青学・小野田勇次選手の進路やインスタ・Twitter、家族や彼女の存在は?




小野田勇次選手は青学の山下りのスペシャリストと名もついています。青山学院大学の選手の中では実力があって注目度の高い選手ですね。

今回の第95回箱根駅伝では4年連続の6区。前回、区間記録まであと2秒という素晴らしい走りで、前を走る東洋大学を逆転し、区間賞に輝いたのも記憶に新しいと思います。
今回は小野田勇次選手の進路やTwitterやインスタの本アカ、家族や彼女のことなど気になったことを調べてみました。

スポンサーリンク

関連:青学・森田歩希の父は大物、妹は?走り方に注目の中、気になる彼女は?
梶谷瑠哉(箱根駅伝・青学2区)の彼女や家族構成は?進路は実業団?

小野田勇次選手のプロフィール

 

フルネーム:小野田勇次(オノダ ユウジ)

血液型:A型
国籍:日本
競技:陸上競技
種目:中距離走・長距離走
大学:青山学院大学経営学部
生年月日:1996年9月3日
生誕地:愛知県豊橋市

身長 171 cm
体重 51 kg

自己ベスト
1500m 3分51秒72(2017年)
5000m 13分46秒93(2017年)
10000m 28分57秒30(2018年)
ハーフマラソン 1時間03分36秒(2017年)

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/小野田勇次

趣味はボウリングで、最高スコアは206を記録しているとのこと!
毎日20~40キロ走り、練習後には体重が約2kg減るらしいです。凄いですね!20キロ~40キロって…!並々ならぬ練習というのが想像できます。

青学大陸上部の原晋監督は、小野田の走るフォームを「下りで前傾する際に猫背ではなく、ちゃんとした軸を持っている」と下りへの適性を評価していて、箱根駅伝では3年連続(2018年現在)で山下りの6区を任されている。そして、今回の第95回箱根駅伝でも6区を任され、4年連続となるので今回も見逃せませんね!最後の走りにも注目です!

小野田勇次選手の進路について

小野田勇次選手の、青山学院大学卒業後の進路については、地元の優良企業・地元実業団『株式会社愛知製鋼』に就職することが決まっています。

今年が最後の箱根駅伝になるわけですが、4年連続の6区。卒業後も実業団で、きっと活躍するでしょう!

スポンサーリンク

小野田勇次選手のTwitterとインスタ本アカ発見!

Twitterでもインスタでも、裏アカというのが存在するのでSNSを見ていると本人のアカウントなのか?と疑問に思うことは多いですよね。いろいろ調べてみましたがTwitterについては、本アカのようですがインスタは存在し内容です。

もしかすると、インスタのアカウントは作っていないのかもしれませんね。

ちなみに、Facebookはどうなのか調べてみましたが、本人のアカウントはないようです。なかったのですが青学駅伝のアカウントはありました。

小野田勇次選手の家族と彼女の存在は?

小野田勇次選手の家族については、どこをさがしても兄弟らしき情報はないようです。
お父さんの名前は「英作さん」ということですが、年齢や何の仕事をしているなどの細かな情報は出回っていないようです。なので、父母と小野田勇次選手の3人家族で一人っ子の可能性は高いですね。

こんなにイケメンで実績のある小野田勇次選手ですが、世間の女性が一番、気になるところの彼女の存在…。気になりますが本人は現在、第95回箱根駅伝のことしか眼中にないようですね!好きな女性のタイプは木村文乃さんとの話したことがあります。

「彼女はいますか」と質問したとすると「今はマラソンが彼女です」なんて爽やかな笑顔で答えそうなくらい、マラソンのことしか頭にないようです。いわば今のところ陸上をするために生まれてきた「陸上の申し子」というレッテルをはられてもおかしくないですね!

まとめ

小野田選手は、原監督が認めている得意の下り坂で一気に加速すると、東洋大学の今西選手をあっという間に抜き去り、逆に52秒差をつけて次の選手にタスキを繋いだのです。
レース直後のテレビ中継で思わず、「人間じゃねえ、あれ…」と、追い抜かれてしまった今西選手は小野田選手の走りについてコメントしたのが話題になりましたね。

青学を卒業後は、地元の優良企業・地元実業団『株式会社愛知製鋼』に就職。

現在は彼女がいるという情報はありませんでしたが、第95回箱根駅伝が終わると卒業して就職するまでしばらく時間があるので、その間に…という可能性も出てきますね。

今後の活躍に期待してます!

スポンサーリンク