村田諒太の嫁が園遊会でしゃばりの真相【画像】離婚危機説は本当?




2012年ロンドンオリンピック・ボクシングのミドル級金メダル、その後、プロに転向して、一時期は王座の地位に上りつめ、現在(2019年7月11日時点)はボクシングWBA世界ミドル級4位の村田諒太選手。

ボクシングに詳しくない方にも、オリンピックのメダリストとしては記憶に残っていることでしょう。その村田諒太選手ですが、今、話題になっているのは、奥さんについてです。

村田諒太さんの奥さんが「出しゃばり!?」、そして「離婚の危機!?」そんな噂が出ていますが、その真相とは?深堀してきます。

スポンサーリンク

村田諒太さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota Murata 村田諒太さん(@ryota_murata_official)がシェアした投稿

本名:村田 諒太
生年月日:1986年1月12日(33歳)
出身地: 奈良県奈良市
血液型:AB型
階級:ミドル級
身長:183cm
リーチ:184cm
所属:帝拳ボクシングジム

憧れのアスリート:魔裟斗、室伏広治さん

ボクシングをやるキッカケ

小学校6年生の時に両親が離婚したことで、村田さんは「辛くてすごく嫌だった」という思いをしています。

中学校に入学してしばらくすると、喧嘩をしたり、生活態度も荒れ始め、ある日、金髪にして登校した時に担任に何かやりたいことはないのか?と聞かれ、「ボクシングくらいなら、やったってもええわ」と言ったことがキッカケで、担任の先生が手配してくれた奈良工業高校の週末教室でボクシングをスタートします。その後は次の経緯でボクシングを続けていきます。

  • 中学1年生、奈良工業高等学校で2週間・2カ月で挫折
  • 中学3年生、大阪の進光ボクシングジムに通う
  • 南京都高等学校(現・京都広学館高)ボクシング部入部
  • 東洋大学経営学部経営学科へ進学し、ボクシング部入部
  • 2008年3月、東洋大学卒業
  • 2008年4月学校法人東洋大学に就職、大学職員 兼 ボクシング部コーチとして勤務、のち現役復帰

外部のボクシングジム、そして進学した学校でもボクシングを続けていくことになります。学生時代にも数々の成績を残している村田選手です。

のちに本当は教師になりたかったと、あるインタビューで応えていた村田諒太選手。高校時代に恩師・故武元前川さんへの感謝の思いがあったようです。

高校ボクシング部の監督だった武元前川さんから言われた言葉で、技術よりも「筋を通せ」「人の痛みを知れ」という教えは今の村田諒太選手の心にも刻み込まれているというので、中学生の時に荒れていたが、ボクシングを通じて、人としても成長していけた村田選手ではないでしょうか。

スポンサーリンク

一時引退した理由と復帰の真相

東洋大学に就職してからは、一時期現役を退いていますが、その理由は…

  • 2008年1月のオリンピック・アジア1次予選で準決勝敗退
  • 3月のオリンピック・アジア2次予選初戦敗退

このことにより、2008年8月8日開催の北京オリンピック出場権を獲得できなかったため現役引退を決意します。

ただ、その後、2009年2月に東洋大学ボクシング部の元部員による薬物の不祥事が発覚します。

この時に自分がコーチをしていたにも関わらず止められなかったことに責任を感じ、自分が全日本選手権で優勝することで、お世話になっている東洋大学の名誉挽回させられるのではという思いで、1年半ぶりに現役復帰することにしたという経緯があったようです。

自分が戦いたいという思い以上に恩義とか義理とかいうことにとても重きを置く方というのもとてもよくわかるエピソードです。

村田諒太選手の主な経歴

出典:withnews(朝日新聞)

ロンドン五輪前の2012年1月、ボクシングの年間優秀選手表彰式でアマ最優秀選手に選ばれた

南京都高(現・京都広学館高)、高校5冠
東洋大在学~同大学職員時代、全日本選手権優勝5回
2011年世界選手権、日本勢史上最高の銀メダル
2012年ロンドン五輪ミドル級、日本勢48年ぶりの金メダル

