コオロギバー(バグモ)が販売!成分や味、口コミ評判、購入方法は?




コオロギバーって聞くと、どういうものを想像するでしょうか?ピンと来た人も多いと思いますが、そうです!あの虫のコオロギがプロテインバーになったものが販売されるようになりました。

ちょっと虫嫌いな人にとっては、結構グロテスクなイメージが強すぎてインパクトも強く「あ~無理、無理!」って思ってしまうかと思います。ですが、実はこのコオロギバー話題になっているんです。

今回は、コオロギバーの話題、ネット上の反応、コオロギバーの成分、料金、通販はあるのか?味はどんなものなのか?口コミや評判はどうなのか…を、調べてみました。

スポンサーリンク

コオロギバーの話題

コオロギバーの話題を、ざっくりいうと…。

  • 京都市上京区のベンチャー企業「BugMo(バグモ)」が開発
  • コオロギの粉末を使用したプロテインバー
  • ウシや豚に比べて少量の費用で育つコオロギ
  • 環境や人にも優しい

すごい開発だと思いませんか?将来の食料不足が叫ばれている今、昆虫を新しい、たんぱく源にできないか…と模索している企業は多いと聞いています。

そういった企業が多い中、今回、このコオロギバーです!
開発のきっかけは共同代表のお二人です。

BugMo:松居佑典さんと西本楓さん

西本楓さんは大学2年の時、ウガンダで食育指導ボランティアに参加し、月1度しか肉を食べられず栄養失調になる子供たちに出会った。松居佑典さんは仕事で訪れたカンボジアで畜産飼料の耕作のため熱帯雨林が伐採されている現状を知った。

「誰も傷つかない食の生産システム」を生み出そうとしているBugMoのお二人です。世のため人の為に、こうして活動している人って、本当に素敵です。

紹介されたメディア

  • 『池上彰のどうなるジャーナル』に出演
  • MBS『ちちんぷいぷい -辻憲のこれだけニュース-』に出演
  • テレビ東京『モーニングサテライト』に出演
  • 日本経済新聞 「タンパク質危機 新興企業に勝機 昆虫や藻を活用」に掲載

やはり注目されていることは確かだと思います。日本では、あまり昆虫をたべるという文化ではないので敬遠する人も多いのは仕方がないのかもしれません。

バラエティ番組とかでも、よく罰ゲームとして取り扱われたりしますよね…ただ、これだけの栄養成分、からだに優しくいいものと知れば印象も違ってくるのかもしれません。

ネット上の反応は?

コオロギバーの成分

あのコオロギって、どんな成分があるの?そんなに優れた成分なのか…気になるところですよね。

ほかのタンパク質源と異なり、筋合成に必要な必須アミノ酸9種・BCAAを豊富にバランスよく含有。また、吸収効率のいい動物性タンパク質でありながら、クリケットパウダー100g中なんとタンパク質75g。一方、脂質はたったの6.7g!
低脂質高タンパクの完璧なプロテイン。
引用元:株式会社BugMo

コオロギの成分は、たんぱく質やオメガ3脂肪酸、ビタミンなど栄養素も豊富なんだそうです。どの成分も人間の私たちにとって必要な栄養素!その栄養素が、プロテインバーに、ギューっと詰まっているって、すごくないですか?

昆虫食に詳しい松井欣也・東大阪大短期大学部准教授(給食管理)の話 国内で昆虫を粉末にして売り出している企業は珍しい。昆虫の姿が見えないので受け入れられやすく、今後の商品拡大も期待できる。昆虫食は少量で栄養に富み、炭水化物に偏りがちな災害時の非常食に加えると有効だ。活用が広がる足がかりになればいい。
引用元:https://mainichi.jp/articles/20190305/k00/00m/040/127000c

専門家からもお墨付きのようなので、ますます需要が出てくる感じがします。

スポンサーリンク

コオロギバーの料金は?

出典:株式会社BugMo

ネット上の反応を見てみると、ちょっと、高いのかな…という印象を受ける人もいるようですね。パッケージがスタイリッシュですよね。料金が…という人も意見もありますが栄養素としては、非常に申し分の成分になっています。

どこで購入する?通販?

コオロギバーは、現在のところ京都・大阪両府や兵庫県などのスポーツジム、スーパーに卸しているようです。インターネットでの注文で月計約1000本を出荷しているようです。

京都や大阪以外の人で欲しい人は通販で購入できそうですね。

公式ホームページ:株式会社BugMo

スポンサーリンク

コオロギバーの味は?

コオロギバーの味は、チョコレートと抹茶の2種類あるみたいです。この2種類の味の中にレーズンなどのドライフルーツやナッツ類が加えられているようですね。

コオロギバーを食べた人の口コミや評判は?

出典:@ymatsui_bugmo

【好印象の意見】

なんとなくコーロギってところからもっとパサパサ感を想像してました。でもしっとりしてるしまったく違和感なしにパクリと食べれました。普通に美味しいお菓子感覚でペロリでした。またリピしたいです。

コンセプトが素晴らしく、また味もとても美味しかったです。また買います!

コオロギを感じさせる何か(ざらざら感など?)があるのかなと思ったのですが、そういうモノは一切ありませんでした。美味しいプロテインバーで、何も言われなければコオロギが入っていることは全くわからないでしょう。仲間と分けて食べてみましたが、皆同様の感想でした。星一つ減らしたのは、送料の高さです。2個お試しのサイズであれば、クリックポストなどで安く送っていただけないものかと思います。

初めてコオロギのプロテインバーを頂きました!味よりも食感が硬く、食べ辛さを感じのが正直な感想です。ただ、御社の姿勢や今後の展開に大変期待しています。御社が同じ京都ともあって、応援したいと思っております!!

プロテインバーというものを食べつけないので、比較できないのですが、味はあまり美味しくありませんでした。こんなものなんですかね。日頃からプロテインバーを食べる人にはわかるのかもしれないですね。素晴らしい着眼点だと思うので今後も期待しています。

【苦手だという意見】

ココアと抹茶の2種類の味を試しましたごめんなさい、、、味は苦手でした(^^;エビの皮を砕いたような細かな食感とヌガーっぽい粘りがしばらく口に残るのが気になりました。しかし、プロテインバーになっているので昆虫を食べている感覚はありませんでした。甘さを強くしたり濃い味付けにするともっと食べやすいと感じました。虫=気持ち悪いというイメージがなくなり、虫食が広がってほしいと思います。

引用元:株式会社BugMo

否定的な意見が、ほとんどありませんでした。個人的にも、虫は苦手ですが払拭できるほどの味なのであれば、コオロギをイメージせずに普通のプロテインバーとして口にすれば全然、問題ない気がします。これだけの栄養素があるのなら一度、食べてみたいと思っています。

まとめ

今回は、コオロギバーの話題、ネット上の反応、コオロギバーの成分、料金、通販はあるのか?味はどんなものなのか?口コミや評判はどうなのか…を、調べてみました。

やはり、虫と聞くだけで過剰な反応を示してしまう人もいるのかもしれません。コオロギがどういった虫なのかを知っているだけに頭にインプットされていますからね。ですが、日本もいつ食料危機が訪れるのか…そう考えると、今回の開発は本当に素晴らしいものだと思います。

「誰も傷つかない食の生産システム」を生み出そうとしているBugMoのお二人。世のため人の為に、こうして活動している人って、本当に素敵です。

 

スポンサーリンク