立川志らくの警告騒動の理由がヤバイ!嫁や子供【画像】離婚歴も調査!




いつからか、テレビで着物姿の立川志らくさんをテレビでよく見るようになりました。ちょっと素で語るコメンテーター?本業は立派な立川流の落語家さんです。

その立川志らくさんの「警告騒動」が話題になっています。警告騒動ってなに?と思っている方のためにここではその理由や真相を紹介し、プライベートについても触れていきます。

スポンサーリンク

立川志らくさんのプロフィール

本名 :新間 一弘
(しんま かずひろ)
生年月日 :1963年8月16日(56歳)
出身地 :東京都世田谷区

師匠 :立川談志
名跡 :立川志らく(1985年 – )
出囃子 :鳩ぽっぽ
活動期間 :1985年 –

活動内容
落語家
映画監督
映画評論家

配偶者 :酒井莉加
家族 :妻、長女、次女
所属:落語立川流
ワタナベエンターテインメント(マネジメント)
主宰劇団:『下町ダニーローズ』

立川志らくさんの父親はギタリスト、母親が長唄をされていたということで、そこから落語に興味を持つ一弘少年に影響を与えたのは…お父さんで、落語が好きだったとか。

子供のころから家でレコードなどで聞いていた落語好きは、大学に行っても続いていたようです。

立川志らくさんの出身高校と大学(学歴)

日大三高を卒業して、日本大学芸術学部演劇学科に進学していますが、中退しているということです。

大学進学して演劇学科に進んでいるという事で、そのころから役者・監督業など興味があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

立川志らくさんの経歴

日本大学芸術学部演劇学科在学中には落語研究会(日本大学芸術学部落語研究会)に所属します。大学のサークルOBに放送作家の高田文夫さんがいて、1985年10月(大学4年時)にのちの師匠になる7代目立川談志と引き合わせてくれ、入門します。

前座名を立川志らくで名乗るようになります。そして、大学在学しながら、落語の方にハマっていったのでしょうか、忙しくなった?そのまま普通に就職するより、落語の道に進むことを決めたのか、大学はその後中退します。

1988年3月に二つ目、1995年11月に真打昇進しています。2001年彩の国落語大賞受賞してメキメキと才能を開花していきます。

立川志らくさんの血液型

立川志らくさんの血液型はなに?ズバリ!O型です。メガネのせいかちょっとインテリっぽく、神経質な方なのかな?と思いきや、コメネンテーターの時の立川志らくさんを観ていると、どこか、大雑把にざっくりストレートに切り込むコメンは血液型が関係しているのか?それがO型の個性なのか…。

O型は一般的に平和主義者でみんなと打ち解けられる性質があると言われています。でもたまに頑固かもしれませんが志らくさんはどうなのでしょうか。

立川志らくさんの警告騒動の理由がヤバイ!

2018年12月に起こった『立川志らくさんの警告騒動』とは?一体、何のことなのか知らない方のために説明します。

そして、その警告騒動の理由がヤバイです。

事の発端は、2018年に立川志らくさんが初めてテレビ朝日系で放送されている『M-1グランプリ』の審査員を務めました。その審査に納得がいかなかった視聴者?が、SNS上で批判的な書き込みをしました。

そのSNS上で書き込みしたというのが、なんと!立川志らくさんの奥さんのインスタグラムだったのです。それはあまりにルール違反ですよねと誰もが思うわけです。

書き込みされた奥さんがツイッターでこの様に対応しています。

「インスタのコメントに何故か私宛に出演者はみんな面白かったが志らくは審査員の資格があるのだろうか?とコメントが。しかも次女の写真の所に。申し訳ないですが即削除させてもらいました」と報告。

