中島翔哉のスパイクが黒塗りで話題!年俸や海外の反応と嫁子供は?




日本代表チームの試合で他の選手はカラフルなスパイクを履いている中で、一人だけ黒塗りスパイクでプレーしていると逆に目立っていたのが、中東カタールのアル・ドゥハイルSCと移籍金3500万ユーロ(約44億円)日本人史上最高額で契約したと言われてる中島翔哉選手です!

なぜ、ヨーロッパではなく、中東のカタールなのか?気になる年棒は?家族は?など、今、日本代表選手で一番「旬」な選手の中島翔哉選手にスポットを当てていきます!

スポンサーリンク

中島翔哉選手のプロフィール

出典:インスタ(yui_inuitakashi)

名前:中島翔哉(なかじましょうや)
NAKAJIMA Shōya
生年月日:1994年8月23日(24歳)
国籍:日本
出身地:東京都八王子市
身長:167㎝
体重:62kg

在籍チーム:カタール「アル・ドゥハイルSC」(2019~)
ポジション:MF / FW
背番号10
利き足:右足

今一番旬のサッカー選手として絶対的に名前が挙がる中島翔哉選手!2019年から中東カタールのアル・ドゥハイルSCに完全移籍することになり、その移籍金などでも破格の対応!と話題になりました。

中島選手の両親は中島選手が6歳の時に離婚されていて、お母さんに引き取られてその後、過ごしています。

それでも中学時代から3度のブラジルサッカー留学されてくれるなど、一所懸命にサポートしていたそうです。

中島翔哉選手の過去所属クラブ

所属期間 チーム名
2012-2013 東京ヴェルディ
2014-2018 FC東京
2014 カターレ富山 (期限付)
2017-2018年6月30日 ポルトガル・ポルティモネンセSC( 期限付)
2018-2019 ポルトガル・ポルティモネンセSC
2019- カタール・アル・ドゥハイルSC

 

中島翔哉選手の日本代表歴

編成
2011 日本 U-17
2013 日本 U-19
2014-2016 日本 U-21・22・23
2018- 日本A代表

 

中島翔哉選手の出身校と経歴

中島翔哉選手の出身校と経歴はこちらです

  • 小学校:八王子市立別所小学校
    ・二つのサッカークラブ入部
    ・フットサルクラブ入部
    ・10歳、小学校5年で東京ヴェルディ下部組織入団
  • 中学校:八王子市立別所中学校
    ・ヴェルディジュニアユースに昇格
    ・3度のブラジルサッカー留学
  • 高校:都立調布南高等学校→第一学院高等学校に編入
    ・ヴェルディU-18 に昇格
    ・2010年東京都選抜で国体優勝

10歳の時から入団していた東京ヴェルディ下部組織で昇格してきて、高校3年生の時に2種登録選手として、Jリーグデビューしています。

小学校のころからお母さんのサポートもあり、すでに頭角を現していた中島選手。サッカーに集中出来た環境もあったようです。大学進学はしていません。

スポンサーリンク

中島翔哉選手の結婚相手(嫁)と子供

2017年からポルトガル・ポルティモネンセSCに期限付きの移籍をした中島翔哉選手ですが、そのタイミングで結婚も発表しています。交際2年での結婚としいうことで、現在、お子さんの情報がない様です。

2019年カタールのアル・ドゥハイルSCへの移籍の際に、奥様とワンちゃんが快適に過ごせる環境であることもアル・ドゥハイルSCに決めた一つの要因だったとか。カタールの生活も奥様がしっかりサポートしている様ですね。

残念ながら奥様は一般人という事で詳しい情報はありません。

中島翔哉選手のスパイクが黒塗りで話題

出典:インスタ(satosoccer10)

中島翔哉選手がブラックアウトスパイクを着用しているとして話題になっています。2019年5月のカタール国内リーグ・カップ戦ですでにブラックアウトスパイクを着用し、6月5日・9日のキリンチャレンジカップでも着用していました。

それまで「アディダス ネメシス 18.1 FG/AG」を着用していたことでも知られていましたが、中島選手はU-17のころから将来期待される選手として、スポーツメーカーでの注目されていた選手です。そこで早くからサポートしていたのがアディダスというわけで、プロになった後もアディダスとの関係が続いていました。

ブラックアウトスパイクにはメーカーの名前やロゴも一切入っていません。となると、完全に中島選手用として作られたシューズという事だと推測されます。

となると?アディダスではない?スポンサー契約しているという事になると、メーカーのロゴを出して要は選手が広告塔となるのが当たり前。

そのロゴさえないスパイクとは?

