小学校入学祝いを贈る相場は?【孫や友人の子供】いつまでに贈る?




小学校と言えば、誰しもが通る道…今年の春から、いよいよランドセルを背負って楽しい小学校生活が始まると思うと子供達はウキウキ、ワクワクの真っただ中ですね。

親しくしている友人の子供が小学校に入学するとなると、ささやかでもお祝いをしたいと感じるとおもいます。また、お孫さんの入学は、やはり孫の成長も感じつつ入学祝いを贈りたいと感じるでしょう。

今回は、小学校の入学祝いを贈る場合、相場はいくらくらいなの?ということで、友人の子供が小学校に入学する場合の相場、友人の子供に入学祝いを贈った方がいいのか?お孫さんが小学校に入学する場合の相場、入学祝いを贈る場合は、いつまでに贈るといいのかを、まとめてみました。

スポンサーリンク

友人の子供が小学校に入学する場合の相場

友人の子供が小学校に入学することになり入学祝いを考えているのであれば、相手の友人との親密度によっても変わってきます。もし、少しでも金額が少ないのではないかな…?と思った時には金額をより多めに渡す方がいいです。
少なくて不安に思うよりも祝い事なので多めに入れておいた方がいいでしょう。

贈る人が30代までの方 3,000円~5,000円
贈る人が40代までの方 5,000円~10,000円

ただし…いくら長年の親友と言えど、あまりに大きな金額を贈ってしまうと贈られた側は困ってしまうので極力、負担を感じないように心遣いも必要となります。もし、自分がこの金額をもらったらどう思う?金額が多すぎて困る…と置き換えてみて考えると分かりやすいかと思います。

友人の子供に入学祝いは贈った方がいいの?

そもそも、仲の良い友人の子供に入学祝いを送った方がいいのだろうか…?と、ふと思った方もいるかもしれません。結論から言うと、贈っても贈らなくてもいいです。必ずしも贈る必要はないということ、要は気持ちの問題だと思います。

もし、入学祝いを贈ったのであれば、自分の子供が小学校入学をする時に、お返しとしてもらう側になります。ただし、自分は子供が一人なのに相手の人は3人、子供がいたりケースバイケースということが、ほとんどです。

そうなった場合、自分は一人分の入学祝いで相手には3人分の入学祝いを贈ることになる…こう考えると、損した得したなどの不満も感じる人も多いようです。

お祝いをするということで大事なのは「気持ち」なので現金でなくても言葉でもいいと思います。地域によって変わってきますし友人との親密度によっても変わってきますが、友人に現金を贈られるのは気を遣ってしまうというのが一般的な考え方かもしれません。

入学祝いを贈りたいけれど現金を贈ることに抵抗を感じている場合、可愛い文房具だったり毎日、学校で使うであろうハンドタオルやハンカチやキャラクターティッシュのセットだったり贈られた相手の負担にならないものであれば子供が喜びそうなものを選んで贈るのもいいですね。

もし、入学祝いを受け取ると「お返しはどうしたらいいのだろう」「友人の子供の入学の時も忘れないようにしておかなければいけない」「贈ってもらった相手の子供はもう小学校は既に入学式を終えてるし…」などなど、たくさんの悩みを抱えさせてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

お孫さんが小学校に入学する場合の相場

小学校に入学するお孫さんの成長をかみしめつつも、お祝いはどのくらい贈ればいいのか?可愛い孫が欲しいものは何でも買ってあげたいし周りの友達を足並みそろえてあげたいという思いや恥じない金額を渡したいと気になる方も多いと思います。

一般的な相場は、お孫さんが小学校に入学する時には、10,000円~30,000円といわれています。
祖父母の小学校の入学祝いというとランドセルが主流になっていますが、ランドセルを購入していない場合は、平均の相場より若干、上乗せをして贈っている人が多いようです。

入学祝いを現金ではなく物を贈りたい場合

 

物を贈りたい場合は、おじいちゃんやおばあちゃんが選ぶのではなく商品券を渡して親御さんに任せるのが一番いいです。商品券であれば、ほとんどのところで使用できるので適しています。

【ランドセル】
おじいちゃん、おばあちゃんからの入学祝いで主流になっているのは、「ランドセル」です。この場合、ランドセルは3万円~5万円まで金額が大幅に変わってしまうことと、ご夫婦の中で入学の際に予算として組んで購入を考えていたり、すでに購入している場合も多いので必ず相談することをオススメします。

また、最近では色のバリエーションも幅広く取り揃えています。入学するお孫さんの好みもあるので毎日、使用するランドセルは子供に選んでもらうのが一番だと思います。

スポンサーリンク

【学習机】
ランドセルの次に、候補として上がるのは「学習机」です。学習机の相場もランドセル同様で3万円~5万円といわれています。学習机は小学校だけではなく中学校も高校も、ずっと使い続けていくものなので好みもあったり家の広さによっては場所を取るので必要がないという親御さんも多いのが事実。

学習机も高価なものなので、相談なく購入してしまうと後々のトラブルにもなりかねないので事前に確認をした方がよいです。学習机も、やはりお孫さんがずっと使っていくものとなるので、お孫さんが気にいった学習机を選ぶのが一番いいです。

入学祝いを贈る場合は、いつまでに贈るといいの?

小学校の入学祝いを贈る場合、基本的に最適な時期は入学が決まり入学が始まる2~3週間前がベストです。義務教育である小学校の場合は、必ず小学校に行くことが分かっているので早めに準備をして出来れば、3月上旬に贈るようにしましょう。

もし、タイミングが合わずに入学後になってしまった場合でも、入学祝いを渡してはいけないというわけではないので贈り忘れたり会う機会がなかった場合などは、入学した後でも贈っても問題はありません。

まとめ【友人の子供が小学校、入学祝いの相場は?孫の場合の相場は?】

小学校入学の子供を見ると「ピカピカの一年生♪」と口ずさんでしまいますね。これから6年間の楽しい小学校生活が待っていると子供達はワクワク、ドキドキでいっぱいです。子供の姿を見ると周りの大人は、お祝いしたくなるものです。

  • 贈る側の友人が30代までの場合の相場、3,000円~5,000円
  • 贈る側の友人が40代までの場合の相場、5,000円~10,000円
  • 友人の子供に必ず贈る必要はない
  • 贈る場合は、相手に気を遣わせてしまわないように心掛ける
  • あまり高額な金額にならないようにする
  • お孫さんへの入学祝いの相場は、10,000円~30,000円
  • 現金ではなく商品券を渡すのも喜ばれる
  • ランドセルや学習机などを贈る場合は、子供の好みを尊重するため選ばせてあげる

やはり、祝い事はどのお祝いにも共通していえることは、相手に気を遣わせないことや、贈ってもらって喜ばれるものを、きちんと聞いて贈るのが一番です。

必要のないものを贈っても使ってもらえないと無駄になるし特に小学校入学祝いとなると、いろんな人から頂いたりするので物によっては、かぶってくる物も出てきますので注意しましょう。

スポンサーリンク