そして、事情を奥様から聞いた旦那である立川志らくさんが激怒!ツイッターで怒りをあらわにしています。

「そういう奴は許さない。人間もどき。心がない。天罰が下る」と激怒。「許せないのは妻のアカウントに私の文句を入れる奴。それも娘の写真に。人間じゃない。こういう奴がいるから世の中悪くなる」と収まらない怒りをぶちまけ、「多分そういう奴は人間の心がないのだからいくら言っても脳みそもないから理解出来ないし反省もしない。でもいつかそういう輩には天誅が下る。SNSは何でも言って良い場所じゃない。見かけたら通報する。アカウントを凍結させます」と警告。

引用:日刊スポーツ

立川志らくさんの嫁【画像】

立川志らくさんの奥さんは女優の酒井莉加さんです。お二人は2006年に結婚されています。当時、立川志らくさんは43歳、奥さんの酒井莉加さんは25歳でした。

奥さんのプロフィールはこちらです。

生年月日:1981年5月26日 37歳
出身地:兵庫県神戸市
血液型:O型

職業:舞台女優
所属劇団:下町ダニーローズ(立川志らくさん主宰)

日出女子学園高等学校を卒業しているので、その頃から芸能活動をされていたのでしょう。奥さんの酒井莉加さんその昔、アイドルグループ「Link Link Link」に所属していました。

馴れ初め

お二人の馴れ初めは、立川志らくさんが自主制作映画の監督を務めた時に出演していた女優さんが奥さんの酒井莉加さんだったという事です。

立川志らくさんが酒井莉加さんから演技の事でしょうか、何か相談されていたということで、気ががついたら結婚していたという事らしいです。

…女性の相談事に乗るという事態、その様な関係にもなりやすく、でも結婚に関してもスピーディだったのかもしれませんね。

嫁のタトゥーが凄いとネット上で話題【画像】

なんと!酒井莉加さん自身のツイッターでも紹介されていますが、酒井莉加さんにはすごいタトゥーがあります。

なかなかすごいタトゥーが入っている様ですね。足の甲だけと思われますが、女優さんもしていますので、上半身など肌が見えるところにはないと…思います。ツイッターで公開されているのは足の甲だけでした。

立川志らくさんは離婚歴あり、離婚の真相

立川志らくさんは現在の奥さんの前に結婚歴があります。なんと!学生結婚していた様ですが、2000年頃には離婚されているという事です。

立川志らくさんの子供は何人?【画像】

立川志らくさんさんと元嫁との間に3人のお子さんがいます。そして、現在の嫁である酒井莉加さんとの子供は二人なので、合わせて5人の子供がいるということになります。

立川志らくさんと酒井莉加さんとのお子さんは、2人とも女の子で、2012年生まれの長女の小弓(さゆみ)ちゃん、次女の雪奈ちゃんは2017年3月生まれです。

Twitterなどでもお顔は隠していますが、たびたび登場しています。

お姉ちゃんの小弓ちゃんは2019年、小学校に入学していますね。志らくさんもなかなかの子煩悩の様で、自宅でのお子さんたちとの一緒の写真がたびたびアップされています。

立川志らくさんの落語の評判

売れっ子落語家と言うのは、テレビの露出が多いと認知度も上がるという場合もありますが、あとは、同業者からの認められて評判を呼び、売れっ子になっていくという場合がある様で、立川志らくさんはどうなのでしょう。

年齢的にはもう高座だけで食べていける落語家さんですが、まずは一般の方々の評判をTwitterでみてみます。

メディアへの出演本数も増えて、月曜~金曜の朝の情報番組にも出演するので、この人の落語を聞いてみたい!と思う人は多くなるでしょう。

が!同業者の評判ではこの様なことが言われています。

志らくさんは同業者から『あの人の落語はすごい』と言われることがほとんどありません。同年代のうまい落語家と比べると、その腕は少々、見劣りしてしまいます」(演芸関係者)

「志らくさんは現在56歳。そんなにテレビに出なくても、高座だけで食える恵まれた落語家なんです。それをさらに、テレビ出演に時間と能力を使うなんて、非常にもったいない。70歳になったときに、同年代の落語家と差がつかなければいいのですが……」(演芸評論家)

引用:週刊女性

落語家さんは何歳になっても修行と言われています。腕を磨くのも時間が必要で、テレビ出演が増えることで懸念されている部分もある様ですね。

スポンサーリンク

立川志らくさんは談志の息子?