実はこのスパイクは、ミズノ「レビュラ3JAPAN」であるという情報があります。

https://twitter.com/koheisblog/status/1130368910635614208

このスパイクをブラックアウトで着用しているという事は、まず考えられるのが、アディダスとの契約が切れて、ミズノとの契約交渉中なのでは?試しに着用している段階ではないかという事です。

正式に契約が出来ないとメーカーの名前を出すことが出来ないために完全ブラックアウトとして着用しているということですね。

ミズノのロゴ入りで同じスパイクを着用した場合は、めでたくスポンサー契約が成立したのだという事になりますね。

中島翔哉選手のスポンサー

出典:インスタ(samurai_blue_msk25)

中島翔哉選手のスポンサーと言えば、長い間アディダスでした。現在、スパイクに関して言えば、ミズノのブラックアウトスパイクを着用していることからもしやアディダスとの契約が終了したかもしれないと噂があります。

ただ、以前にアディゼロ F50着用のころには、派手な色のスパイクが好きと言っていた中島選手です。

それは、子供たちにも見やすいし、テレビやスタンドで試合を観ていても、すぐに自分だとわかってもらえるという意味もある様です。

そして他の人と同じというのもこの好まない様で、世界のトップ選手の様に、自分モデルのスパイクを作ってもらえるような待遇を受けられる選手になりたいと言っています。

ということで、今、注目されるのがアディダスなのか、ミズノなのか、スポンサーがどこになってどんなスパイクを履くのが楽しみです。

中島翔哉選手の移籍先

出典:インスタ(tomy7_2020)

中島翔哉選手の移籍先は、カタール1部リーグ、首都ドーハを本拠地としているアル・ドゥハイルです。完全移籍ということで、日本でも海外でも、ヨーロッパのポルトガルから中東のカタールに移籍!?と大きな話題になりました。

中島選手と同じく2019年移籍するのはモロッコ代表のメディ・ベナティアです。ロシアワールドカップではキャプテンを務めた選手です。

ヨーロッパのトップチームからも注目されている中島選手がカタール移籍を決めた真意とはなんだったのでしょうか。

スポンサーリンク

中島翔哉選手の年俸推移がすごい

ポルティモネンセSC所属していたでサッカー・日本代表の中島翔哉選手ですが、2019年にカタール1部のアルドゥハイルに完全移籍というニュースが報道され、驚きだったのが、その移籍金の額や年棒でした。

移籍金は3500万ユーロ(約44億円)で日本人の移籍金としてはこれまでの最高額です!そして年棒は年俸350万ユーロ(約4億4000万円)とのことです。ちなみに2017年FC東京時代の年棒は3500万円だったという事です。

日本人のプロサッカー選手で国内でプレーしている選手の年棒というのは決して、高い金額ではありません。自分を高く評価してくれて、高学年棒を手に入れるのは、やはり海外のクラブに注目され認められるしかないですよね。

日本人選手がもっともっと注目されて価値が上がる、イコールサッカー人気も高くなり注目されることになります。

やはり、子供たちに日本人でもプロサッカー選手になったら、こんな稼げる!という夢を与えてくれる選手の一人に中島翔哉選手もなっていってほしいと期待します。

中島翔哉選手の海外の反応は?

出典:インスタ(so_grams

中島翔哉選手の最新情報として、韓国のスポーツ総合サイト「スポータルコリア」がポルトガルのスポーツ紙「OJOGO」の記事からの引用として報道したのは、こちら!

「中島はカタールでの生活に満足していない。移籍に対する後悔が大きくなった中島は欧州復帰を求めている。これに合わせてFCポルトがレンタルでの移籍を進める計画だ」

引用:ZONE WEB

中島翔哉選手が移籍に関して、中島選手に興味を示していたPSG(パリ・サンジェルマン)・ヨーロッパではなく、中東への移籍に関しては、「なぜ、カタールなんだ!?」「結局は、金なのか」「がっかりだ!レベルの高いサッカーを捨てた!」「中島には近い将来、ヨーロッパのレベルンの高いチームでプレーするチャンスを得てほしい」いろいろと言われていました。

中島選手は実際、カタールでどのように感じているのでしょうか。

中島翔哉選手のカタール移籍はなぜ?

