2019年・入学式に母親が着る似合う人気スーツ【30代・40代・50代】




卒業式が終わったと思えば、すぐに入学式…。卒業式で我が子の成長に感動し涙を流し感動するのも束の間のことで、すぐに入学式の準備に備えなければいけないという母親にとっては慌ただしい時期でもありますね。

とはいえ、入学式という子供にも母親にも晴れ舞台で失敗はしたくない…子供には恥を欠かせたくないというのが親心でもあります。

今回は、慌ただしく時間のないお母さんに手っ取り早く決めれるように題して『2019年入学式に母親が着る似合う人気スーツ【30代・40代・50代ということで年代別にまとめてみました。また、入学式にかかる服装の相場や購入やレンタルのメリットも、まろめてみました。読み終わる頃には、入学式に着る服装も解決していることと思います。

スポンサーリンク

入学式に母親が着る似合う人気スーツ【30代】

30代の母親は、20代の自分に比べると普段、来ている服もそろそろ落ち着いた感じになってくるかと思います。
入学式に選ぶ服装は、上品なイメージを与えるような清楚な感じをかもしだしているような服装を選ぶのがポイントとなります。

  • ワンピースを選択するのであればノーカラージャケットやテーラージャケットを選ぶのが定番
  • 落ち着いた感じを出し過ぎて全身黒でコーディネートすると暗いお葬式になるので注意
  • コサージュなどの小物は派手なものや色はさけて、さし色程度のものを選ぶ
  • 寒さを感じそうであればパンツスーツもあり


※クリックすると楽天にとびます。

※クリックすると楽天にとびます。

※クリックすると楽天にとびます。

最近の入学式は自分が子供の頃に母親が着ていたようなガッチリしているような、いわゆるマザーズスーツのような堅苦しいものではなくなってきています。
学校側が気を利かして暖房なども入れてくれていますが、地域によっては暖房で間に合わないくらい寒いところもあるのでスカートよりもパンツスーツを選択する人もいるようです。

スポンサーリンク

入学式に母親が着る似合う人気スーツ【40代】

40代になると、30代の母親より大人の上質なファッションを心掛けて素材重視で上質なフォーマルスーツを選択することがポイントとなります。40代というと、やはり30代の時の自分と比べて体系の変化も出てきます。

変わらずに体系を維持できている人は別として、サイズが大きくなるにつれてバラエティに富んだスーツが選択できなくなる…といった悩みも出てきてしまうのもしばしば…。
そういった時には、デパートなどではなく最近はネット通販でもサイズも大幅に取り揃えているので活用するのもお勧めです。

  • 20代や30代の若い母親と張り合っても逆に目立ってしまう
  • 着物での入学式出席もあり、明るめの着物をチョイス
  • カジュアルすぎないように注意する
  • 上質な素材を選択する


※クリックすると楽天にとびます。



※クリックすると楽天にとびます。

40代ともなるとスーツを何着も持っている人もいるかと思います。ですが実際、スーツも洋服と同じように流行りがあります。何年もの前のものは出来るだけ避けるようにしましょう。気になるようであれば客観的に見て今の時代でも問題ないのか誰かに聞くのもいいですね。

20代や、30代と比べて体系が気になる頃でもありますが、間違っても体系をカバーしようとしてチュニック系を選択するのは避けましょう。なぜなら、チュニック=おばさんが着る服というイメージが出来上がってしまっているので避けた方がいいです。

入学式に母親が着る似合う人気スーツ【50代】

50代になると若すぎても嫌、老けすぎても嫌といった微妙な時期でもあります。大人の可愛いフォーマルスーツというのも最近ではバラエティに富んだものがあるので昔ほど悩むこともないかと思います。

体型が少し気になるという方は、自分の体型よりも大きめのサイズを選んでしまいがちですがロング丈のスカートを選んでみるのもポイントです。「んっ?ロング丈?」と思うかもしれませんが、ストンと落ちるようなロング丈のスカートは着やせ効果も抜群といわれているんですよ。

