津田梅子(新五千円札)の経歴と学歴とは?結婚相手や子孫、お墓は?




新元号「令和」に続き新紙幣を予定しているというニュース。まだ平成の時代だというのに、なんだか世の中が慌ただしくなている感じがしますね。

新紙幣には、1万円札に渋沢栄一、5,000円札に津田梅子、1,000円札に北里柴三郎ということが決定しました。

今回は、新5000円札の津田梅子さんについて、プロフィールや、どういった人生を送ったのか生涯年表、結婚相手はどんな人で子孫はいるのか?お墓はどこにある?をまとめてみました。

スポンサーリンク

関連記事:新紙幣の刷新や発行予定はいつ?今までのお札はいつまで使えるの?

津田梅子さんが、新紙幣5000円札に決定

津田梅子(新五千円札)にネット上の反応は?

津田梅子(新五千円札)さんのプロフィール

出典:時事通信

名前 津田梅子(つだうめこ)
生年月日 1864年12月31日
出身 江戸牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)

死没 1929年8月16日(64歳没)
墓地 東京都小平市(津田塾大学構内)

1864年、佐倉藩士で農学者の津田仙の次女として、江戸・牛込に生まれています。女子英学塾という後の津田塾大学を立ち上げた方でもあります。

スポンサーリンク

津田梅子(新五千円札)さんの年表は?

津田梅子さんは、どういった生涯を送ったのでしょうか?ざっくりとした年表をまとめてみました。

  • 1864年 江戸、牛込に生まれる
  • 〜 手習いや踊などを学び、父の農園の手伝い
  • 1871年(6歳) 岩倉使節団に随行しアメリカ留学
  • 1871年(6歳) 画家のチャールズ・ランマン夫妻の家に預けられる
  • 1873年(8歳) フィラデルフィアの独立教会で洗礼を受ける
  • 1878年(13歳) コレジエト校を卒業
  • 1878年(13歳) アーチャー・インスティチュートへ進学
  • 1882年(17歳) 帰国(キリスト教の洗礼を受け、11年にわたって米国で過ごす)
  • 1883年(18歳) 伊藤博文と再会、英語指導や通訳のため雇われる
  • 1885年(20歳) 華族女学校で英語教師に
  • 1888年(23歳) 再度の留学を決意
  • 1889年(24歳) 再び渡米
  • 1890年(25歳) リベラル・アーツ・カレッジ、ブリンマー・カレッジで生物学を専攻
  • 1892年(27歳) 帰国、再び華族女学校に勤める
  • 1894年(29歳) 明治女学院でも講師を務める
  • 1898年(33歳) 女子高等師範学校教授を兼任
  • 1900年(35歳) 日本女性の高等教育のため、女子英学塾(のちの津田塾大学)を開校
  • 1903年(38歳) 専門学校令が公布、塾を社団法人に
  • 1919年(54歳) 塾長を辞任
  • 1929年(64歳) 鎌倉の別荘で脳出血のため死去
  • 1948年 津田塾大学として正式に落成・開校(校舎は後に戦災で失われたので没後19年目に)

出典:津田塾大学

6歳でアメリカに渡米しているなんて…決して真似のできることではないですよね。しかも、それからというものの帰国しては再度、渡米の繰り返し。行動力のあったかたなんだ…と思います。

この時代に渡米し海外に行くというのは、なかなかいなかったのではないのかな、しかも女性では考えられない時代ではなかったのかな…と想像してしまいますね。

津田梅子(新五千円札)さんをモデルにしたドラマ

津田梅子さんをモデルにしたドラマもあるようですね。

  • ハイカラさん(1982年NHK連続テレビ小説)演:清水泉
  • 八重の桜(2013年)演:河北麻友子
  • 花燃ゆ(2015年)演:知花くらら

過去に放送されたものとはいえ、ずいぶん前のことで懐かしい感じがします。津田梅子さんが5000円の新紙幣になれば今まで放送されたドラマもまた観るひとも多くなりそうです。

津田梅子(新五千円札)さんの結婚相手はどんな人?

津田梅子さんは結婚していたのか子孫がいるのか気になるところです。詳しく調べてみましたが生涯独身だったようです。

津田梅子さんは教師として教えていた華族女学校にいた時代に何度か縁談を勧められたそうですが、縁談の勧めにうんざりして「二度と結婚の話はしないでください。話を聞くだけでもうんざりです」と手紙を残したこともあるようです。

日本の結婚観に嫌気がさしたようですね…確かに海外に何回も渡米すると日本の風習に嫌気がさすこともあったかと思いますが、まさかの結婚観に嫌気がさす…というのも面白い話です。

スポンサーリンク

津田梅子さんに子孫はいない?

残念ながら、津田梅子さんが一生独身だったことで子孫はいないようです。

ただ…直系の子孫ではないですが「津田眞」というかたを甥として養子にしたようです。調べてみましたが、全くの他人なのかそれとも津田梅子さんの兄弟姉妹の息子さんなのかは不明です。

津田眞さんの娘の「あい子」さんは西郷隆盛の曾孫である西郷隆晄と結婚したということで、こうやって調べてみると津田家と西郷家という凄い家系だということが分かりますね。

津田梅子さんの、お墓はどこにある?

津田梅子さんの、お墓は東京都小平市(津田塾大学構内)にあります。

現在も「津田塾大学」があるので、今回の新紙幣に決定したことで津田塾大学が人気になるかもしれませんね。

まとめ【津田梅子(新五千円札)の経歴と学歴とは?結婚相手や子孫、墓地は?】

今回は、新5000円札の津田梅子さんについて、プロフィールや、どういった人生を送ったのか生涯年表、結婚相手はどんな人で子孫はいるのか?お墓はどこにある?をまとめてみました。

津田梅子さん…今回、詳しく調べるまでどういう人か知りませんでしたが、6歳で渡米するなど考えられない行動ですが年表をみると非常に賢くて優秀、かつアクティブな方だったんだな~と思いました。

女子英学塾という現在のの津田塾大学を立ち上げた方ということで現在も、引き継がれているというところもまた凄いですね。これから新五千円札の顔となる津田梅子さんは偉人でした!

スポンサーリンク