ラジエーションハウス第6話の動画見逃し無料視聴!ネタバレ感想とSNSの声




2019年春ドラマ月9は『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』毎週、月曜からの放送となっています。5月13日21時に第6話が放送されました。

コミックを実写ドラマ化された作品となっていて、レントゲンやCTの画像診断で病気を見つけ出す医師のストーリーとなっています。

キャスティングも、主演は窪田正孝さん、ヒロインには本田翼さん、他にも広瀬アリスさんや浜野謙太さん遠藤憲一さん和久井映見さんなどなど豪華なキャスティングとなっています。

今回は、2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話の動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声をまとめてみました。第6話のあらすじも要チェック!

関連記事:窪田正孝の筋肉は中学からヤバイ!鍛え方とは?水川あさみ結婚は100%?

関連記事:本田翼のドラクエ愛とユーチューブ収入に絶句!炎上の理由と次回予定は?

関連記事:広瀬アリスの6年ぶりショートヘアが話題!本名や妹すず、兄や父は?【画像】

ラジエーションハウス第6話を見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話』を見逃した方!どうしても観たかったのにみれなかった…という人は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信しています!

FODプレミアムで完全無料視聴できます!初月が無料になっているので、一か月以内に解約すれば完全無料!解約違約金なども、もちろん発生しませんので安心してご利用いただけます。

  • フジテレビ系列の最新ドラマや過去のドラマ、バラエティや映画、アニメや海外ドラマなどなど【最大40,000本以上】が視聴できる
  • 人気雑誌100誌が読み放題
  • 最大『1300円』相当のポイントが【無料】プレゼント!ポイントは最新映画や、電子書籍の購入に利用できるうえに使用期限はなし。(継続利用の場合は、月額888円(税抜き)が発生します)

👉FODプレミアム完全無料視聴の詳細👈

くどいですが、初回の1か月間は無料となっているので無料期間中に解約をすれば無料視聴となります。その際には、解約金などは一切、かかりませんので無料期間中に、いろんな番組が一気見できます!

FODプレミアムの、ここがオススメポイント!

・フジテレビ系列のドラマをはじめバラエティや映画、アニメ、海外ドラマなど配信
・配信数は最大40,000本で豊富なラインナップ
・見放題作品が多数配信
・独占配信作品やオリジナル配信作品もあり
・動画配信のみならず有名雑誌が、100誌以上の人気雑誌が読み放題!
・期間限定で無料で読める15万冊以上のコミック
・継続特典で最大1300円相当のポイントプレゼント!

関連記事:【FODプレミアム解説】登録、料金、退会(解約)、無料期間まとめ

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話のあらすじネタバレ

6話は今までの画像診断ではなくIVR血管内治療や画像支援治療と言われていますとりあげられていました7歳の女児が脾臓損傷で緊張入院してきました

その女児に対する治療方針として春先生本田侵襲が少ないIVRを選択しようとしましたしかし鏑木先生浅野IVRでは止血困難で命の危険性があると判断して手術へ切り替えることになりました春先生は自分の経験が乏しいことや自分の同じ放射線科医師として優秀で経験も豊富ならIVRで止血できていたのではないかと落ち込んでいました

そんな落ち込む春先生の姿を見て技師チームがいつでもサポートできるようにIVRについて熱心に勉強しますそんな時に院内で腹腔内出血疑いの患者が現れますが鏑木先生は不在でした春先生のみでIVRを行うことになり不安そうでしたが技師チームの後押しにより自信を持って始めることができました

しかし実際は出血点がなかなかわからず難渋していましたそこで五十嵐窪田助言により無事に出血点を見つけて止血することができました春先生は技師チームに感謝し技師の信頼がますます増すこととなりました

