ノートルダム大聖堂の火災はテロ?GWに影響は?【動画・画像】

Nōtorudamu taiseidō




ノートルダム大聖堂と言えば、まさにパリの象徴ともいえる寺院です。このパリの象徴ともいえるノートルダム大聖堂が燃えてしまったということで衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか?

2019年4月15日午後時(現地時間)美しい歴史的建造物がほぼ全焼ということでニュースで流れていますが、世界文化遺産が焼けてしまうというのは衝撃的かつ寂しいことでもあります。

今回は、ノートルダム大聖堂の火災はテロではないのか?現在、調査中のようで考えられる出火原因、GWにパリに旅行する人には影響はないのか?火災が起きる前のノートルダム大聖堂、再建予定はいつ頃になるのか?ネット上の反応は?を、まとめてみました。

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂の火災のニュース

フランスのパリを代表する観光名所でユネスコの世界文化遺産にも登録されているノートルダム大聖堂で、現地時間の15日夜、日本時間の16日未明、大規模な火災が発生し大聖堂の中央部分が崩れ落ちたほか正面の塔にも火が燃え移り消火活動が続いています。

フランスのパリ中心部を流れるセーヌ川の中州、シテ島にあるノートルダム大聖堂で現地時間の15日午後7時前、日本時間の16日午前2時前、火災が発生しました。

大聖堂の中央部分が最も激しく燃え、高さおよそ90メートルのせん塔や周辺の屋根が火災発生からおよそ1時間後に崩れ落ちました。

その後、火は正面にそびえるふたつの塔のうち北側の塔にも燃え移り、現場ではいまもおよそ400人の消防隊員が消火活動を続けています。

消防によりますと、消火活動中に隊員の1人が大けがをしたほか、これまでに大聖堂の屋根の3分の2が崩れ落ちましたが火の広がりは抑えているとしています。

大聖堂は火が燃え広がったときには閉館後で、中に観光客はいなかったとみられ、内務省の高官は今のところ死者は出ていないと話しています。

消防は大聖堂の屋根裏付近から火が出たとみていますが、詳しい原因はわかっておらず、地元の検察当局は失火の疑いで捜査を始めたことを明らかにしました。

大聖堂では建物の周りに足場を組んで修復などの工事が行われていました。

ノートルダム大聖堂は850年余り前の1163年に着工したゴシック建築を代表する建物で、1991年には周辺の歴史的な建築物などとともにユネスコの世界文化遺産に登録されました。

大聖堂には日本人も含め世界中から年間およそ1200万人の観光客が訪れるということでパリ屈指の観光名所として知られています。

引用元:NHK NEWS WEB 

2019年4月15日午後7時(現地時間)に火災が発生したようですが、ノートルダム大聖堂は通常の閉館時間が、18時45分ということで閉館して間もない時間帯に火災が起きたようです。

ノートルダム大聖堂の火災【動画:画像】

 

View this post on Instagram

 

Qatar Mirrorさん(@qatarmirror)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

EL PAÍSさん(@el_pais)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

ABC Newsさん(@abcnews)がシェアした投稿

ノートルダム大聖堂火災はテロの可能性はあるのか?

フランスを始めヨーロッパでテロが相次いでいます。この大規模火災もテロの仕業なのではないか?という声も上がっているようです。

火災の原因は「はんだこて」

出典:FNN.jpプライムオンライン

今現在も原因については調査中のようですが、今現在の発火原因として現地で推測されているのは先月、ノートルダム大聖堂の改修工事をしていたようで屋根の足場付近から出火したという見方があるようです。

スポンサーリンク

GWにパリに旅行する人たちに影響はないのか?

今回の長い10連休にパリに観光に行く人も多かったのかもしれません。観光地となっているノートルダム大聖堂での火災…。観光でみれないということに残念な人も多い様子です。

入場に関しては、無理なようで遠くからノートルダム大聖堂を眺めることになりそうです。復旧にも数年はかかるといわれているようなので、いつ行けるのか…今のところはなんともいえない…とパーパスジャパンメディア事業部・迫田健路部長はコメントしています。

火災が起きる前のノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂の再建予定は、いつ頃になるのか?

今回の火災の規模が動画を観ても非常に大きな範囲だというkとが分かると思います。再建するには、どのくらいの期間がかかるのでしょうか?いろいろ調べてみて分かったことは、専門家の話で10年以上もかかるということです。

理由はいくつかあるようです。

以前と同じ材料で建て直さなければならない
同じ伝統的な工法を使って再建し再現が必要となる

この2つの理由に加えて最も重要とされているのもが…

世界にある1092建の世界遺産の中でも最も重要な建築物のひとつである

やはり…これだけ美しい世界遺産となると大規模なスケールでの再建となるようです。10年かぁ~…途方に暮れる期間ですね。

ただ、マクロン大統領は5年以内を目処に再建すると断言しているようです。

すでに直接、観光で見てきた人がうらやましい限りです。

ネット上の反応は?

まとめ【ノートルダム大聖堂の火災はテロ?GWに影響は?【動画・画像】

今回は、ノートルダム大聖堂の火災はテロではないのか?現在、調査中のようで考えられる出火原因、GWにパリに旅行する人には影響はないのか?火災が起きる前のノートルダム大聖堂、再建予定はいつ頃になるのか?ネット上の反応は?を、まとめてみました。

やはり現地の人だけではなく日本でもショックだという声が多いようです。個人的に行ったことはないものの死ぬまでに一度は行きたい候補の一つだけだったたけに残念でなりません。

GW期間中に、パリに旅行を計画してノートルダム大聖堂に行く予定だった人も非常に残念な思いをしていると思います。復旧までには時間がかかるということです。

スポンサーリンク