お見舞い封筒の正しい書き方(会社名、連名)裏側、中袋なしの場合は?




お見舞いに行くことになり、いざ、お見舞いの封筒を準備したものの、どういうふうに記入するのか悩んだことありませんか?お見舞いに行く時には必ず身に着けておきたいマナーの一つです。

今回は、お見舞いの封筒の書き方、連名や会社名で書く場合、裏書き・裏側はどういうふうに書くのか、封筒の中袋がない場合はどうするのか?五千円を入れる場合、どういうふうに書くのが正しいかを、まとめてみました。

スポンサーリンク

お見舞いの封筒の書き方

お見舞いで現金を渡す場合、封筒に入れて「お見舞い」を渡します。封筒は、白無地の封筒、もしくは赤い帯の入ったお見舞い封筒や紅白の水引がついた封筒になります。

冠婚葬祭で使われる水引の封筒には、蝶結びと結びきりというのがありますが、その意味を覚えておきましょう。
蝶結びは何度でも結びなおせる、何度あってもいい出来事に使うようになっていて、簡単には結び目がほどけない結びきりの場合は、一度きり、一度限りであってほしいという出来事に使うようになっています。

お見舞いの場合は、やはり何度も入院をしたくはないので、一度きり、一回だけで住んでほしい!と切に願うので、封筒は結びきりの方を選択するのが正解です。この封筒の意味をしっかりと覚えておけば冠婚葬祭などで封筒を選ぶ際には間違わずに済むことになるかと思います。

封筒でタブーな封筒とは?

お見舞いの封筒を使用する際に間違って使ってはいけない封筒があります。

入院のお見舞いに使う封筒で、「のし」が付いたものを使うのはタブーとされています。普通の水引の封筒と違うところは、右上にある折形でできている飾りのことを指します。「のし」は、アワビを表現しているといわれいます。アワビって、あの海でとれるアワビのことです。

なぜ、そういう風になったのか?…それは、昔の人がアワビをうす~く伸ばして加工した「のしあわび」を縁起物として贈り物にしていた時代があったそうです。今もそうですが、アワビって高級品ですよね。

その高級品のアワビは保存性にも優れていて高級品だっただけに毎回、贈り物としては選ばれなかったようです。
アワビの代わりに贈り物を添えるために「のし」がうまれたといわれています。こう考えると、やはりアワビはもともと縁起が良いものとして考えられるのでお祝いの時に添えられるのが正しい使い方となっています。

なので、病気でお見舞いに行く際に封筒は水引のものを使うのが正しいですが、間違っても「のし」のついた封筒を選択しないように注意しましょう!

赤帯入りの封筒、白無地封筒を使用する場合

お見舞い用の袋には赤い帯の入った封筒と白無地の封筒も使用できるようになっています。実は、この封筒にも意味があります。この2種類の封筒を使用するのは、

火事や地震などの災害のお見舞いの場合
病気が非常に重い場合
妊娠していたが流産や、死産になったお見舞いの場合

もちろん、病気やケガの場合でも使用はできるようになっています。紅白の水引の封筒を使用するのが、どうしても抵抗pがある場合や、封筒を準備していなかった時に使用するのもいいといわれています。

連名や会社名で書く場合

連名で書く場合は、右側に目上の人が来るように記入します。夫婦の場合は右側にご主人、左側に妻といったかんじです。この時、夫の名前が中央に来るように記載して、妻は名字を省いた名前のみを記載することになります。

【3人・上下関係あり】
一番、右側に立場の高い人で左に行くにつれ立場の低い人になるように記入します。

【3人・上下関係なし】
友人同士や職場の仲間たちの場合は、3人までなら横並びで名前を記入するようにしましょう。

【連名で代表者氏名のみの場合】
人数が多く、3人以上になる場合は、代表者の名前毛を記入し、その左に「外一同」と記入します。この場合、受け取った人からすると「外一同」が誰なのか分からないため、別紙に記入して中袋を同封するようにしましょう。

また、別紙に記入する場合も右側から目上の人から名前を記入するようにします。

【会社で贈る場合】
会社の場合は、代表者の名前が中央に来るように記入します。肩書きがある場合は、名前の上に肩書が来るように記入します。

表書きの向かって右側に会社名を記入し名前よりも若干、小さめの文字で会社名を記入しましょう。文字数などの関係もあるので、文字数や行数などを考えながらバランスよく記入することがポイントとなっていきます。

スポンサーリンク

中袋の書き方は?

お見舞い用の封筒の中に中袋が入っています。その場合の書き方ですが基本的に「金額と住所、氏名」を書くのが一般的と言われています。封筒の表面には金額を記入、裏側には郵便番号、住所、名前を記入します。

もし、受け取る側の人が気を遣いすぎない相手であれば、あえて郵便番号や住所、電話番号の記入は必要がないとも言われています。会う機会が頻繁な関係であったり、今の時代は携帯やSNSで繋がていたりもするので書かなくていい場合もあるようです。

縦書きで金額を書く際には「金」という文字を入れます。
一万円の場合は、「金壱萬円」と記入します。この時に、面倒と思うかもしれませんが、旧字体の難しい文字を記入しましょう。

封筒の中袋がない場合はどうするのか?

ときに、表包みと中袋が別々ではなく、一枚の封筒としての袋があります。この場合、表に表書きと名前を記入して裏に住所と金額を記入するようにします。

ちょっと抵抗がある…恥ずかしいといった場合は、お札を白い紙で包んで表包みに納める方法もあります。この時には白紙の表に金額を書くようにしましょう。

五千円を入れる場合の金額の書き方とは?

五千円を入れる場合、表書きの金額のところは、どういうふうに書くのか?という疑問に思う人も多いと思います。
金額を分かりやすく、まとめてみました。

【漢字一覧】

1
2
3
5
7
8
10
100
1000 仟・阡
10000

お気づきのかたもいるかもしれませんが、中に入れてはいけない数字があります。

4
6
9

 

スポンサーリンク

お見舞いに包む相場はいくらくらい?

相場は地域によっても若干、変わってくるようですが一般的に

友人や知人、職場の人などには3000円~5000円
親や親せきなどの近親者で1万円

と言われています。

また、注意したいのは、お札を入れる際には、新札ではなく普通のお札を入れるようにしましょう。新札を入れていけない理由は「病気になるのを待っていました」という意味になってしまいます。

お葬式やお通夜でお香典を包む際も、新札ではなく少し使用感のあるお札を入れるようにすることが基本となっています。

お見舞いや弔辞は「新札を用意する間もなく駆けつけました」という意味が込められているんです。深い意味があるんですね。

どうしても新札しかなかった場合、自分で少し折り目を付けるなどと工夫して包むようにしましょう。

まとめ【お見舞い封筒の正しい書き方(会社名、連名)裏側、中袋なしの場合は?】

お見舞いにいくことに決まり、いざお見舞い用の封筒を準備したはいいものの…と困った人もいると思います。書き方や注意したいことは慣れているから大丈夫!と思っていても気づかないまま相手に失礼をはたらいているかもしれません。

特に若いうちや、こういう機会が少ない人にとってはなかなか覚えれることではないので、こういった場面に出くわすたびに相手の失礼にあたらないように再度、確認しましょう。

スポンサーリンク