松田美由紀の若い頃がヤバイ!前夫の松田優作とはW不倫の末…真相は?




亡くなっても今なお日本の銘俳優として名前が挙がる松田優作さん、その妻である松田美由紀さんがここにきて、年齢よりも若く見え、とてもきれいだと話題になっています。そのキレイさは若い頃から!?

松田美由紀さんお若い頃がヤバイ!松田優作さんとはW不倫だった!?などの噂の真相を深堀していきます。

アイキャッチ画像出典:インスタ(matsudamiyuki)

スポンサーリンク

松田美由紀さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

松田美由紀さん(@matsudamiyuki)がシェアした投稿

生年月日:1961年10月6日(57歳)
出生地:東京都
血液型:AB型
職業:女優
活動期間
1979年 ~ 1984年
1991年 ~

配偶者:松田優作(1983年~1989年)
著名な家族
熊谷真実(実姉)
松田龍平(長男)
松田翔太(次男)
ゆう姫(長女)

芸能事務所「オフィス作」の代表取締役

芸能界デビューは、10代でモデルとてがスタートで、その後1979年つかこうへいさんからのオファーで『金田一耕助の冒険』映画出演し、女優デビューします。

つかこうへいさんは、松田美由紀さんの実姉の熊谷真実さんと結婚します(1980年 – 1982年)

デビュー当時の松田美由紀さんは、コケティッシュな雰囲気の個性派俳優として注目を浴びます。

松田美由紀さんの経歴

  • 10代でモデルデビュー
  • 1979年『金田一耕助の冒険』映画デビュー
  • 1979年『探偵物語』テレビドラマデビュー
  • 『ダンシングドール』歌手デビュー

松田美由紀さんの最近の活動

 

この投稿をInstagramで見る

 

松田美由紀さん(@matsudamiyuki)がシェアした投稿

松田美由紀さんは現在、多方面で様々な活躍・活動されています。

  • カメラマン
  • アートディレクター
  • フリーペーパー『R』制作兼編集長
  • 映画監督
  • 発展途上国の孤児たちへの支援
  • 環境問題、自殺防止問題、エネルギーシフトなどの平和活動

芸能活動以内でも素敵な活動されているのが素敵ですね。20代で3人の幼いお子さんを育てて、苦労されているその先に人として、とても素敵な方だというのが分かります。

松田美由紀さんの若い頃【画像】

出典:インスタ(egutihisasi)

1981年~1982年放送・北の国からで吉本つらら 役で出演した時の松田美由紀さんです。この頃で20歳位と思います。あどけなさもありながらどこか妖艶な雰囲気なのは、松田美由紀さんの目元のせいでしょうか。

そして、1980年5月1日発売された松田美由紀さんの歌手デビュー作『ダンシングドール』のジャケットです。どこかアイドルっぽさも感じますね。

松田美由紀さんの前夫は松田優作さん

出典:インスタ(egutihisasi)

生年月日:1949年9月21日
没年月日:1989年11月6日(40歳没)
出生地:山口県下関市
死没地:東京都武蔵野市
国籍: 1973年に日本に帰化
身長:183cm
血液型:A型
職業:俳優、歌手
活動期間:1972年 ~ 1989年

配偶者
松田美智子(1975年 – 1981年)
松田美由紀(1983年 – 1989年)

松田優作さんは、本妻のいる日本人の父・韓国人の母の間に生まれたために1973年帰化するまで韓国籍でした。

俳優としてすでに「太陽にほえろ」などにも出演していたので人気が出ていたころも韓国籍だったことや帰化して日本人になったことなど、自身からは世間的に公表していなかった様です。

  • 1971年3月、劇団『文学座』の試験で不合格
  • 1971年5月、金子信雄さん劇団「新演劇人クラブ・マールイ」に入団

こうして俳優の道に進みます。

スポンサーリンク

松田優作さん大ブレイクのドラマ

松田優作さんが世間で認知度も上がり、ブレイクしたキッカケのドラマは「太陽にほえろ」でのジーパン役からでした。

出典:Twitter@redshad62864674

松田優作さんはシリーズ第53話から本格的に出演することになりますが、その前に第35話でテスト出演の形で出演し、ショーケンこと、萩原健一さんと共演しています。

太陽にほえろは松田優作さんの代表作の中でも外せないドラマですね。

前妻熊本美智子さんの著書より

劇団「新演劇人クラブ・マールイ」に入団して、1ヶ月早く入団していた前の奥さん、熊本美智子さん(現・作家の松田美智子さん)と出会います。

出会って翌月には東京の世田谷区で同棲生活をします。お父さんが自民党員だったり、学習院女子短期大学英文科にも通っていたという事なので、お嬢様なのではないかと思われます。堀真弓(ほり まゆみ)の名前で女優としてもドラマにも出演していました。

