない場合もあるかと思います。その場合は、相手の休みの状況をみて当日にどこかに誘って渡すのもいいですし相手の状況が分からないと思うので翌日に渡すのもいいと思います。

相手の男性は、もしかすると、あなたからの本命チョコを期待しているのにバレンタイン当日に何もなかった…とちょっと残念に思っていたところ翌日にサプライズ的な本命チョコとなると喜びもひとしおだと思います。

スポンサーリンク

告白のセリフ

告白のセリフについては、どの年代でも共通していえること…それは、曖昧なフレーズで濁さないということも大事かと思います。

例えば…好きだけどストレートに”好きです”と言えない。そこで、「もっと仲良くなりたいです」と言葉でいったりメッセージカードに書いて渡した場合、男性側からすると「??」って感じになります。

相手の男性は自分の事を想ってくれて告白してくれているのか、これから先、どうしていきたいと思っているのかチョコをもらった側は意外にどうしていいのか分からないといった話をよく聞きます。

「もっと仲良くなりたい」=どういうこと?
「好きです、付き合って下さい」=自分も好きだから付き合いたい

とは、全く違いますよね。もちろん自分だけが好意を持っていて相手に、そんな気がない場合は振られるパターンもあるかと思いますが。言葉一つで相手がどうしていいのか悩んでしまう可能性が高いのでストレートに言葉を伝えるのが一番です。

  • 『好きです』
  • 『好きになってしまったみたい…』
  • 『気が付いたら好きになってたみたい』
  • 『~君のことが~さんのことを尊敬してます。好きです』
  • 『~君のことが頭から離れないくらい好き』

などなど、非常にシンプルな言葉に思うかもしれませんが実は、ドストレートに言葉を伝えるのが男性の心を一気に高め嬉しいようです。やはり、男性は本来、プライドの高い生き物なので自分を評価してくれる、自分のことを認めてくれる女性に対しては、そこまで好きという気持ちがなくても悪い気分にはならないようです。

相手をみて告白するのが一番ですが、やはり中高生などは恥ずかしさがあるかと思うので、その場合は渡すときに『受け取ってください』とだけ伝えてメッセージカードを添え、その中に自分の気持ちをしたためるのがいいです。

せっかく勇気を出してチョコを渡すのに気持ちを伝えられないのは非常に残念なことです。

スポンサーリンク

告白の仕方

告白の仕方については、中学生も高校生、大学生や社会人、すべての年代、シチュエーションで同じと思っていいです。
渡すときに二人きりになった段階で相手の男の子、男性は本命チョコなんだなと、すぐに気づきます。

だって、一日朝からそわそわしているんですからね…。もしかしたら今日、告白されるかも?いつ告白されるんだろう…とドキドキなんです。なので、二人きりになった段階で、相手は自分に興味を持っていてくれていると、すでに伝わっています。

中学生や高校生は思春期なので、なかなか自分の想いを伝えるのが大変かと思います。恥ずかしい気持ちと、もし受け取ってもらえなかったらどうしよう…とかいろんな複雑な想いですよね。だけど、告白しないとなにも、はじまりません。思い切って告白しましょうね!

まとめ【告白のタイミング、告白のセリフ、告白の仕方】

今回はバレンタインの告白のタイミングや、告白のセリフ、告白の仕方について、まとめてみました。

  • 中学生や高校生は、帰宅時、部活終わりに屋上や駐輪場
  • 社会人は素敵なバーで渡すのが最適
  • 告白のセリフは、どの年代も『好きです』とストレートが一番、男性の心に響く
  • 曖昧な言葉を伝えても男性側は困惑することが多いのでストレートに気持ちを伝える
  • 本命チョコを渡す時に『好きです』と言えない場合は、メッセージカードに直筆で思いを伝える

バレンタインは何歳になってもドキドキしますよね。相手の人が心から好きであればなおさらドキドキしてしまいます。年に一度のバレンタイン…臆病になって告白しようか悩んでいる人も多いと思います。だけど、ポジティブな気持ちで告白しましょう!素敵なバレンタインの一日となり、あなたの恋が実りますように!

スポンサーリンク