  • コサージュなどの小物も落ち着いた雰囲気ものをチョイス
  • コサージュはジャケットの記事に合わせるようにする
  • 靴とカバンは同色系の色でそろえる
  • アクセサリーは上品な真珠のようなものを選ぶ
  • 体型にあった服装をチョイスし、上品なデザインや生地
  • ツイード生地のスーツや光沢のあるスーツを選ぶことで上品な雰囲気になる
  • スーツはブランドのジャケットですかーとは長めを選ぶことによって足長効果

入学式に流行っているアクセサリーと言えば2連、3連の真珠のアクセサリーを思い浮かべる人も多いと思いますが50代の方には、おススメできません。むしろ、一粒一粒が大きい真珠のネックレスを付けることによって、より落ち着いて上品に見えます。

入学式や卒業式の服装の相場ってどのくらい費用がかかる?

3月の卒業式、4月の入学式と立て続けに行事がありますが、基本的に卒業式に来ていった服装で問題はありません。殆どの母親が、着回しをしていることが多いのが現実です。

卒業式も入学式も基本的にフォーマルスーツが主流となっています。時として、着物を来て出席しているお母さんも全体の一割くらいいるようですね。

スーツの場合ですが値段もピンキリです。頭のてっぺんから足のつま先まで高いものを揃えようと思えば、やはり質がいいのでしょう…それなりのお値段になってしまします。

一般的の相場として…

ブラウス 1万円前後
スカート 1万~1万5千円前後
ジャケット 2万円前後
靴 5千円~1万円前後
バック 5千円~1万円前後
アクセサリーやコサージュなど 安いもので1000円程度

ざっくりとトータルで、ゆうに5万円は超えてしまうんです。主婦にとっては結構、いたい出費になってしまいますね。

購入の場合は、いずれ自分のものになるとしても値が張るのでいいものをきて入学式に出席したいと思っているお母さんは最近、スーツのレンタルなどもあるので、利用している人も増えているみたいです。

スポンサーリンク

スーツ選びは購入?レンタル?

購入するとなると、上から下まで結構、金額が大きいですが、入学式だけではなく卒業式、小さなお子さんが居る場合には七五三などにも着れるので個人的には購入をオススメします。

基本的にフォーマルスーツなので、式などの場面では大活躍します。長く使用することを考えればトータル的に考えてレンタルよりは安くつきます。子供の多い家庭であれば、なおさら…何度も入学式や卒業式に出席の回数も多くなります。

コサージュなども、ちょっと変えるだけで見た目のイメージもまた変わってきます。小物を上手く使いこなして飽きのこないようにすることもポイントです。なので、何回も袖を通すことを考えれば、やはり質のよいいいものを購入していた方がいいですね。

ですが、レンタルのスーツもありかな?と思うお母さんもいるかと思います。レンタルでも安く済ませることが出来るので例えば、今まで自分のスーツを持っていたけれど、体型が変わったことで着ることができなくなった場合や、今度が最後の入学式になる場合(高校や大学など)次にフォーマルを着ることがないような場合は断然、レンタルが安く出来ます。今後の自分の予定に合わせて、レンタルを利用するのもアリですね。

EDIST. KIDS Bristaブリスタ

ファッションの中でも小物系やバックなどのレンタルがあるようです。購入するまでもないものはレンタルを利用する方が断然、お得になったりもするので参考にしてみてくださいね。

まとめ【2019年・入学式に母親が着る似合う人気スーツ【30代・40代・50代】

入学式は、晴れやかな日。子供にとっては一生に一度の入学式でもあります。子供に恥ずかしい思いをさせないためにも、しっかりとした服装で行きたいものですね。

母親は女性なので、やはり体系も、それなりに変化していきます。体系が変わらない人でも、ずっと同じスーツだとすれば流行りのスーツなども違ってくるので方の古いスーツは出来るだけさけるようにしましょう。

購入もレンタルも自分の、これからの用途に合わせて利用するといいですね。素敵な一日になりますように!

スポンサーリンク