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1140811980489367552

世界のサッカー・トッププレイヤーは今、活躍の舞台がヨーロッパ中心となっています例えば、アルゼンチン出身のメッシがスペインリーグのバルセロナ、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドはイタリアのセリエA・ユヴェントスFC、ブラジルのネイマールはフランス・PSGなどなど!

ポルトガルのポルティモネンセで活躍し、世界的ビッグネームのクラブからも注目されている中島翔哉選手がなぜ、中東カタールのアル・ドゥハイルなのかと多くの人が興味を持っています。

中島選手自身が移籍に関して根底にあること、それは自分にとっていいチームというのがあるようです。

「まずはやっぱり自分に合ったクラブ、サッカーを楽しめるクラブですね。自分の良さを出せるか、チームとの相性はどうなのか、そういうところを見極めるのも大事だと思います」

引用:Number Web

そして、カタールでプレーするという事がとても意味があることというのをまとめてみました。

  1. 2022年サッカーW杯開催国はカタールでそこでプレーするという事が大きなメリットがある。
  2. カタールのクラブチームに所属することで、サウジアラビア、UAE、イラン、ウズベキスタンのクラブチームと戦う機会が多く、常にそれを戦いの中で感覚として身につけられる。
  3. 知識と経験豊富な新監督ルイ・ファリア氏との信頼関係

「監督とは移籍が決まる前に何度か話して、『チームに来て欲しい』と言っていただきました。普段からとても良い人で、友人のように接してくれる部分もあるので、ピッチ内でもとてもやりやすさを感じています」

引用:Number Web

アル・ドゥハイルのチームメイトの初対面の時からとても印象がよかったようでスムーズに溶け込むことが出来たというのもあったようです。

また、中島選手はアル・ドゥハイルというチームが日本のプレースタイルとヨーロッパの要素の両方がうまく合わさっているというので、自分に合っているという事も言っています。

ただ、アル・ドゥハイルとの契約は4年半という情報があります。中島選手に興味を示しているクラブの中でも特に!注目されるのが、運営法人がカタールの政府系投資ファンド「QSI」の「パリ・サンジェルマン(PSG)」です。

PSGと言えば、フランスの若きエース、キリアン・エムバペ種が所属していて有名です。

中島翔哉選手がすごいといわれる動画

中島翔哉選手のゴールシーンを集めた動画があります。どれも最高のゴールシーンですが、特に1分31秒当たりのシーンではDF3人を軽やかにかわす中島選手のドリブルシーンがあります、必見!

中島選手は2014年カターレ富山のころの以前のインタビューで「見ている人を楽しませるようなプレーができているかどうか」という事を語っています。

まさに今の中島選手は見ていて楽しいと思える最高のプレーを見せてくれていますね。

サッカーはDAZNがオススメ!2か月間無料!

DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。

世界最高峰の様々なスポーツをライブ&オンデマンドで提供することより、ファンは好きなチーム、リーグ、プレイヤーの試合を、いつでも、どこでも、好きなだけ、観戦することを可能にします。

年間7,500以上の試合をお手頃な定額料金で、コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。

※現在は、2か月間無料となっていますが(2019年6月21日現在)、確実な詳細についてはホームページで確認ください。

DAZN公式ホームページ

まとめ【中島翔哉のスパイクが黒塗りで話題!年俸や海外の反応と嫁子供は?】

いかがでしたでしょうか。2019年、カタール「アル・ドゥハイルSC」に移籍したことで、日本だけではなく、海外でも注目されている中島翔哉選手を深堀してみました。

スパイクが黒塗りになった!とサッカーファンの間ではそんなスパイク事情も話題になっています。移籍に関して、移籍金や年棒などに焦点が集まるところですが、どうしてカタールだったのかというのにも注目してみました。

これからもっと海外で活躍してくれる選手に間違いないでしょう。

スポンサーリンク