ゆたぼん(ハイサイまいど)父親は中村幸也、元暴走族で心理カウンセラー

ゆたぼん




YouTuberの、ハイサイまいど・ゆたぼんさんが“不登校は不幸じゃない”でネット上では炎上しています。不登校について「賛成」と「反対」の賛否両論の意見が飛び交っています。

不登校ということですが、ゆたぼんさんの父親にも注目されています。父親は、元暴走族で現在は心理カウンセラーの中村幸也さん。不登校になった原因が父親の中村幸也さんに原因があるのではないか?と話題になっています。

今回は、YouTuberの、ハイサイまいど・ゆたぼんさんについて、父親は心理カウンセラーの中村幸也さん、ゆたぼんは親の広告塔になっていないか、ゆたぼん(ハイサイまいど)の炎上理由、ネットの声を、まとめてみました。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像出典:ゆたぼんYouTube

YouTuberの、ハイサイまいど・ゆたぼんさん

少年革命家ゆたぼんチャンネル

ゆたぼん

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

 ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

 配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

 人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

 活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

 夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

 4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

 ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

引用元:「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」 

YouTubeチャンネル少年革命家ゆたぼんを持ち、不登校は不幸じゃない!とメッセージを送っています。
本名は中村逞珂さん。

中村逞珂さんが小学3ん年生の時に不登校を選択しました。状況としては宿題を拒否したときに放課後や休み時間に宿題をさせられて不満をいだいたという理由。

その他の理由として担任の先生いうことを聞く同級生がロボットのように見えてしまい「自分までロボットになってしまう」と不安になったといいます。こういった事情、捉え方で現在の不登校になったようです。

スポンサーリンク

父親は心理カウンセラーの中村幸也さん

これからの時代は自分の好きな事、やりたい事をしながら生きられる時代。ロボットのように働くだけの労働者ではなく、自分の好奇心に素直に従いながら、どんどん新しい扉を開いて生きて、そんな生き方をする人たちを増やしていきたいです。
僕のように中卒の元暴走族でも本を出版する事はできるし、大人になり、結婚して、子どもができても、遊びながら自由に生きる事だって出来る。今後も自由に自分の好きなように生きながら、次の本を書く事にも繋げていこうと思っています。

引用元:中村幸也@心理カウンセラー 

中村幸也さんのプロフィール

・生年月日:3月22日
・出身:大阪府茨木市

・最終学歴:中学

「やるやらない、学校に行くいかないは自分で決めさせている」という考え方で父親の中村幸也さんは子供に誇りを持ち応援しているようです。現在は、心理カウンセラーとして活動をされていますが、経歴は異色です。

父親の中村幸也さんは中学時代から不良で盗んだバイクでグラウンドを走り回ることもあり、歩きたばこで学校の廊下を歩くといった典型的な不良だったといいます。中学を卒業してからは進学せず就職することになったものの3か月で退職、その後は20回以上の転職を経験しています。
暴走族の副総長も務めていました。

喧嘩
窃盗事件
傷害事件
暴走行為
恐喝
シンナー
覚せい剤
麻薬

暴走族定番の悪事は一通りやりつくしているようです。

その後には、うつ病を経験し自分を今一度、見つめなおしたのちに地元を離れることを決意。家族や友人との連絡を絶って自分の人生をやり直したといいます。

自分の人生をやり直した後の職業は営業職。2010年からは心理カウンセリングを学んで現在「心理カウンセラー」として活動をしています。

スポンサーリンク

ゆたぼんは親の広告塔になっていないか問題

大阪から沖縄に移住したのは、2018年6月で息子のゆたぼんさんはYouTube活動をして父親の中村幸也さんと親子で講演会を開いているとのこと。

ネット上では、父親、中村幸也さんの心理カウンセラーが怪しいということで話題になり息子のゆたぼんさんを広告塔に利用しているのではないか?と炎上しています。

ゆたぼん(ハイサイまいど)の炎上理由

ゆたぼん(ハイサイまいど)の不登校については賛否両論あるものの、実際には不登校というのは本当に苦しんでいる人からみれば全然違い、甘えや楽をしたいとかの理由での不登校が見え隠れているのではないか?という理由です。

やはり、不登校になった理由の一つの「宿題をやらされるのが嫌、放課後に宿題をさせられるのが嫌」この考えに逃げているとか楽をしたいとかの意見が多いようです。

確かに嫌だから…したくないから…と逃げの姿勢を持ってしまうと一見、楽しいことだけをして生きていけばいいと楽観的にも思えますが、義務教育とは勉強だけではなく人と触れ合うことで人間関係なども学ぶ場所でもあります。

好きなことをして生きていく…それはそれで価値観なのでいいと思いますが個人的にも「楽して生きていく」とは違うと思いました。

まとめ【ゆたぼん(ハイサイまいど)父親は中村幸也、元暴走族で心理カウンセラー】

今回は、YouTuberの、ハイサイまいど・ゆたぼんさんについて、父親は心理カウンセラーの中村幸也さん、ゆたぼんは親の広告塔になっていないか、ゆたぼん(ハイサイまいど)の炎上理由、ネットの声を、まとめてみました。

ゆたぼんさんは不登校は不幸じゃない!と情報発信をしていますが、不登校になって苦しんでいる人たちにとっては勇気と応援になりつつも、本来ゆたぼんさんが不登校になったキッカケを考えると、ちょっと軽い感覚のような気もします。今後、ゆたぼんさんや父親の中村幸也さんの活動に注目されています。

スポンサーリンク