ロンドンオリンピック後プロ転向

2013年8月にプロデビュー
2017年10月にWBA王座奪取

2018年4月にミドル級、日本勢初の防衛成功
2018年10月のV2戦で王座陥落

村田諒太選手と佳子さん(嫁)の馴れ初め【画像】

京都の南京都高等学校から東京の東洋大学経営学部経営学科へ進学し、2008年3月に東洋大学を卒業した村田諒太選は、そのまま東洋大学の職員兼ボクシング部コーチとして就職します。

東洋大学の職員として勤務していた現在の奥さんの佳子さんと職場の飲み会で知り合います。その時に連絡先を交換して、二人で食事などに行く中で交際に発展したとのことです。

村田佳子さんのプロフィール

生江年月日:1982年4月2日生まれ
出身地:京都
出身大学:京都大学

佳子さんの方が年上になりますね。村田選手も奈良出身で関西という事でも、意気投合したのかもしれません。

プロポーズ

村田諒太選手と佳子さんは、2010年5月に結婚しています。

その時のプロポーズが何ともロマンチックで、東京の街並みを見下ろすヘリコプターの中で「東京で一緒に暮らしていこう」と村田選手が佳子さんにいったそうです。

ロンドンオリンピックの約2年前ですね。オリンピックで金メダルを取った時に、奥さんの佳子さんがテレビカメラの前に登場します。村田選手とラブラブという感じでとても仲のいい夫婦という感じでした。

村田諒太選手の子供

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota Murata 村田諒太さん(@ryota_murata_official)がシェアした投稿

村田諒太選手と佳子さんには二人のお子さんがいます。インスタでは、お子さんの顔をだしていませんが、時々登場するお子さんの画像から村田さんの愛情を感じますね。

2011年5月生まれの長男・晴通くんと、2014年5月生まれの佳織ちゃんがいます。

村田選手は、2013年「イクメン・オブ・ザ・イヤー」の井久米園スポーツ部門で受賞しています。なかなかのイクメンパパの様ですね。

佳子さん(嫁)が、いろんな場面で、でしゃばりだと炎上

村田諒太選手の奥さんの佳子さんがいろいろな場面ででしゃばり!?そんな話になっている様ですが真相は?

村田選手がロンドンオリンピックで金メダリストになった際には、報道陣の要求もあったのでしょうか、村田選手にお決まりのメダルを口にもっていくパフォーマンスでカメラに収められていました。

それを見る限りでは、陰で支えて謙虚な…というイメージの奥さんよりは、明るくて現代風の奥さんなのかな?という印象はありましたが…。

出しゃばりと言われる理由は?

ロンドンオリンピック後に、日本人としてミドル級で金メダルは快挙だったこともあり、報道陣の前に現れた村田選手の奥さんは美人であるという事で、メディアも注目したのでしょう。

そして、京大卒業という経歴の才女であるという事も含めて話題になりました。何かあると雑誌やテレビに登場したことでも出すぎ!と酷評されたりしたようです。

冗談かもしれませんが、村田選手にも「出すぎじゃ」と言われたとか。主役は村田選手にも関わらず、目立ってしまったという感じでしょうか。

村田諒太選手の嫁が園遊会でしゃばり?

村田選手がメダリストになあったことで、園遊会に夫婦で招待されたのでしょう。その報道がされると、村田選手よりも目立っているなど、「出しゃばり」説が出回ったようですね。

2012年ロンドンオリンピックでメダリストになり、その後から奥さんのメディアへの出演依頼も多かったのですが、2012年の終わりくらいには、佳子さんへのバッシングがネットでも多くなり、2013年からメディアの露出もなくなっています。

なかなか、有名人の家族という事で色々とは大変ですよね。ただ、芸能人ではない、アスリートの奥様なので、あまりテレビなどに出ていろいろ言われてしまう対象になってしまうのは、村田選手に対してもよくないですよね。

ネット上に奥さんの佳子さんについてこんな投稿もあります。

決して悪い噂ばかりではないですよ。

佳子さん(嫁)は壇蜜に似てる?

