指原莉乃の目がぱんぱん理由とは?目の変化【画像比較】

指原莉乃




今や、テレビのバラエティでは欠かせない存在になっている元AKB48の指原莉乃さん。指原莉乃で検索すると、キーワードに「目」と出てきます。

その話題には、2019年の今年の2月に出演していた時の指原莉乃さんの「目がパンパン!」だとその違和感をTwitterに投稿していました。

指原莉乃さんの目がパンパンだった画像とは?目がパンパンだった理由とは?整形?などについて深堀していきます。昔の画像との比較で分かったことは…?

スポンサーリンク


関連記事:≠ME(ノイミー)指原莉乃の恋愛お任せ観念とは?メンバー紹介【画像】

アイキャッチ画像出典:

指原莉乃さんの目がぱんぱん

指原莉乃さんと言えば、今やバラエティ番組で大活躍、テレビで観ない日がないほど人気のアイドルタレントです。

2007年にAKB48 第2回研究生(5期生)オーディションに合格して以来、アイドルとしての活動を続けてきましたが、2019年 4月28日に「指原莉乃 卒業コンサート 〜さよなら、指原莉乃〜」(横浜スタジアム)を開催し、卒業したとして話題になっていました。

何と言っても、ここ数年の大人気アイドルグループのAKB48を引っ張って来た主力メンバーだったので、まだまだ卒業は早いのでは?と思った方も少なくないでしょう。

ここ最近では、自身のテレビやSNSでのコメントなども注目され、発言力もあり、その存在を十分感じていました。

そんな指原莉乃さんですが、2019年に入って、テレビ出演した時の指原さんの目がぱんぱん!と話題になっています!

▼しばらく休んで復帰した番組「今夜くらべてみました」の時の目!

明らかに目に違和感があります。本人は自ら腫れている目のことについて触れていたとか。

https://twitter.com/_iamsleepy/status/1101462984495312897

▼前の日に2019年2月29日放送の「ナカイの窓」に出演したときのことです。

視聴者の方がTwitterに投稿したことで、同じように思っていた方が結構いたということです。見てみると、やっぱり、不自然な二重の幅…腫れてるという感じに見えますね。

DT(ダウンタイム)とは?

施術してから回復するまでの期間のことをいう。美容整形の治療では、麻酔による腫れや手術に伴う腫れ、むくみ、アザなどができやすく、日常活動が制限されることがある。同程度の後遺症でも、職業や本人の意識によって回復期間には違いがあるが、手術前の生活を取り戻せるまでの時間のことをいう。

引用:weblio辞書

目がパンパンに腫れてる!となると一気に整形疑惑も出てきます。

目がパンパン!指原さんに何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

一般的に目がパンパンに腫れる原因は?

普通の生活をしていても、目が腫れることがあります。指原莉乃さんの目の腫れの原因はこの中にあるのでしょうか?

【むくみ】
カラダの中の水分の巡りが悪くなることで顔のむくみや目の周りのむくみになることがあります。お酒の飲みすぎなどもこのむくみの原因になる場合があります。

【長時間泣いた】
長時間泣くと目が腫れるのは経験ある人も多いのではないでしょうか。皮膚の薄い目の周りを泣いたときにハンカチやティッシュでこすって刺激してしまうことが要因で腫れてしまいます。

【ものもらい】
目の感染症など、ものもらいでまぶたが赤くなって腫れてしまうことがあります。

【虫刺され】
知らない間に虫に刺されてしまうときがあります。虫に刺されたときは虫がさした場所が一点赤くなり、その周りも赤くなって腫れ、痒みを伴う腫れてある場合があります。

【二重埋没法】
美容整形などで目を二重にした場合、落ち着くまで腫れの症状が出ます。

さて、指原莉乃さんの腫れたパンパンの目ですが、この中に腫れの原因になったものはあるのでしょうか。

可能性としては…、指原莉乃さんはお酒も好きだと、以前からテレビで話されているので、むくみやお酒の飲みすぎの可能性もあります。または、長時間泣いたかも?そして整形疑惑も否定は出来ない腫れ具合ではないでしょうか。

また、目の情報として、実はこんな手術を受けていたと本人が告白しています。

指原莉乃さん2018年に目の手術をしていた

https://twitter.com/345__chan/status/971225628560289792

指原莉乃さんが自身のツイッターで告白したのは「神戸神奈川アイクリニックにて「ICL」という手術をしました!」

2018年のことなので、2019年になっての話題の目がパンパン!の原因にはなりませんが、この「ICL」というのも気になります。一体どのような手術なのでしょうか。

指原莉乃さんがした目の手術「ICL」とは?

