ストロベリーナイト・サーガ第6話動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声




2019年、春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』は、毎週木曜日22時からフジテレビ系列で放送されています。5月16日に第6話が放送されました。

小説、姫川玲子シリーズを原作とした本作は大ヒットしました。主演は今回、二階堂ふみさんを新たに迎えて江口洋介さんや亀梨和也さんなどなど豪華な顔ぶれでも話題となっています。

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の第6話、動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声をまとめてみました。第7話のあらすじも要チェック!

ストロベリーナイト・サーガ第6話を見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の第6話を見逃した方!どうしても観たかったのにみれなかった…という人は「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信しています!

FODプレミアムで完全無料視聴できます!初月が無料になっているので、一か月以内に解約すれば完全無料!解約違約金なども、もちろん発生しませんので安心してご利用いただけます。

  • フジテレビ系列の最新ドラマや過去のドラマ、バラエティや映画、アニメや海外ドラマなどなど【最大40,000本以上】が視聴できる
  • 人気雑誌100誌が読み放題
  • 最大『1300円』相当のポイントが【無料】プレゼント!ポイントは最新映画や、電子書籍の購入に利用できるうえに使用期限はなし。(継続利用の場合は、月額888円(税抜き)が発生します)

👉FODプレミアム完全無料視聴の詳細👈

くどいですが、初回の1か月間は無料となっているので無料期間中に解約をすれば無料視聴となります。その際には、解約金などは一切、かかりませんので無料期間中に、いろんな番組が一気見できます!

FODプレミアムの、ここがオススメポイント!

・フジテレビ系列のドラマをはじめバラエティや映画、アニメ、海外ドラマなど配信
・配信数は最大40,000本で豊富なラインナップ
・見放題作品が多数配信
・独占配信作品やオリジナル配信作品もあり
・動画配信のみならず有名雑誌が、100誌以上の人気雑誌が読み放題!
・期間限定で無料で読める15万冊以上のコミック
・継続特典で最大1300円相当のポイントプレゼント!

関連記事:【FODプレミアム解説】登録、料金、退会(解約)、無料期間まとめ

ストロベリーナイト・サーガ、第6話のあらすじネタバレ

今泉は、姫川班に通り魔か、計画的に行った犯行か分からないため、捜査を依頼しにきたのです。葉山は、通り魔と今泉が言うと、反応を見せたのです。

姫川班ははなしを聞きに上本所署に行き、越野から話を伺うと、犯人の身元が分からず、自殺を図り、意識が戻っておらず、犯人が一番初めに刺した峰岡里美も意識が戻っておらず、峰岡が助けてと呼び掛けた管沼は頸部を損傷し亡くなって、一緒に居た小野は切り付けられ軽傷だと聞き、姫川班は動き出すのでした。

姫川は峰岡が意識を取り戻したと知り、菊田と聞き込みに行くと、峰岡は話せる様子ではなく、詳しい情報を得ることができませんでした。葉山は自分から小野に聞き込みに行きたいとはなしたため、はなしを聞こうとしたのだが、心に深く傷を負った小野が出てくることはありませんでした。

峰岡に息子がいたことが菊田の調べで分かり、18歳だと知った姫川班は犯人と年齢が近いことを不信に思ったのです。姫川班は峰岡の本拠地である千葉に行き、自宅を捜査していると、そこで発見されたのは2~4歳児の遺体でした。菊田はあそこに住んでたのが峰岡と茂樹だけでないと気づくのです。

葉山は諦めきれず、自分みたいに、辛い思いをする人物が増えてほしくないと思い、小野の元に聞き込みに行ったのでした。葉山は自分も通り魔に大切だった人を殺害されたことを話し、何もできず後悔していることを話すと小野は玄関を開けたのです。小野は刺してきた人物が「ヒロ」と言いながら峰岡を刺していたと伝え、葉山が姫川班に言うと、菊田と姫川が違和感を持ち、悩んでいた真相にたどり着いたのです。

茂樹には弟のヒロがいたと分かり、犯人が目を覚ましたため、聞き込みに行く姫川と菊田でした。姫川は峰岡茂樹さんと聞くと、茂樹は驚いた表情をするのでした。今は違う名前で生きていることを知り、茂樹には弟がいたのではないかと聞くと茂樹が話し出したのでした。

茂樹は弟のヒロがいて、峰岡が全く育児をしないため、ヒロのお世話を茂樹がやっていたというのです。ヒロのお世話をしていたのは茂樹だけれど、ある日いつものように二人でゲームをしていて寝てしまったヒロを見て、安心して横で眠っていると、朝目が覚めて息をしていない状態だったヒロを見た峰岡は、「ヒロを殺したのはあんただ」と言い出したというのです。