村田諒太選手の奥さんの佳子さんがタレントの壇蜜さんに似ていると評判ですが…。いかがでしょうか。

まさか髪型だけ?という声もありますが、壇蜜さんと言えば、妖艶な雰囲気の女性です。村田選手の奥さんとはちょっとタイプは違う様な気がしますが…。

村田諒太選手の離婚危機って本当?

村田諒太選手と奥さんに離婚の危機がささやかれています。その噂もオリンピック後に奥さんがテレビなどの露出が増えたことで、村田選手がこの様なコメントを出しました。

『やたらとテレビに出ているみたいなんで、メールで説教しておきました。陰で支えてきた話を表ですると美談じゃなくなる』

という事は、村田選手の了承を得て、テレビなどに出演していたのではないのでしょうか。夫婦の間では離婚の理由になりまでのものではなかったと思われますが、やはり「出たがり」の奥さんの性分が仇になっていたのは間違いない様です。

現在、離婚の噂はない様ですね。

村田諒太選手のヤンキー時代がヤバイ!

あのかっこよくて、やさしげな村田諒太選手がこんな過去が!??と思われる画像です。小学生の時に両親の離婚がキカッケで中学校の頃からヤンチャな村田少年になってしまったようで、高校の時も怖かったかもしれませんね。

でも人の根っこにあるものは、変わらないので、基本はいい人だったに違いありません。

村田諒太選手はイケメンと話題

出典:NumberWeb

村田諒太選手がイケメン!と話題になっています。確かに、なかなかのイケメンですよね。でも村田選手がイケメンなのは、容姿だけではないんです。

村田選手は試合をする相手に対して、「リスペクト」を忘れない、Number Webではこの様に書かれています。

リスペクト――。 お互いを認め合い、拳を交えて死力を尽くす。それがボクシングの醍醐味なのだと村田自身、感じてきたことだ。

引用:Number Web

そういう精神であるアスリートという点でもイケメンなのだと思います。女性だけではなく、男からも好かれる男ちう感じでしょうか。

2017年王座決定戦の敗北~新王者へ

出典:withnews(朝日新聞)

2017年日本で行われたWBAミドル級王座決定戦、相手はフランスのアッサン・エンダム選手でした。

村田諒太がプロ転向して初めての王座決定戦という事で、ロンドンオリンピックの強い村田諒太選手のイメージもまた再来!というので多くの期待の声が上がっていました。

2017年王座決定戦の敗北

試合では、4回でダウンを奪うなど村田選手有利と思いきや!1-2の判定で村田選手がプロ13戦目で初黒星となってしまいます。

この時、多くの人が「判定に疑問」と呈していましたが、村田選手自身はその判定に対して、不服を口にすることはなかったッと言います。

その時の試合のことを聞かれた村田選手の口から出た言葉は、オーストリアの心理学者ビクトール・フランクルの言葉「人生に意味を求めてはいけない。人生の問いかけに応えていくのだ」という言葉だったそうです。

「起こったことを受け入れて、自分に何ができるのかを考えという意味だと村田選手自身が、前をむくために人生の導きの中で見つけた一つの答えかもしれません。

ある記者が村田選手にインタビューするために初めて会った時の印象が、なんて目のやさしい男なんだろうと思ったというのを何かに目にしたことがありますが、そんなやさしい目を持つ中でも心の中には強い闘志を感じます。

スポンサーリンク

新チャンピオンの誕生

王座決定戦で敗北してから5か月後、チャンピオンになったエンダム選手に今度は挑戦者という立場で再戦することになります。

2017年10月22日、エンダム選手に勝ち、WBAミドル級チャンピオンとなった村田選手。その後は、2018年4月にミドル級、日本勢初の防衛成功しますが、2018年10月の2度目の防衛戦は負けてチャンピオンベルトを手放してしまっています。

村田諒太選手のファイトマネー

ボクサーのファイトマネーっていくらなのでしょう。村田諒太選手は?