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話の見どころ

ラジエーションハウス5話の見どころを視聴した方に聞いてみました。

ニックネーム(saori816さん)32歳、女性

春先生本田自分の経験不足や自分の父に比べると能力が低いことに落ち込みますしかし技師チームがそれを察して全力で春先生に協力します

そのおかげで春先生が経験したことがないようなIVR血管内治療や画像支援治療成功します五十嵐窪田適切な助言と技師の強力なサポートが見どころです毎回技師のチームワークは良いですが回を重ねるごとにチームワークが良くなっております

技師チームが重要な存在であることに春先生が気付き始め感謝している様子が伝わってきます春先生技師チームともに患者を助けるために向上心をもち積極的に様々な知識を身に付けて活き活きと働いているところがとても素敵です

ニックネーム(コマさん)33歳、女性

診療部長兼放射線科長・鏑木安富(浅野和之)が取材協力した小説が登場します。

一見ストーリーにはあまり関係がない日常の描写のようですが、実は、今回クローズアップされているIVR(画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療)を成功させる上での重要なヒントが隠されています。

また、五十嵐唯織(窪田正孝)の存在を快く思っていない鏑木が、唯織に対する意識を変化させるキッカケになる可能性も秘めている鏑木の小説に注目です。

一方、大病院のお嬢様として生まれ、父親と同じ医師として生きる甘春杏(本田翼)。そんな杏が大きなプレッシャーや責任とたたかう姿、医師としての葛藤が描かれます。

杏がどのようにプレッシャーを乗り越え、成長していくのか、また、悩む杏のために五十嵐唯織(窪田正孝)はどのような行動に出るのか注目です。

ニックネーム(リルさん)50歳、女性

放射線医のあまかす杏が技術が未熟なためIVR画像下治療ブランコから落ちて腹部を強打した女の子の沙里に出来なかったが大腸癌の男性の患者には放射線技師のサポートのおかげで春がIVRを放射線医の鏑木かぶら安富のフォローがなくても成功させることが出来るかどうかと春を一途に思う放射線技師の五十嵐唯織が春を医師でなくて放射線技師としてサポートできるかということが見どころです

それから春と五十嵐と医師の辻村駿太郎の三角関係がどうなっていくのかも見どころですそれから患者が助かるのかどうかも見どころですそれから最初に鏑木の書いた本が紹介されるのですがそれがドラマにどう関係があるのかも見どころです

ニックネーム(クラフトさん)37歳、女性

前院長の杏がいつもは鏑木先生の助手で手術を行っていましたが緊急の手術が舞い込み鏑木先生が不在なラジエーションハウスの面々と共に手術を執り行うことになったのが見どころです

大腸癌の患者で出血多量のため血管にコイルを巻きつけて出血を止めるという高度な行為IVRが執られることとなり杏は手術で執刀医をすることは初めてであり不安でたまりません

プライドが高く無愛想が災いして最初はハウスのメンバー達に勝ち組と揶揄されて技師たちとも壁があるようでしたけれど織が杏の役に立とうとIVRを勉強しその姿をみたメンバー達も杏を勇気づけます織の適格な判断を聞き杏は手術で成功し患者は一命をとりとめました

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話の感想

※ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第5話を観た方、感想を募集しています!コメント欄からどうぞ!

ニックネーム(ririさん)24歳、女性

ラジエーションハウスチームは杏をサポートすることに決めた姿が印象的でした杏は信頼できる人がいないと思って今まで過ごしてきたのですがラジエーションハウスチームが仲間だと思うことができ一人ではないことを実感でき杏が笑顔になって魅力的でした杏は前より笑うようになり織を無視していたけど織が来たからこそ変われたことが本当に良かったです

手術を成功させてから杏から織にハイタッチしたところがおすすめのシーンでした杏がハイタッチするほど織のことを信頼することができた証なので二人が進展したと感じてうれしく思いました杏がそのあとすごく嬉しそうな表情をしていたのをたまきがいじっていておもしろかったです