さらに、茂樹を公園で「待ってて」と言ったまま迎えに来てはくれなかった言ったため、その話を聞きながら姫川は涙を必死に堪えるのでした。茂樹は峰岡を見つけて、ヒロを殺したのは自分ではないと認めてもらいたい一心で声をかけたが、峰岡が知らん顔だったため、茂樹は犯行に及んだと言いした。姫川は呆然としている様子で、菊田は姫川に声を掛けたのでした。

ニックネーム(ヒロコさん)29歳、女性

白昼堂々連続刺傷事件が発生した被害者は三人でまず中年の女性が襲われ続いて飲食店から出てきた男女2人が襲われますこの男女二人は会社の同僚であり一人目の被害者が助けを求めたため事件に巻き込まれてしまいました

不幸にも男性は亡くなり同僚の女性は責任を感じてふさぎ込み事情聴取に応じようとしませんこの事件を担当した姫川班のうち葉山(葉山奨之)昔の自分とこの事件を重ね合わせます

葉山は中学生の慕っていた女性の家庭教師を目の前で殺されたものの恐怖のあまり事情聴取に応じられなかったという過去を持ちます過去の反省を活力に変えた葉山のおかげもあり二人目の被害女性は事情聴取に応じ事件は解決しました

犯人は一人目の中年の被害女性の息子でした母親による育児放棄で死亡した弟の無念を晴らすべく犯行に及んだという一見身勝手な犯行にも思えますがそこに至るまでの犯人の過去と母親の責任を思うとしんみりとした幕引きを迎える姫川班でした

ストロベリーナイト・サーガ、第6話の見どころ

ストロベリーナイト・サーガ第5話を見た人の見どころ聞いてみました。

葉山が学生時代に過去のトラウマがあるのが分かるのが見どころです葉山は学生時代に家庭教師のお姉さんがいたのですが葉山が声を掛けようと思ったところお姉さんが通り魔に刺されてしまったのです

葉山に訪れた今回の事件は通り魔の犯行の可能性があると知り葉山は苦しい過去を思い出したのです葉山がいつもと違う異変に気づきながらも影で見守る姫川と菊田に注目してほしいポイントです

姫川と菊田は犯人の素性が分からず犯人と刺された峰岡里美に接点があるのではと思い二人の関係を調べることになりました峰岡の顔見知りだったことが判明し菊田が峰岡の情報を調べると息子の茂樹がいると分かります

さらに峰岡にはまだまだ姫川に言っていないばれたくない過去があり葉山の捜査で教わることになるのです峰岡を刺した人物は茂樹なのか峰岡はなぜ犯人から刺されなければいけなかったのか見どころになっています

ニックネーム(コマさん)33歳、女性

前回までにも葉山則之(葉山奨之)何らかの事件に巻き込まれた過去があるような描写はありましたが今回その事件の内容が明らかになります

そして過去の事件を引きずっている葉山が事件解明のために自分と同じような境遇の人間に接することになります葉山が引きずっている事件とはどのようなものなのか今回事件を捜査するにあたって葉山は過去の事件を乗り越えることができるのか見どころです

一方当初は通り魔事件と思われた今回の事件でしたが実は顔見知りの犯行しかも息子による犯行であるという可能性が姫川玲子(二階堂ふみ)らの捜査によって判明します犯人と被害者の間に過去何があったのか犯行の動機にも繋がる重要なエピソードとなるので注目です

ニックネーム(ヒロコさん)29歳、女性

このドラマの登場人物の多くはいまだに謎に包まれたままですW主演の亀梨和也演じる菊田和男のプライベートもベールに包まれている今回クローズアップされているのは葉山則之(葉山奨之)です

葉山が過去に遭遇した事件とこの回で発生した事件が類似しており事件の捜査を通して葉山は過去の反省を生かし成長を遂げますこのドラマのおもしろいところは一回の放送の中のテーマが一つではないところです

一回の放送(≒一回の事件)中で主役が複数います今回の放送もこの法則に則り葉山が主役であると同時に事件自体への関心もしっかりと引いています不器用ながらも一歩進もうとする葉山の姿と悲しみに彩られた今回の事件の真相この二つが今回の見どころです

ニックネーム(kazuyaegashi14さん)38歳、男性

6話の見所は個人的には姫川班の動きかたでした最初は姫川班ののりが過去に知り合いの家庭教師が路上で刺殺され目撃者となるが自分が見たことを一つも聞き込みに来ていた警察官に話せなかったシーンからでした

現在に戻り路上で男女3人が通り魔に襲われ男性一人がなくなるという事件が発生する犯人も自殺をはかり病院に運ばれ捜査一課が捜査しなくても良さそうに思われたが被害者被疑者の身分がわからない為に出動する事になる被疑者が意識を取り戻しさえすれば事件はスムーズに解決します

姫川班が捜査に出て被害者のうちの一人の中年女性が過去に子供を産んでいて被疑者ではないかという話になる後に中年女性の息子とわかるが中年女性が以前住んでいた家の押し入れから幼児の木乃伊が発見されもう一人の子供がいた事が分かる被疑者の弟で被疑者は弟の復讐の為に中年女性を襲い自分も自殺しようとしていた事が分かる

ニックネーム(たらおさん)52歳、男性

姫川(二階堂ふみ)推理が冴えます初動から通り魔殺人ではと思われた事件が刺された女性の対人関係でトラブルが無かったのかということに対する反応の鈍さで何が真相を隠していると姫川菊田(亀梨和也)と共に思い戸籍を調べることに戸籍から父親の名のない18歳の子供がいることやその子供は学校にも通っておらず身元不明である

そこから自殺を図り重体の犯人ではと推理していく回を重ねるごとに二人のコンビは息も合い二人のなかもどんどん接近しており恋愛に発展していくのか楽しみです刺した犯人にも母親に捨てられて可愛そうな面がある点に同情し病院のベッドで寝ている犯人に手を優しく添える犯人に対しても優しさを失わない素晴らしさが見られます

ニックネーム(まゆちゃん)44歳、女性

母親がネグレクトで兄弟を見捨てたことによるかわいそうな事件ですその中で姫川がその犯人の男に人を殺したのは悪いとは思うがこの男の苦しみ悲しみがよく分かるというとこところが今回の大きな姫川の性格を物語っているのかと思います悲惨な幼少時代をおくってきたこの兄弟がどうしてこんなことになってしまって殺人まで犯してしまう

死んでしまった弟の恨みを母親にぶつけるここが今回の殺人の動機でこんな母親じゃなければこんな事件がおこらなかったと思います姫川と菊田が最後に雨が降ってくるまで静かに話をします事件の悲しさをどうにかならなかったのかと思う姫川に菊田が寄り添う二人の心が寄り添う瞬間だと思います

ストロベリーナイト・サーガ、第6話の感想

※ストロベリーナイト・サーガ第5話を観た方、感想を募集しています!コメント欄からどうぞ!

第6話の感想を聞いてみました。
姫川が茂樹の話を聞いていると涙を我慢して聞いていて普段の姫川とは違っていたのが意外でした姫川はどんなに辛いことを言われても涙を見せないようにしているのですごく新鮮でした
姫川班のみんなは事件が解決してみんなで飲んでいると茂樹が犯行に至った経緯を知り実際に悪い人物は育児放棄した峰岡だが峰岡は時効が過ぎているため反省させることもできないと言ったため残酷だと思い胸が苦しくなったところでした峰岡はのうのうと生きてきて息子の茂樹は辛い目にあいながら生きてきたためすごく卑怯だと思いました
葉山が小野から聞き込みに行き小野から話を聞き出したことで姫川と菊田が何かをことができ真相にたどり着くのが早かったため葉山を褒めている菊田を見てすごく優しいと思いました葉山は菊田から褒められて嬉しそうにしていたので微笑ましかったです

ニックネーム(コマさん)33歳、女性

今回の事件は、身勝手な母親により捨てられた息子が母親を狙った犯行で、無関係の人間も巻き込み殺してしまうという、何とも後味の悪い事件でした。

2人も子供を産んでおきながら育児放棄した結果、弟を死なせてしまい、その死を兄の責任にして、挙句兄のことも置き去りにして捨ててしまうというひどい母親!

そんな母親殺されて当然だ!と、つい思ってしまいます。

しかし、姫川が言っていたように、子育ては想像以上に大変で、育児放棄する母親がいることは案外特別なことではないと思います。

人殺しや人を傷つけることを肯定するわけではないですが、このような事件が起こる可能性は常に身近に潜んでいるのではないかと実感しました。

また、過去の事件で何もできなかったという後悔を引きずっていた葉山。

今回、葉山と同じように親しい人間を失ってしまった小野の心を癒すと同時に、事件解決のために活躍したことによって、葉山も過去の事件から少し解放されていたら嬉しいです。

ニックネーム(ヒロコさん)29歳、女性

これまでの放送から葉山(葉山奨之)何かしらの過去を背負っていることが伝わってきましたが今回の放送でその過去が明らかになります

過去のことを葉山自身の中で留めておくのかと思いきや個人的にはあっさりと菊田(亀梨和也)話していたという印象を受けました葉山の不器用ながらも被害女性と真摯に向き合う姿勢には胸打たれるものがありましたが今回は事件の展開もとても興味深いものでした