  • 1975年9月21日結婚
  • 1976年12月25日長女誕生
  • 1981年12月24日離婚

離婚後も松田姓を名乗っているのは、娘の苗字を変えない様に優作さんが要求していたということで、元奥さんもそのまま松田となっているとのことです。

松田優作さんとのエピソードでは、知り合った頃に韓国籍だったことを隠していた優作さんでしたが、それを本人以外のところから知ることになった美智子さんは本人には言わず、それでも優作さんのそばにいたことで、それを知った優作さんが偉く感動してくれたということ。

また、優作さんが松田美由紀さんをとても気に入って、美津子さんと暮らしていた家にも連れてきて、3人で会っていたこともある様です。

松田美智子さんの本「永遠の挑発 松田優作との21年」に松田優作さんとの生活に関してのことが詳しく書かれている様です。

松田美由紀さんと松田優作さんの出会いから結婚まで

出典:Twitter@eggwithrice1

1979年、松田美由紀さんと松田優作さんは、テレビドラマ「探偵物語」で共演したことがキッカケで出会います。

優作さんは美由紀さんのことをこんな風に言っていたそうです。

今まで見たことが無いエキセントリックな女だ

この女から離れられない

カントとか哲学書を読んでいるんだ。十八歳で哲学を語るんだぜ、すごいよなぁ

美由紀さんは子供のころから本をよく読んでいた様で、中学生のころには、自己啓発系や哲学書にハマっていたというので、18歳にしてそんな話をする一人の女の子に優作さんは刺激を受けていたのだと思いますね。

結婚していた優作さんですが、美由紀さんの魅力にハマっていき、不倫になり、とうとう前の奥さん・美智子さんと離婚してしまいます。

松田美由紀さんと松田優作さんはW不倫だったのか

写真 渡邉俊夫

松田美由紀さんと松田優作さんはW不倫だったのかという事ですが、美由紀さんは独身でした。なのでW不倫ではないですね。

1983年長男の龍平さんが生まれてから、美由紀さんと優作さんは結婚します。

松田優作さんの遺作:ブラックレイン

出典:Twitter@ibis_1815

映画「ブラックレイン」でハリウッドデビューした松さ優作さんですが、この映画の撮影中にカラダの異変に気付きますが、同じく出演していた故俳優の安岡力也さんだけにしか知らされず、撮影を続けていきます。

出典:Twitter@_BladeRunner_

この映画で気迫あふれる演技は絶賛され、これからハリウッド俳優として…という矢先に病魔に侵されていくことになります。

▼映画公開はこちら
アメリカ:1989年9月22日公開
日本:1989年10月7日公開

こうして映画がアメリカではすでに公開された後、1989年9月28日に入院し、同年11月6日午後6時45分に入院先の病院で最期は膀胱癌が腰に転移し、亡くなります。

実は、映画ブラックレインが松田優作さんの遺作とされていますが、放送は1989年10月7日に放送されたこのドラマが本当の意味での遺作になっています。

松田美由紀さんの姉は熊谷真実さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

熊谷真実さん(@mamiverita)がシェアした投稿

生年月日:1960年3月10日(59歳)
出生地:福岡県
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:160 cm
職業:女優・タレント
ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画
活動期間:1978年 ~
配偶者
つかこうへい(1980年 – 1982年)
中沢希水(2012年 – )
所属事務所:アワーソングスクリエイティブ

松田美由紀さんの実の姉は女優の熊谷真実さんです。演出家のつかこうへいさんと若い時に結婚し、離婚して以来、独身で女優として嘉章夫していましたが、2012年に書道家の中澤希水さんと再婚します。

旦那さんの生年月日は1978年1月6日ということで、熊谷真実さんよりも18歳年下の旦那さんですが、熊谷真実さんがとても若々しく見える事と、旦那さんも年齢より上に見えるので、年齢差の違和感がないですね。

松田美由紀さんの子供

 

この投稿をInstagramで見る

 

松田美由紀さん(@matsudamiyuki)がシェアした投稿

松田美由紀さんと松田優作さんには3人の子供がいます。お父さんの優作さんが亡くなった時、美由紀さんは28歳、長男6歳、次男4歳、長女2歳でした。

3人とも、芸能界という同じ世界にいるので、多くの人の目にとまっていること、そして、三人三様で活躍しているのでみてみましょう。

松田龍平

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryuhei Matsudaさん(@ryuheimatsuda)がシェアした投稿

生年月日:1983年5月9日(36歳)
出生地:東京都杉並区
血液型:B型
身長:183 cm
職業:俳優
活動期間:1999年 ~
配偶者:太田莉菜(2009年 – 2017年)
所属事務所:オフィス作