ずっと杏は信頼できる人物は父親で背中をずっと追いかけていたけど杏は振り返ると信頼できる仲間がいることに気づき私の周りにも信頼できる人がいると実感できたシーンがおすすめでした本当にいいチームワークだったので見どころ満載です人は信頼できる誰かの背中を追いかけると言う言葉はとても魅力的だと感じました

ニックネーム(saori816さん)32歳、女性

経験不足を痛感して落ち込む春先生本田見かねて技師チームがIVRの勉強をしていつでも行うことができるように準備していたシーンが素敵でした

また実際にIVR対象の患者が現れた際に不安そうな春先生に対する声かけに感動しましたあそこまでサポートすると言ってくれるチームメンバーがいれば自信を持って頑張れますよね本当に良いチームだと思いました

そして春先生が患者の止血に難渋した際の五十嵐窪田冷静で的確な助言がかっこよすぎましたあれは惚れますね患者への止血が成功した春先生が五十嵐にハイタッチをして微笑むシーンは見ているとこちらもとても微笑ましかったです春先生と五十嵐がナイスコンビです

ニックネーム(コマさん)33歳、女性

唯織との再会を果たして以来、杏の心情が徐々に変化してきている様子が描かれていましたが、今回はより明確に変化が見られた回でした。

自分の未熟さに落ち込む杏にかける言葉が見つからず悩む唯織は、杏を技師としてサポートすることを決心します。そんな唯織と杏を見て、杏のため患者のために一丸となるラジエーションハウスのメンバー達の姿は、とても頼もしく映りました。

当初、唯織の行動に戸惑っていたメンバー達ですが、唯織の実力と情熱を目の当たりにし、医師を支える技師の仕事に誇りを持ち始めたのではと感じました。

そして、力を合わせて成功させたVIRの後の唯織と杏のハイタッチ!

杏が見せる満面の笑みも印象的!唯織が、患者の命だけでなく、杏の心も救う見逃せない内容でした。

信頼できる仲間の存在に気がつき、医師として一歩成長した杏が、今後どのように患者と向き合い、命を救っていくのか楽しみです。

ニックネーム(リルさん)50歳、女性

ヒントが鏑木の書いた小説であることがわざとらしいなと思いました五十嵐が医師であることがばれないために小説を引用して春に教えるしかなかったのだと思いました

五十嵐は院長の大森渚にも医師であることがばれないように気づかれないようにと鏑木にも放射線技師の軒下吾郎を使って見張られているので春をサポートするのは大変だと思いますが一途な思いがそこまでさせるというのがなかなかない純愛だと思います

まただんだん放射線技師の連携が取れていてコメディが上手くなってきたような気がします春に対する五十嵐の思いがいつか通じると良いと思いますそれから最後まで五十嵐が医師であることがばれないように祈ります

ニックネーム(クラフトさん)37歳、女性

鏑木先生が存在感のある織を面白く思わず煙たがっているのに織が鏑木先生の書いた本で杏を救うヒントを得るのがユーモラスでした

織の直接的な言葉ではなく行動で杏を助けたりする姿は良いと思いました技師たちの杏は勝組といって突き放すような言葉もドラマを観ていて杏が想像以上のプレッシャーと戦っていることに気づき協力しようとするのは織の気持ちの影響だと思いました

けれど杏と織の仲が全然進展していかないのは何とも歯がゆいです協力もいいけれどもうちょっと恋愛らしい胸キュンするシーンがいくつか出てきてもいいんじゃないのと思いました窪田正孝ファンとしてはそう思います杏は可愛くてお嬢様でほんと勝ち組とわたしも観ていて思いましたけど

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話のSNSの声

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第7話あらすじ

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

引用元:公式サイト

まとめ【ラジエーションハウス第6話の動画見逃し無料視聴!ネタバレ感想とSNSの声】

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話の動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声をまとめてみました。第7話のあらすじも要チェック!

いかがでしたでしょうか?もし今後、見逃したとしてもすぐに視聴できるようにFODプレミアムをチェックしてみてください!

スポンサーリンク