物語の冒頭で事件が発生しそれを解決していく中で開始30分にして白骨死体が新たに見つかりこの場面で新たな死体?!」構成に面食らいました

事件の真相はとても悲しいものでしたが育児放棄をした母親を一方的に責めるのではなく同情のようなものを母親に寄せる姫川(二階堂ふみ)誰しもが胸の奥に感じている自分も同じことをしてしまうかもしれないという気持ちを姫川が代弁しているように感じました

ニックネーム(kazuyaegashi14さん)38歳、男性

今作では姫川班ののりの過去に関わっていた事件が事件解決に大きく貢献しており今回の事から警察官として一皮も二皮もむけたなと思いました姫川班しか出てきませんでしたがそれでもかなり面白かったです

順々に姫川班の班員のトラウマみたいな過去に関わっていた事件が出てくるのかなと感じてしまいました菊田の過去も次作以降出てくるのかなと思いましたがどんな話なのかがとても気になります

班員が一作ごとに成長していて前作のストロベリーナイトに少しずつ近づいてきていると感じました個人的な意見ですがまだまだ前作のキャストの迫力リアリティーのある演技が見られていないのでこれから見られそうで楽しくなってきました

ニックネーム(たらおさん)52歳、男性

則がトラウマを乗り越えて姫川班の一員になれたと感じた懸命で寡黙ななか努力しているが今一つ冴えなかったがこれを機にどんどん活躍して欲しいそれにしても姫川は則を誉めるし犯人にも優しく接しておりこんな上司に恵まれたいと思った事件が起こる背景には同情すべき点はあるが犯罪は許されるものではない

しかし世の中は不公平であるという矛盾を抱え苦しんでいるような気がする姫川にはガンテツ(江口洋介)等若くして出世しているため足を引っ張ろうという面々が多いが姫川班の面々は姫川主任を心から信頼しており係長(山口馬木也)最大の理解者で信頼し助けてくれ両親も一番心配してくれており今後も推理を冴えわたらせ事件を解決して欲しい

ニックネーム(まゆちゃん)44歳、女性

この作品はすごく殺人犯がどうしてこんなことを起こしてしまったのかと思うような出来事をピックアップしてくれるのでわかりやすいです姫川の自分のされた事件と被害者の思いも共感できでも殺人者に近い考え方で事件を解くところがほかの刑事の心を揺るがすところといつの間にかしょうがなく姫川の静かな情熱に動かされているところが面白いです

殺人は本当にいけないことでもそれをするにあたってこんな裏の裏の話があるのがこのストロベリーナイトの面白さであり刑事と犯人の立場のちがい捕まえても捕まえても悪い人はいなくならないと屋上で話す姫川に私も大変な仕事だなと思いました惨殺する犯人の気持ちはいっこもわかりませんが刑事の真面目に仕事する部分に共感します

ストロベリーナイト・サーガ、第6話のSNSの声

ストロベリーナイト・サーガ、第7話あらすじ

暴力団組織である六龍会の構成員、小林充(古野陽大)が何者かに殺害された。顔は傷だらけで、凶器は大ぶりで幅の広い刃物と推測。致命傷は胸部のものと思われるが、怨恨で何度も刺したというより、刃物の扱いに慣れていない者がメチャクチャに切りつけたように見えた。殺害されていたアパートは小林が同棲中の志村恵実(玉井らん)の部屋。第一発見者でもある恵実に事情聴取が始まった。

ストロベリーナイト・サーガストロベリーナイト・サーガ

特別捜査本部が立つ中野北署に集められた姫川班の面々。被害者が暴力団員であることから、刑事課と組織犯罪対策課の合同で捜査に当たることになった。その矢先、特捜本部にタレコミの電話が入る。それは「小林を殺したのは“ヤナイケント”」という内容だった。容疑者“ヤナイケント”を追おうとする姫川玲子(二階堂ふみ)に、警察上層部は当人を追求しないよう指示を出す。指示の裏には、過去の不祥事を隠ぺいしようとする上層部の思惑があった。

巨大な警察組織の後ろ盾を失ったまま、姫川は菊田和男(亀梨和也)たちの力を借りることもせず、無謀な単独捜査を進めていく。そんな中、同じく“ヤナイケント”の居場所を探していた極桜会会長、牧田勲(山本耕史)と出会う姫川。相手の素性を知らないまま、姫川と牧田はお互い惹かれ合っていくが―。

ストロベリーナイト・サーガストロベリーナイト・サーガ

出典:ストロベリー・ナイト公式サイト

まとめ【ストロベリーナイト・サーガ,第6話動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声】

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の動画の見逃し無料視聴!あらすじネタバレ感想とSNSの声をまとめてみました。第7話のあらすじも要チェック!

いかがでしたでしょうか?もし今後、見逃したとしてもすぐに視聴できるようにFODプレミアムをチェックしてみてください!

スポンサーリンク