小学校からサッカーをして、短期ですが、イタリア・セリエAのジュニアチームに参加したことがあるほど、将来はサッカー選手になる夢を持っていたそうです。

俳優になるキッカケは、日本の大監督・大島渚監督の目に留まったことから始まります。

1999年、大島監督の映画『御法度』で俳優デビューし、数々の賞を総なめすることになります。

龍平さんがデビューするとお父さんの松田優作さんにそっくりだと、話題になり、見ている人もどこかで優作さんの面影を重ねていたかもしれません。

松田翔太

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Matsudaさん(@shota_matsuda)がシェアした投稿

生年月日:1985年9月10日(33歳)
出生地:東京都杉並区
血液型:A型
身長:183 cm
職業:俳優
活動期間:2005年 ~
配偶者:秋元梢 (2018年4月25日~)

松田翔太さんの奥さんは大相撲第58代横綱千代の富士の娘さんでモデルの秋元梢さんです。

インターナショナルスクール出身で少年時代は、サッカーで海外留学(イタリアセリエAのサンプドリアのユースチームに所属)もしています。

兄弟ともにサッカーをしていたんですね。それにしても海外留学までしているというのは、優作さんがなくなっても生活には困っていなかったということですね。

15歳で1か月ニューヨーク、17歳2年間のイギリス・ロンドンの美術系の専門学校に留学していたということで英語も堪能です。

2005年、スペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』で役者としてデビューします、そして同じ年、ブレイクのキッカケにもなったドラマが『花より男子』の西門総二郎役でした。

ゆう姫

 

この投稿をInstagramで見る

 

松田美由紀さん(@matsudamiyuki)がシェアした投稿

生年月日:1988年11月30日
出身地:東京都杉並区
血液型:AB型
職業:歌手

ゆう姫さんは、あまりテレビに出演することがありませんが、2019年4月26日(金)に、バラエティ番組「ダウンタウンなう」に出演した際に本人のこと、兄弟の事、家族のことなど話しています。

  • 反抗期が凄かった。
  • 引きこもりで「モグラ」と言われていた。
  • 反抗期の時にお母さんの美由紀さんが「そんなんだったら出ていきなさい!」と言ったら、ゆう姫さんが「ん~、でも私はお金がないし、だったらお母さんが出ていけば?」と言い返して、美由紀さんが出ていって都内にマンションを借りたということがある。

  • 兄の翔太とケンカして、すごいケンカになって手も出たような激しい喧嘩で、見ていた美由紀さんがとにかく助けを呼ばなきゃ!と思い、警察から救急車から全部呼んでしまって大騒ぎになったことがある。
  • ゆう姫さんの悩みは、才能あふれる芸能一家に生まれたゆう姫さん。家族との会話はアートから芝居などいろいろな話題で会話があまりにも充実していることから、同年代の人との会話がつまらないという事がある様です。

お父さんの松田優作さんが亡くなった時は、まだ2歳だったゆう姫さんですが、お父さんの記憶はあまりないかもしれないですね。

スポンサーリンク

松田美由紀さんの代表作ドラマ

松田美由紀さんの代表作ドラマと言えば、女優としてブレイクのキッカケになったのが北海道を舞台のドラマ「北の国から」です。

出典:Twitter@caw534021

1981年~1982年に放送された「北の国から」で松田美由紀さんは 吉本つらら 役で出演しています。

松田美由紀さんの代表作映画

松田美由紀さんの映画代表作として挙げるなら、映画デビュー作の「金田一耕助の冒険」!

1979年公開で当時18歳の松田美由紀さんが大人っぽい事!演技派大根だと言われながらも、デビュー作にしてその存在感では大注目されました。

そして、この映画公開は二本立てで、松田優作さん出演の「蘇える金狼」と一緒に地方キャンペーンがあり、そこで初めて、美由紀さんと優作さんが出会ったという話もあります。

松田美由紀さんの書籍

松田美由紀さんが出版している書籍をまとめてみました。

発売 タイトル 出版社
1992年6月 子宮の言葉 扶桑社
1998年11月 DIAMOND 松田優作 幻冬舎
2005年11月 松田優作全集 幻冬舎
2008年7月5日 片山瞳×松田美由紀 写真集 私の好きな孤独 リトル・モア
2011年11月 好き好き大好き! 明日を生きる言葉 講談社

昔から本が大好きで松田優作さんに、哲学の話をしたりした少女がその後、どんな文章を執筆したのか、興味ありますよね。

created by Rinker
¥1,028 (2019/09/20 07:27:31時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ【松田美由紀の若い頃がヤバイ!前夫の松田優作とはW不倫の末…真相は?】

いかがでしたでしょうか。松田優作さんが亡くなってから、2019年で30年になります。

30年経っても未だに、多くの俳優の心に残る役者・松田優作さん。その優作さんに離れられないとまで言わせた妻の松田美由紀さんを深堀してみました。

昔も今も本当にかわらない妖艶さと、未だに感じるコケティッシュな雰囲気は女性ファンもとてもいいです。

二人の息子さんと、末娘を20代で立派に育てられ、これからますます注目したい女性の一人です。

スポンサーリンク