新元号『令和(れいわ)』に決定!意味や由来・起源は?




平成の30年間の歩みを振り返って次の時代は、どういった元号になり託して生きていきたいのか…厳粛ではありながらも、ワクワクした気持ちで待っている人も多かったのではないでしょうか?

今回の新元号は生前退位となっていて天皇陛下が日本人の象徴となっているということを、あらためて認識することになると思います。

新しい元号『令和(れいわ)』と決定しました!

安倍総理は希望に満ちあふれた新しい時代になるように…という思いを込めて決められたようですが、最終的に6つ以上の案が出ていて決定した新元号は『令和(れいわ)』となったということです。

週明け4月1日、日経平均株価も一時前週末比400円超まで上げ幅を広げて新元号の発表を控え「ご祝儀的な雰囲気になりやすい」ということで、まさにご祝儀相場になっています。

今回は、新元号『令和(れいわ)』の意味と由来について、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:令和と書いた人は茂住修身(書家)!プロフィールや学歴は【画像】
関連記事:令和を予言していた?ネットで話題「しゃん」という人物は?【画像】
関連記事:令和はLとRどっち?R18で炎上!西暦計算方法を発見した人が天才と話題!
関連記事:平成で一番売れた本ランキング【世界一受けたい授業】オススメ本まとめ

新元号『令和(れいわ)』の意味と由来は?

令和

普段、何気に使っているカレンダーや手帳、役所関係の書類のような正式な書面に見られるように元号は私たちの生活には欠かせないものです。

よく目にするが故に今回『令和(れいわ)』と名付けられたのか気にする機会の少ない元号、そこに込められた意味をご紹介していきます。

意味については、人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開くという意味が込められています。

出典は万葉集から「令和」と決定したようです。万葉集は、一般庶民を含め地位なども関係なく暮らしや息遣いを感じられる日本を感じさせるものということです。

「令和」は、万葉集にある梅花の歌32首の序文にある

初春の令月(れいげつ)にして
気淑(よ)く風和き
梅は鏡前の粉を披(ひら)き
蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫らす

から引用されたということです。昭和の「和」も入っていますね。

新元号『令和(れいわ)』はどうやって決まったのか?

今まで、形だけでも天皇陛下が決めていたようですが、ある時代からは政令内閣で決めるようになったということです。

今回の新元号『令和(れいわ)』も内閣政府で決定しました。いわゆる閣議決定です。元号の決定については、国権の最高機関の意見を聞いたうえでの判断(絶対ではない)有識者懇談会での話を受けての決定となりました。

2019年4月1日の流れは、こんな感じです。

出典:新元号1日発表 午前11時半に官房長官発表

テレビでも特番も組まれ放送も慌ただしく動いていて、今回の新元号の発表はテレビだけではなく首相官邸公式ツイッター、Facebook、YouTubeチャンネル、インスタグラム、政府広報オンラインなどでもライブ配信をするなど歴史的瞬間を報道しました。

タイミング的に、今日は4月1日ということでエイプリルフールでもあります。そういった面で間違った情報も出る可能性もあるかもしれませんので気を付けてくださいね!

スポンサーリンク

令和に決定するまで

新元号を決めるの条件として

「国民の理想としてふさわしいよい意味を持つ」
「漢字2文字」
「書きやすい」
「読みやすい」
「過去に元号や天皇のおくり名として用いられてない」
「企業名や地名など一般的に使われていない」

ということで上記の、6つが当てはまるように考えられたようですが、今回の『令和』の新元号はどれもクリアしています。

新元号『令和(れいわ)』は、5月1日が新元号初日

ネット上で新元号に変わるということで賑わっているのは分かりますが混乱している人も多かったようです。

Twitterで「平成最後の日」を検索してみると、「今日は平成最後の日ですね」「平成最後の日に撮った写真」「平成最後の日に出勤」など、今日3月31日を「平成最後の日」と勘違いしたツイートが多数投稿されおり、「平成最後の日」がトレンドトップになったということです。

確かにテレビでも平成もそろそろ終わりということで平成の時代を振り返る特番が放送されていたり新元号の発表があると聞けば、4月1日より新元号が変わる…と勘違いしても仕方がないのかもしれませんね。

実際は、2019年の5月1日に現在の皇太子徳仁親王が即位し、新しい元号の時代が始まります。平成最後の日は4月30日。翌5月1日が新元号初日となります。大きな勘違いですので、もし今でも勘違いをされている人がいれば認識しておきましょう!

スポンサーリンク

新元号『令和(れいわ)』にネット上の反応は?

https://twitter.com/pieces_janner/status/1112559722127749121

https://twitter.com/yuciola/status/1112559720827506688

まとめ【新元号『令和(れいわ)』に決定!意味や由来・起源は?】

今回は、新元号『令和(れいわ)』の意味と由来について、まとめてみました。

待ちかねたネット民からは「かっこいい」「漢字も難しくないし」など好感を持った声が多く上がっているようです。新しい時代が来た!という感じですね。個人的には『昭和』『平成』『令和(れいわ)』という3つの時代を…といった感じです。なんとも感慨深い感じもしますが、今ふと思ったのですが昨日、産まれた赤ちゃんもいるわけなので、そういった意味ではなんかすごいですね。

出生届は、赤ちゃんが産まれて2週間以内に役所に届けなければいけないので、4月16日までに産まれた赤ちゃんは、『平成』と『令和(れいわ)』をまたぐことになりますね、なんかそれはそれで凄いです。

新しい時代『令和(れいわ)』が、どういう明るい時代になるのかワクワクしますね!

関連記事:令和と書いた人は茂住修身(書家)!プロフィールや学歴は【画像】
関連記事:令和を予言していた?ネットで話題「しゃん」という人物は?【画像】
関連記事:令和はLとRどっち?R18で炎上!西暦計算方法を発見した人が天才と話題!
関連記事:平成で一番売れた本ランキング【世界一受けたい授業】オススメ本まとめ

スポンサーリンク