村田諒太選手がプロに転向し、デビュー戦のファイトマネーは、オリンピック金メダリストという事もあって1000万円だったようです。これは通常のボクサーに比べて破格なものだった様です。

1000万円という金額から所属ジムにマネージメント料が払われ、残りが選手の収入になります。

大まかな情報ですが、ファイトマネーは一般的に階級によっても変わったり、日本タイトルや世界戦などでも変わります。

ちなみに目安として、日本タイトルで数十万円~数百万円、世界戦では3000万円~1億円と言われています。

海外ではペイ・パー・ビュー(PPV)の収入が驚きの収入に!

「ペイ・パー・ビュー(PPV)」とは?一言でいうと、有料チャンネルのことで、そのチャンネルで放送される試合を観たいという人が、お金を払ってその試合を見る権利を買います。

人気の試合になると、それだけ売れて報酬に還元されるということで、おのずとファイトマネーもアップしていきます。

村田諒太選手がチャンピンもしくは世界的に人気プロボクサーとして知名度を上げれば、このシステムで大金を手にすることもできるという事です。

ちなみに世界的に大人気の一戦、2015年のメイウェザー(米)VSバッキャオ(比)のウエルター級タイトルマッチの試合では、PPV:440万件が売れて二人合わせたファイトマネーが360億円になったと報道されました。

村田諒太選手の年収

村田諒太選手がプロに転向してから、平均して年3回くらいで試合をしていました。それを基準に年収を考えてみると、最低で1000万円~3000万円のファイトマネー、その他にも村田選手にはスポンサーもついているので、スポンサーからの収入もあります。

1社のスポンサー料として、3000万円~4000万円ではないかと言われています。それが数社となるとスポンサー料だけでも億を超える収入ではないかと言われていますが、現在、WBA世界ミドル級4位の村田選手、2018年10月のV2戦で王座陥落した時の相手で現在1位のブラントとの一戦がまた現実になると、そのファイトマネーは期待できますね。

2018年村田諒太選手、現役続行を表明

出典:スポーツ報知

2017年10月にWBA王座奪取、2018年4月にミドル級初防衛成功、2018年10月のV2戦で王座陥落して現在に至っている村田諒太選手のその後の進退に注目が集まっていましたが…。

「あのボクシングで終えたくない」と村田選手が王座返り咲きを決意して本格始動したと2018年12月5日スポーツ報知が伝えました。

V2戦で王座陥落した試合結果0-3は本人も不本意だったに違いありません。試合直後は引退を考えていた村田選手だった様ですが、スポーツ報知ではこの様に報道されました。

中学時代から夢に見た本場・ラスベガスのリングで王座を手放した。「終わった瞬間は、やめようという気持ちが大きかった。98%くらい、ほぼやめようと」。多くのスポンサーがつき、一存で決められない。進退を保留して同23日に帰国。家族、陣営らと相談した。

父・誠二さん、妻・佳子さんに、体への負担を心配された。長男・晴道君(7)の「もう一回負けたらやめていいからね」という“上から目線”の言葉に腫れた顔がほころんだ。

引用:スポーツ報知

まだ幼い息子さんの言葉って大きいですよね。やめようと思っていた気持ちが揺らぎ、負けえた悔しさがが込み上げてきたと言います。

自分に正直に生きていく選択の中で再び王座への挑戦を決意した様です。そして、その日がついにやってきます!

村田諒太選手、次戦2019テレビの放送日と時間

出典:ボクシングニュース

2019年7月12日チャンピオン:ロブ・ブラントとの一戦が始まります。必ずベルトを取り返すと決意を表明している村田諒太選手です。

■2019年7月12日 (金) 17:45開始
会場:エディオンアリーナ大阪・第1競技場

■テレビ放送:フジテレビ 20:00開始

まとめ【村田諒太の嫁が園遊会でしゃばりの真相【画像】離婚危機説は本当?】

いかがでしたでしょうか。ボクシング・村田諒太選手にスポットを当てて、今話題になっている村田選手の奥さんの噂などを深堀してみました。

出しゃばりと言われながらも、離婚の情報はただの噂の様です。それより、再び現役続行でやはりここは奥さんの支えも必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク