高橋藤一(伝説の杜氏)プロフィール「雪の茅舎」はどこで購入できる?




高橋藤一(たかはし・とういち)さんをご存知でしょうか?お酒が好きな方は、よく知っているかもしれません。3月4日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀▽踏み出す勇気、終わりなき革命 杜氏・高橋藤一」でも紹介されます。

高橋藤一さんは伝説の杜氏(とうじ)と言われています。

普段は温厚で親しみやすい人柄も酒蔵にはいったら『酒造りの鬼』と化し、ひとつひとつの作業に決して手を抜かないといわれています。つねに試行錯誤して新しいチャレンジをしながら酒造りシーズンを過ごすようです。

今回は、杜氏(とうじ)でもある高橋藤一さんのプロフィールや、杜氏(とうじ)とは?日本酒づくり、どこで購入できるのか?をまとめてみました。

スポンサーリンク

高橋藤一さんのプロフィール

高橋 藤一(たかはし・とういち)
出身地 横手市(旧山内村)
誕生 1945年(昭和20年)
現住所:由利本荘市

高橋藤一さんの酒造りの経歴とは?

高橋藤一さんは、19歳で北仙酒造(旧角館町)に入って以来、酒造りに携わっています。吉井酒造(弘前市)に勤めていた1975年、30歳で杜氏資格を取得しました。

吉井酒造から京野酒造(旧六郷町)を経て、1984年から由利本荘市にある齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)の杜氏(とうじ)として酒造りに努めはじめました。

2001年オーガニック工場の認定を受け、翌年、日本初のオーガニック日本酒を醸造。全国新酒鑑会、秋田県清酒品評会、東北清酒鑑評会などで受賞多数しています。

2005年全国新酒鑑評会で金賞受賞(7年連続)しています。現在、齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)取締役製造部長でもあります。

  • 1963年(昭和38年)北仙醸造株式会社に初蔵入
  • 1976年(昭和51年)吉井酒造株式会社
  • 1978年(昭和53年)京野酒造店
  • 1980年(昭和59年)株式会社 齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)

齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)では、平成30年に行われた、プロフェッショナル・サケ・カレッジの品評会で高橋藤一さんの技術が高く評価され「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」が最優秀賞を獲得しています。

スポンサーリンク

高橋藤一さんの杜氏(とうじ)とはなにか?

高橋藤一さんは、現在、齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)の杜氏(とうじ)です。では、杜氏(とうじ)というのは、どういう役割なんでしょうか?

杜氏(とうじ)とは、日本酒の醸造工程を行う職人集団の中で蔵人の監督者であり、なおかつ酒蔵の最高製造責任者のことを指します。高橋藤一さんは現在、最高製造責任者ということになりますね。

18歳から4つの蔵で酒造りを学んで、56年のキャリアをもつベテランでもあります。 蔵の若者や蔵人、他の蔵の人からも一目置かれる存在となっているので、高橋藤一さんが杜氏(とうじ)であることは当然のことなのかもしれません。

ひとつのことを、これだけの年月をかけて『酒造り』に携わっている…まさにプロフェッショナルです。

高橋藤一さんが考える「いいお酒」とは?

高橋藤一さんが考える、いいお酒とは自然の力で発酵してできていくのを静かに見守った結果、おいしく仕上がったお酒だといいます。人がいつ絞るかを決めて造るのではなく、自然に絞れる状態になるのを待つことが大事だいいます。

そして、お酒というのはし好品であるといったうえで、お酒の味は個人の好みとも言ってます。

ただ、個人的には酸味はいいけど、アミノ酸が多すぎる酒は認めまないそうです。アミノ酸が多すぎると、喉にひっかかるそうなんです。飲んだ時にすっと喉をとおって、米の味をちゃんともっているのがいい酒だとコメントしています。

確かに、お酒は個人の好みがあるのかもしれませんね。個人的にお酒を呑まないので、分かりませんが、父がお酒が好きでお酒を呑んでいる姿を思い返すと、好きなお酒は毎日、呑んでいました。今は他界しましたが生きていれば、これだけこだわりのあるお酒があるといって高橋藤一さんの作ったお酒を呑んでほしかったなと思います。

スポンサーリンク

雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)は、どこで購入できる?

「雪の茅舎」は齋彌酒造店の代表銘柄のひとつでもあります。洗練された完成度の高い味わい。 ふくよかで上品なのど越しと、ほどよい香りが生きているお酒となっているのが特徴的。

(ゆきのぼうしゃ) 純米吟醸
(精米歩合55%、アルコール16%、日本酒度+2.0、麹米:山田錦 掛米:秋田酒こまち)

 

齋彌酒造店で直接、購入したい場合

今はネットで注文できる時代ですが、直接、高橋藤一さんの齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)で購入したい場合もあると思うので、所在地を載せておきます。

蔵元:株式会社 齋彌酒造店
所在地:〒015-0011 秋田県由利本荘市石脇字石脇53

まとめ【高橋藤一(伝説の杜氏)プロフィール「雪の茅舎」はどこで購入できる?】

今回は、杜氏(とうじ)でもある高橋藤一さんのプロフィールや、杜氏(とうじ)とは?日本酒づくり、どこで購入できるのか?をまとめてみました。

これだけ、こだわりを持って、お酒を造っていると聞くと、お酒好きな人は一度、口にしてみたいものだと思います。私も父が生きていたなら父の日にプレゼントしていたことだと思います。

高橋藤一さん、まさに酒造りのプロフェッショナルですね。お近くに行かれたときは是非、一度立ち寄ってみてくださいね!

スポンサーリンク