太鼓の達人(太鼓窃盗)中学生の名前と顔画像【動画】太鼓の値段と転売目的

太鼓の達人




GWも折り返し時点ということで平和に過ごしている人も多い中、想像もできないようなことがニュースになっています。ゲームセンターでの定番となっている「太鼓の達人」のおおもととなる太鼓が人目もはばからず窃盗されたという事件です。

しかも、中学生くらいの男子ということで驚きです!Twitter上では太鼓の達人のを太鼓を窃盗した動画が炎上しています。

今回は、太鼓の達人の「太鼓」が盗まれたニュース、太鼓を盗んだ犯人の顔画像【動画】、窃盗事件のあったゲームセンターの場所、転売後はメルカリか?太鼓の値段、ネット上の声をまとめてみました。

スポンサーリンク

【追記】少年一人が名乗りでました(詳しくは文中の追記欄に記載しています)

太鼓の達人(太鼓)窃盗事件【動画】

愛知・北名古屋市のゲームセンターで4月、人気ゲーム「太鼓の達人」の太鼓が盗まれる事件があり、犯行の瞬間を店の防犯カメラがとらえていた。

ゲームの順番待ちをする、少年とみられる2人組。

太鼓に袋をかぶせたかと思うと、なんと太鼓を取り外し、そのまま店の外へ。

これは4月29日、愛知・北名古屋市内のゲームセンターで、防犯カメラがとらえた映像。

2人組は、およそ15分の間に、袋で「太鼓の達人」の太鼓を包むと、そのまま持ち去った。

このゲームセンターでは、以前にも太鼓の面の部分だけ盗まれる被害があり、盗難防止のために、南京(なんきん)錠をつける対策をとったばかりだった。

運営会社「ウィザード」・丹羽雄大本部長は、「(インターネットオークションなどで)高値の取引がされているので、転売の可能性が高いのでは」と話した。

被害届を受理した警察が、窃盗事件として捜査している。

引用元:Yahoo!ニュース 

ゲームコーナーに設置されていた太鼓の達人の太鼓が盗まれる事件が発生しました。同じ店舗内で何度も窃盗が起きていたということです。

顔画像

見た目は、まだまだあどけなさが残る少年の印象を受けます。まだ幼い小学生では大きすぎるので中学生くらいではないでしょうか?

中学生だとしても監視カメラがあることは十分にわかるであろうに後先まったく考えずにこういった窃盗行為をおこなうことろは、まだまだ考えが浅はかです。

人がいないかを確認しているようですが防犯カメラにはバッチリうつっています。堂々と太鼓を運んでいる姿は、まさに考えが浅いですね。

現在、まだ窃盗をおこした二人については捕まっていないようですが、警察を甘く見ててはダメですね。
警察よりもTwitter上でこれだけ拡散され、どこのだれなのかということが分かるのは時間の問題だと思います。

スポンサーリンク

太鼓の達人(太鼓)窃盗事件の場所

太鼓の達人の太鼓を盗まれた店舗は愛知県ということです。

ゲームゾーン一宮店
〒491-0025 愛知県一宮市羽衣2丁目5−1

https://twitter.com/eltan1113/status/1123611293825429509

この店舗では過去にも窃盗されたことがあったようです。気の毒でなりませんね。

太鼓の達人(太鼓)を窃盗しその後はメルカリか

大きな太鼓を堂々と盗んだ後、どうするのか…という話しになりますが、今朝のニュースではオークションやメルカリなどを利用して転売する目的があるのではないのか?とコメンテーターの人が話していました。

実際に、Twitter上でもメルカリなどで転売するという見解が多いようです。

実際、転売目的で盗まれたのであるのならば、すぐにオークションサイトを見れば、どこの誰が…ということは、すぐにばれると思います。

オークションサイトでは「太鼓の達人」の太鼓が転売されていないか注目されているようです。

スポンサーリンク

太鼓の値段

太鼓の達人の機器の念だはいくらくらいするのか?ということですが、1機で300万円もするそうです!こんなに高いとは思いもしませんでした。

盗難された部品の太鼓に関しては、10万円ということです。

中古でも100万円するということなので、金額がかなり大きいことに驚くばかりですが、もし窃盗した中学生の子供達が転売したとして仮に売れたとしたら大変ですね。

現在、メルカリに出品していないかチェックしてしましたが、出品はされていないようです。さすがに、これだけ大きなニュースになっているので怖くなっていると思います。盗んだ太鼓をどうするのか…悩んでいるのかもしれません。

ネット上の声


 

【追記】少年一人が名乗り出る

愛知県北名古屋市のスーパーに併設されたゲームコーナーで4月、人気ゲーム機「太鼓の達人」の太鼓が盗まれていたことが3日、運営会社への取材で分かった。同社関係者がツイッターで被害を訴えた後、少年1人が同日に名乗り出てきたといい、被害届を受けていた西枇杷島署が経緯を調べる。

 太鼓の達人は、音楽に合わせて太鼓をばちでたたくゲーム。運営会社によると4月29日、未成年とみられる2人がゲーム機から太鼓1台を取り外し、持ち去っていた。

 防犯ビデオに当時の様子が記録されており、同社関係者がツイッターで映像を公開。3日朝、自分が盗んだという少年と母親から連絡があった。

 店によると、ゲームコーナーは普段無人で、3月23日にも太鼓の面を盗まれていた。運営会社関係者は「非難を覚悟で映像を公開した。大型連休の書き入れ時に主力のゲーム機が使えず、被害は大きい」と話している。

引用元:「太鼓の達人」が盗難被害 愛知、少年が名乗り出る

少年は未成年ということもあり、その子の母親からの連絡で身元が分かったようですね。一緒にいた子も友人だと思われるので、すぐに身元が分かるのも時間の問題だと思います。今回は、警察に名乗り出たのではなく営会社のウィザードの方に名乗り出たということです。

我が子が起こした不始末…母親の胸中を考えるといたたまれません。

まとめ【太鼓の達人(太鼓窃盗)中学生の名前と顔画像【動画】太鼓の値段と転売目的】

今回は、太鼓の達人の「太鼓」が盗まれたニュース、太鼓を盗んだ犯人の顔画像【動画】、窃盗事件のあったゲームセンターの場所、転売後はメルカリか?太鼓の値段、ネット上の声をまとめてみました。

大胆不敵といえる行動。これだけテレビでも放送されネット上では顔まで拡散されているので捕まるのも時間の問題だと思います。窃盗は犯罪です。親もきちんと教育すべきだと思います。しっかり反省してほしいですね。

スポンサーリンク