 

この投稿をInstagramで見る

 

花田優一 Yuichi Hanadaさん(@yuichihanada_shoe)がシェアした投稿

立川志らくさんの師匠は大学生の時から立川談志さんです。噂が出ているのは、志らくさんは談志さんの息子!?と言われているようですが、結論から言うと、息子さんではありません。

お弟子さんと言うだけですが、談志師匠が亡くなるまで弟子として仕えていたので、談志さんのマネもとても似ている志らくさんです。

立川志らくさんは若い頃イケメン【画像】

このツイッターに奥さんが写真を挙げましたが、立川志らくさんの若い時の高座に上がっている時のものです。キリっとしたイケメンに見えますが、いかがでしょう。

立川志らくさんの病気バセドウ病とは?

立川志らくさんがバセドウ病だと自身で告白されたのは、2019年8月26日に出演したTBS系「名医のTHE太鼓判!」に出演した時です。

「バセドウ病を患ってます。10年くらい。だから毎日薬飲んでます。もう(この病気と)付き合ってます」と告白。
引用:デイリー

10年と言うととても長い間ですね。バセドウ病というと簡単に言うと、甲状腺の病気で女性に多いともいわれていますが、実際は男性でもこの病気を患っている方は少なくない様です。

バセドウ病の有名人

【歌手・絢香さん>】

 

この投稿をInstagramで見る

 

絢香 Ayakaさん(@ayaka_official_jp)がシェアした投稿

絢香さんは2009年末で歌手活動を一時休止していました、曽於時は結婚の報告もあったこと、そしてこの病気についても告白され、病気とも向き合っていくための休業ということでした。

その後、主治医のお墨付きで病気の数値も安定しているということで、お子さんも出産していますね。

【サッカー選手・本田圭佑さん】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keisuke Hondaさん(@keisukehonda)がシェアした投稿

本田圭佑さん自身からバセドウ病だと公表はされていませんが、久しぶりに公式サッカーの試合で画面に映し出された本田さんの目が以前と違って眼球が出ているという事と、首がアップにされたときに、横に傷があるということで、手術痕ではなかと噂が飛び交いました。

これを自身の口から公表してしまうと、現役サッカー選手として、その後の移籍などの問題にマイナスになってしまう事から、公表できないのではないかともいわれていました。

他にも芸能界にはバセドウ病を患っている方がいます。歌手の岩崎宏美さん、元ピンクレディ―で現在は歌手・女優もされている増田恵子さんも名前が挙がっています。

立川志らくさん初MCがスタート

毒舌コメンテーターとして朝昼の情報番組に出演するようになってから、落語をしたない人にも認知されてきた立川志らくさんがついに!情報番組のMCになります。

2019年9月30日にTBSでスタートする『「グッとラック!』!月~金曜日の朝8:00に始まります。朝のひと時に落語家としての「しゃべり」、MCとしての力量が試される番組になるでしょう。

まとめ【立川志らくの警告騒動の理由がヤバイ!嫁や子供【画像】離婚歴も調査!】

いかがでしたでしょうか。落語家の立川志らくさんにまつわる『警告騒動』とは、志らくさんをバッシングしたSNS上での書き込みを志らくさんの奥さんのインスタに書き込んだ人に対して、怒った志らくさんが毅然としたメッセージで「通報する。アカウントを凍結させます。」とTwitterでメッセージを出したことが真相です。

奥さんやお子さんをとても大事にしている志らくさんです。家長として、家族を守るのは当然ですね。

奥様もとても美人で子煩悩な立川志らくさんを深堀しました。

スポンサーリンク