新紙幣の刷新や発行予定はいつ?今までのお札はいつまで使えるの?




現在、使用されている紙幣が新紙幣になるということで一万札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里紫三郎と決定しましたね。

今回は、新紙幣はいつ発行されるのか?また、今まで愛着のあるお札は、いつまで使用することが出来るのか?を、まとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:津田梅子(新五千円札)の経歴と学歴とは?結婚相手や子孫、お墓は?

新紙幣のニュース

 政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入った。肖像画の変更は2004年以来となる。政府関係者が9日未明、明らかにした。

【5000円札・津田梅子、1000円札・北里柴三郎ってどんな人?】

 1万円札は第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家、渋沢栄一▽5000円札は津田塾大学の創始者、津田梅子▽1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画を使用することを検討している。

 1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。5000円札の肖像は04年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、1000円札の肖像は同年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。

 紙幣の様式は通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、日本銀行法に基づいて財務相が決める。

引用元:毎日新聞 紙幣を刷新へ 1万円渋沢栄一、5000円津田梅子、1000円北里柴三郎

1万円札の肖像画には日本の資本主義の父とされる渋沢栄一、5千円札には津田塾大の創始者で女性教育の先駆けとなった津田梅子、千円札には近代医学の発展に貢献した北里柴三郎を採用するということです。

歴史にうといかたは、どういった人物なのか…ピンと来ない人も多いようですが、新紙幣が発行されるまでに勉強しておいた方がいいかもしれませんね。

ネット上の反応は?

ネット上では、いろいろな意見が出ているようですね。確かに個人的にも、ここ数年でこれだけキャッシュレスの時代に向けて…と、なにかにつけてキャッシュレス、キャッシュレスと政府が推奨しているのに何故、刷新?と思ってしまいました。

新紙幣が、どのくらい刷られるのかがは不明ですが本当にキャッシュレスの時代はくるんでしょうか…。

今回の刷新の理由は?

今回の刷新はどういった理由で決まったのか…?ということですが、主な目的としては最新の偽造防止技術を反映させるのが主な目的となっているようです。

新しい紙幣が流通されるまでは数年後とみられるようですが、2019年5月1日より「令和」に元号が変わるために間を置かずに公表することで新時代の幕開け機運を高めるといった狙いもありそう…といった声もあります。

スポンサーリンク

新紙幣の刷新と発行予定はいつから?

関連記事:津田梅子(新五千円札)の経歴と学歴とは?結婚相手や子孫、お墓は?

出典:財務省公式ホームページ

紙幣が刷新されているのは、過去に1984年、2004年となっていて今回は2024年になる見込みとのことです。今現在のところ調整に入っているようで、まだ5年先のことになりそうですね。

1984年(昭和59年)11月1日
2004年(平成16年)11月1日

なので

今回の新紙幣の発行予定については、2024年(令和6年)11月1日だとおもわれます。財務省のホームページには2024年度上期を目途と記載があります。令和の刻印された新しい五百円貨幣について2021年度上期を目途ということです。

5年先…まだまだ先ですので、そのころには紙幣が新しくなることを忘れているような気もしますが、今から現在の一万円札「福沢諭吉」の紙幣、新札を手放したくなくなってしまいます。

旧紙幣は、いつまで使える?

新紙幣が発行されるとなると今、手元にある紙幣はいつまで使えるの?って話ですが、今までの紙幣が使えなくなることはありません。

焦って早く自分の手元から離したい…っ人もいるかも…。使えなくなる前に早く手放したい…という人とは逆に手放したくないというコレクターの人からすると出来るだけ綺麗なお札や縁起のいい数字、レア的な数字のお札は手元に置いておきたい!という人もいるかと思います。

ですが、安心して大丈夫です!日銀(日本銀行)のホームページにも記載がありますが過去の聖徳太子の1万円札なども現在、有効な紙幣とされているんですよ。いつまでも、お金はお金!困った時にはいつでも使えます。

スポンサーリンク

旧紙幣の発行停止はいつ頃?

新紙幣が決まったとすると今度は、現在、発行されている紙幣はいつから発行停止になるのか…?という点です。
過去の新紙幣発行のスケジュールは…。

千円札の発行スケジュール

出典:日本銀行

  • 聖徳太子 発行日は1950年1月7日、発行停止1965年1月7日、新紙幣から発行停止まで433日(14か月)
  • 伊藤博文 発行日は1963年11月1日、発行停止1986年1月4日、新紙幣から発行停止まで429日(14か月)
  • 夏目漱石 発行日は1984年11月1日、発行停止2007年4月2日、新紙幣から発行停止まで882日(29ヵ月)
  • 野口英世 発行日は2004年11月1日

五千円のスケジュール

出典:日本銀行

  • 聖徳太子 発行日は1957年10月1日、発行停止は1986年1月4日、新紙幣から発行停止まで429日
  • 新渡戸稲造 発行日は1984年11月1日、発行停止は2007年4月2日、新紙幣から発行停止まで882日
  • 樋口一葉 発行日は2004年11月1日

一万円のスケジュール

出典:日本銀行

  • 聖徳太子 発行日は1958年12月1日、発行停止は1986年1月4日、新紙幣から発行停止まで426日
  • 福沢諭吉 発行日は1984年11月4日、発行停止は2007年4月2日、新紙幣から発行停止まで882日
  • 福沢諭吉 発行日は2004年11月1日

あくまでも仮説ではありますが、今までの発行停止の時期を考えると、新紙幣が発行されてから29か月後になるのではないか…といったかんじですが、偽造が多い時代になっているので旧紙幣の発行停止を早める可能性も出てくるのかもしれません。

まとめ【新紙幣の刷新や発行予定はいつ?今までのお札はいつまで使えるの?】

今回は、新紙幣はいつ発行されるのか?また、今まで愛着のあるお札は、いつまで使用することが出来るのか?を、まとめてみました。

「令和」と新元号が決まり世の中では、新しい時代に向けて慌ただしくいろんなことが変化していっていますが紙幣も新たに一新するということで政府も新時代の幕開け機運を高めるといった狙いもありそうですね。

個人的には今まで愛着のある諭吉さんとを後世に残すために出来るだけ手元に置いておきたい派です。こういった考えやコレクターからすると旧札が価値のあるものと思ってしまいますね。とはいえ、新紙幣も楽しみです!

スポンサーリンク