今やレーシックはもう古い?これから近視治療としてやるなら、「ICL」!という声が聞かれます。

指原莉乃さんは長年、近視やドライアイで悩んでいたそうです。そこで行ったのが「ICL」です。

指原莉乃さんが行った「ICL]とは、一言でいうと「眼内コンタクトレンズ」のことで、近視の方が行う治療です。

レーシックとの大きな違いは「近視の戻りが少ない」というのが特徴です。レーシックのデメリットである、レーシックをしても数年(個人差があります)すると、元の視力に戻ってしまいます。

それに対して「ICL」は、手術する前の視力に関係なく、手術して何年経っても手術した時と同じように見える状態をキープしやす治療法というのが特徴だと言います。

また、もう一つの特徴は、角膜を削らないので、見え方が裸眼に近いという事です。

確かに、レーシックって角膜を削るのでなんだか怖いイメージもありました。テレビ界でも人気の指原莉乃さんも行った近視の治療として、角膜を削らないで視力を回復させる治療法として若い人にも話題になっていきそうです。

スポンサーリンク

指原莉乃さんの目の変化【画像比較】

指原莉乃さんの目がパンパン!と話題になったのは2019年2月のことです。なので2018年に行ったICLの目の手術とは関係なさそうですね。

指原莉乃さんがデビュー当時に比べて、どんどんきれいになったというのは誰もが見ても明らかな事です。

デビュー当時は、二重にするために「アイプチ」もしていた画像もあります。

目だけではなく、顔の輪郭、鼻が違う!という世間の噂もあって、比較している画像はこちらです。

ただ、女性は整形しなくても、キレイになることはありえます。10代のころは幼さのある輪郭が大人になるにつれて、ほっそりした感じになったり、化粧で変わったり、目もカラーコンタクトで大きく見せることが出来ます。

でも…ここまでの鼻や骨格の違いや目のもともとの大きさは….。指原莉乃さんの目がパンパンと話題になっていたのはやはり、DT(ダウンタイム)だったのでしょうか。

最近の指原莉乃さんはもはや別人!?

https://twitter.com/345__chan/status/1123223631268438016

指原莉乃さんの目がパンパンの話題からすでに2カ月以上たっています。指原莉乃さんのごくごく最近のツイッターに投稿された画像を見ると、目の腫れもなく、圧倒的に「キレイになった!」という声も多いです。

痩せたのでしょうか?ずいぶんほっそりしている感じがします。目の腫れもまったくないですね。痩せると顔がほっそりして、目も大きくなって変わるというのはよくある話です。

指原さんのそんな感じなのでしょうか。

https://twitter.com/345__chan/status/1121359158375096320

ちょっと待って。痩せたかもしれない、目の腫れもないです!でも…、以前の指原莉乃さんですか?感じがずいぶんと変わったのは写りのせいでしょうか。

まとめ【指原莉乃の目がぱんぱん理由とは?目の変化【画像比較】

2019年の2月、テレビ出演した際の指原莉乃さんの目がパンパンだというTwitterでの投稿を深堀してみました。

その理由は、指原さん本人曰く泣いたせい、ネットのうわさや経験者による話では、DT(ダウンタイム)ではないのかという話になりました。

若い時に比べて痩せて顔の感じも変わった…というのにはちょっと納得しがたい変化ぶりに感じる人も少なくないでしょう。

仮に、整形だとすると、若い時のそれはこれから長い間のメンテも大事になってくると言います。人気者でしょっちゅう、テレビに露出されている方だと余計にその変化に視聴者は敏感になってしまいますね。

 

 

 

スポンサーリンク